So-net無料ブログ作成

【人テク2017】フォーミュラEに供給するロームのSiCパワーデバイス [モータースポーツ]

『人とくるまのテクノロジー展2017』のつづきです。レース車両に供給している現役技術の展示としては、ロームのSiCパワーデバイスが唯一だったでしょうか(見逃し御免、です)。

ローム(ROHM)はヴェンチュリ・フォーミュラEと3年間のテクノロジー・パートナーシップ契約を締結。2016/2017年のシーズン3から、ヴェンチュリのフォーミュラE参戦車両向けに、SiCパワーデバイスを供給しています。

FE_Venturi_S3.jpg

SiC(シリコンカーバイド:炭化ケイ素)技術を用いたパワーデバイスは、モーターに供給する電力を制御するインバーターに用いられ、小型・軽量化、高効率化に寄与しています。

IMG_2279.JPG

シーズン2はマクラーレン・エレクトロニック・システムズ(MES)製のインバーターを搭載していました。シーズン3はこれをベースにSi-FRDを、より高耐圧で低損失のSiC-SBDに置き換えています。

IMG_2283.JPG

この結果、体積30%減、重量2kg減を実現しています。

IMG_2284.JPG

2017/2018年のシーズン4では、IGBTをSiC-MOSFETに置き換えることで、さらなる損失低減と小型化を図る予定。

IMG_2281.JPG

展示してあったローム製SiCのラインアップです。

IMG_2270.JPG

低損失のパワーデバイスが電動車両でどのように役立つのか。
詳しくはこちら↓



シーズン4のインバーター、どれだけ小さく(軽く)なるのでしょうか。楽しみです。

IMG_2286.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント