So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

Honda NSX Concept-GT〜NSX-GTの開発 [モータースポーツ]

Honda NSX Concept-GTは、新規定に移行した2014年のSUPER GT GT500クラスに投入されました。量産モデルが発売になったのにともない、2017年から車名をNSX-GTに改めています。

変わったのは車名だけではありません。NSX Concept-GTからNSX-GTに至るまでの、開発の経緯は9月22日発売のAUTO SPORT 2017年 10/6号 No.1465にまとめました。全26ページ。

取材したのは6月だったので、「ようやく」という感じ。

AS_NSX_0.jpg

NSX-GTの開発拠点であるHRD Sakuraでは、2017年シーズンに向けた最終テスト車両を撮影しました。

フロントの開口部、どの部分がどの用途に使われているのかは、誌面でご確認ください。

AS_NSX_1.jpg

前後のカウルも開けていただきました。コクピットも撮っています(カメラマンが)。どこに何がレイアウトされているのかは、誌面でご確認ください。

AS_NSX_2.jpg
AS_NSX_3.jpg

もともとFR用に設計された共通モノコックを、MRに仕立て直すことからNSX Concept-GTの開発は始まっています。進んで苦労を背負ったことになりますが、その苦労の内訳をまとめています。

AS_NSX_4.jpg

性能開発どころの話ではなかったのが実状(ま、進んで背負い込んだわけですが)。

AS_NSX_6.jpg

空力というより、熱害対策のための冷却確保が開発の主体でした。

AS_NSX_5.jpg

2017年のNSX-GTに至ってようやく、本来の性能開発に取り組めるようになった模様。

Honda NSX-GT(2017)
NSX-GT_2017.jpg

実は2016年までとはずいぶん、形が違います。

Honda NSX Concept-GT(2014)
NSX_Concept-GT_2014.jpg

2013年の先行開発車と2014年仕様でも、形が違うところがあります。

Honda NSX Concept-GT Test Car(2013)
NSX_Concept-GT_2013_2.jpg
NSX_Concept-GT_2013_1.jpg

詳しくはこちら↓



http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【IAA2017】シェフラーのフォーミュラE車両が搭載するMGU [モータースポーツ]

フランクフルトモーターショー(IAA)ですが、着いたら「どこから見ようかな」と思うわけです。一番奥のホールから順番に見て、スタート地点に戻ってくるのが合理的だと、だいたい思うわけです。楽したいので。1日だいたい2万歩(16km弱)くらい歩きます。

IMG_7209.JPG

とくに深く考えず、今回もそうしようと思ってホールとホールを結ぶ連絡通路を歩いていると、シェフラー(Shaeffler)の看板が目に飛び込んできました。フォーミュラEのドライバーズチャンピオンを獲得したルーカス・ディ・グラッシと、シーズン3(2016/17年)を戦ったアウディ・スポーツ・アプト・シェフラーFE02を組み合わせた構図です。

「ホール5.1ね、後で寄ろう」と確実に刷り込まれた点で、効果的な看板でした(個人的に)。

IMG_5560.JPG

そのディ・グラッシですが、IAA期間中にロボレース(Roborace)のCEOに就任する旨が発表されました。

関連公式動画



ロボレースは、ドライバーレスの自動運転(自律走行)電動車両によって行われます。その競技車両がロボカー(Robocar)で、タイヤを供給するミシュランのブースに展示してありました。

IMG_5935.JPG

ホール11、9、8、6、4.1、4.0、5.0と見学して、シェフラーのブースがるホール5.1にたどり着きました。この時点でかなりへとへとです。

アウディ・スポーツ・アプト・シェフラーFE02(ディ・グラッシ車)が展示してありました。

IMG_6243.JPG

「あれはひょっとして?」と目ざとく見つけて近づいてみると、FE02が搭載するシェフラー製のモーター/ジェネレーターユニット(MGU)でした。今回のIAAで一番のめっけもんかもしれません。

IMG_6255.JPG

車両のどの位置に搭載されているかは、こちらの動画でご確認ください。



開発担当エンジニアに話を聞こうとすると、「それより、こっちこっち」と、チャンピオントロフィーの前につれていかれました(さっき見た、とも言えず……)。よほどうれしいと見えます。

IMG_6247.JPG

MGUとインバーターを一体にしているのが構造上のミソです(冷却系も一体)。レギュレーション上、最高出力は200kW(レース時は170kW)に制限されていますが、効率を考え、最高出力は220kWで設計しています(220kWで設計して、170-200kWで使用)。最大トルクは440Nm。作動電圧は500-700V。最高回転数は12000rpm。システム重量は27.5kg。

IMG_6252.JPG

ブースを訪れたアンゲラ・メルケル首相にフォーミュラEのミニチュアカーを手渡すペーター・グッツマーCTO(最高技術責任者)がお茶目↓



http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【IAA2017】F1関連の展示はなかったホンダのブース [クルマ]

F1のパワーユニット(PU)を開発しているマニュファクチャラーはフェラーリ、メルセデス・ベンツ、ルノー、ホンダの4社ですが、このうちホンダのみが自前のチームを持たず、PUを既存のチームに供給する形態をとります。

という事情からでしょうか。F1のPUマニュファクチャラーのうち、ホンダだけF1関連の展示物はありませんでした。せっかく参戦しているのにもったいない。PUはともかく、車両展示はなかなか難しいタイミングでしたね。

IMG_6723.JPG

とはいえモータースポーツ関連の展示はあり、メインは『NSX GT3』でした。

IMG_5677.JPG
IMG_5685.JPG

となりには、『シビック・タイプRカスタマー・レーシング・スタディ』。

IMG_5668.JPG

ブースの奥に、量産NSXのローリングシャシーが展示してありました。

IMG_5702.JPG

インタークーラーはマーレ製。

IMG_5695.JPG

Hondaブース全体のメイン展示は、『アーバンEVコンセプト』でした。このコンセプトモデルをベースにしたEVを、2019年にヨーロッパで発売するそうです。

IMG_6739.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【IAA2017】フェラーリのブース(ポルトフィーノとSF70H) [F1]

フェラーリのブースを見ていきましょう。向かいはマセラティ、となりはランドローバー/ジャガーという立地です。

IMG_7180.JPG

展示車両の目玉は、世界初公開となったポルトフィーノ。カリフォルニアTの後継となる2+2のGTカーで、エンジンはフロントに搭載し、後輪を駆動します。

IMG_6211.JPG

ポルトフィーノが搭載する3.9L・V8ターボエンジンが展示してありました。吸排気系や制御系に手が入っています。イオン検知による気筒別燃焼制御も入っています。441kW/760Nmの最高出力/最大トルクを発生。0-200km/hの発進加速は10.8秒だそうですが、メルセデスAMGのプロジェクト・ワンは6秒以下だと知ってしまったもので……。

IMG_6186.JPG

ワンピース構造のエキゾーストマニフォールドは新設計だそう。過給エンジンとはいえ、シングルプレーンの伝統は守っています。タービンはツインスクロール

IMG_6192.JPG

エンジンルームを覗き込む甲斐があるというものです。

IMG_6204.JPG

F1マシンはブースの中央奥に、まるで御神体のように鎮座していました。

IMG_7186.JPG

2017年型のSF70Hルックです。ちゃんと最新の幅広タイヤを装着しています。

IMG_6145.JPG

展示車ではなく御神体扱いなので(?)、説明パネルの類は置いてありません。どういう素性の車両か知りませんが、ホンモノ感は漂っていました。

IMG_6159.JPG
IMG_6164.JPG

創業70周年です。

IMG_6208.JPG

ドイツに向かう飛行機のなかで、1960年代のル・マン24時間におけるフェラーリとフォードの熾烈な戦いを追ったドキュメンタリー映画を観たばかりだったので、ちょっとばかり思い入れ深くブースを訪れました。

『The 24 Hour War』です。オフィシャルトレイラーはこちら↓



http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【IAA2017】F1とFEを展示していたルノーのブース [F1]

メルセデスから紹介を始めたので、F1参戦コンストラクターを順に見ていきましょう。今回はルノーです。

ブースのコンセプトはここ数年不変ですが、このソフトなムード、個人的にはとても気に入っています。

IMG_5835.JPG

通路側の一等地には、2027年のF1をイメージした『Renault R.S. 2027 Vision』が展示してありました。4月の「オート上海2017」で初公開されたコンセプトカーです。

IMG_5780.JPG

関連エントリーはこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-04-19

コクピットは思っていたよりスケスケでした。

IMG_5769.JPG

リヤサスペンションはプッシュロッド式(フロントも同様)。

IMG_5786.JPG

ブースの奥では、F1とFE(フォーミュラE)が柱に張り付いていました。

IMG_6786.JPG

F1は40年にわたって「参戦を継続している」ことをアピール。

IMG_5802.JPG

FEは3シーズンつづけてチームタイトルを獲得しています。

IMG_5818.JPG

今回のフランクフルトモーターショー(IAA)では、メガーヌR.S.が世界初公開されました。レース関連の車両やコンポーネントに限定しないと取材時間が足りなくなるので、市販車やコンセプトカーは泣く泣く素通りするようにしていたのですが、このクルマは無理でした。

IMG_6792.JPG

メガーヌR.S.の世界初公開に合わせ、ルノーF1のニコ・ヒュルケンベルグが来場。

IMG_5821.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -