So-net無料ブログ作成

【デイトナ24時間】シボレーとBMWのブース [モータースポーツ]

キャデラック〜飲食エリアときてシボレーです。ここも広大。

IMG_7050.JPG

真っ先に目に飛び込んできたのはコレでした。GTLMクラスに参戦するコルベットC7.Rが搭載する5.5L・V8直噴自然吸気エンジン。

IMG_7037.JPG

顔を近づけて見学するおじさんがいます(人のこと言えませんが)。

IMG_7022.JPG

その隣にパフォーマンスパッケージを組んだ6.2L・V8直噴自然吸気エンジン+4速ATが展示してありました。

IMG_7042.JPG

エンジンの奥にはシボレー・コルベットC7.Rと、ベース車両のカットモデル。

IMG_7046.JPG

アルミフレームです。ルーフの部分だけアルミが途切れていますが、この部分はカーボン(CFRP)製パネルが装着されるから。8速ATはトランスアクスル配置。黒く見えるアンダーパネルはカーボンナノ・コンポジット製。

IMG_7025.JPG

シボレーのとなりは、BMWのブースでした。正確にはBMW USA Classicのブースで、下の写真は1975年のIMSAキャメルGTシリーズに投入された3.5 CSL。1975年のセブリング12時間出走車両だそう。説明パネルには「not for sale」と書いてありました。確かに、欲しがる人、いそう。

IMG_7060.JPG

こちらは3.5CSLの後を受けて1977年のIMSAに投入されたBMW320ターボ。名機M12エンジン(2.0L・直4ターボ)を搭載(650ps@9000rpm)。

IMG_7054.JPG

M12といえばこちら(BMWミュージアムで撮影)。320ターボの説明パネルには、「320のターボエンジンプロジェクトは、ネルソン・ピケを1983年のF1ワールドチャンピオンに導いたBMW/ブラバムBT52のテストベッドに位置づけられた」と書いてありました。

IMG_6681.JPG

つづく。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント