So-net無料ブログ作成
検索選択

2018年のLMP1ノンハイブリッド「PERRINN」 [モータースポーツ]

イギリスに本拠を置くモータースポーツエンジニアリングカンパニーのペリン(Perrinn)は5月18日、2018年のLMP1ノンハイブリッドクラスに参戦するシャシーを2台、「ヨーロッパのあるチーム」から受注したと発表しました。設計作業と初期のクラッシュテストのシミュレーションすでに終了。11月に実車を公開し、12月にテストを行う予定だそう。

Perrinn_1.jpg

受注発表に合わせて画像が公開されましたが、フロントフェンダー上面開口部の位置から察するに、2015年以前の技術規則をもとにしたボディワークのよう。2018年仕様の実車は細部が異なるはずです。ペリンのシャシー(名称は決まっておりません)を購入したチームの正体と搭載するエンジンの詳細は「間もなく発表する」としています。

ローリングシャシー(車両全体からエンジンを除いた部分)の価格は1台120万ポンド(約1億7400万円)ですので、先にジネッタ(Ginetta)が発表したLMP1ノンハイブリッドのローリングシャシー代(134万ポンド/1億9400万円)より低めの設定です。ペリンは供給能力にまだ余裕がある、とアピールしています。

Perrinn_2.jpg

2018年のLMP1ノンハイブリッドはだいぶにぎやかになるのでしょうか。1ヵ月後に迫ったル・マン24時間レースの期間中に、もっとはっきりしたことが判明しそうです。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント