So-net無料ブログ作成

【ル・マン24h2017】スターティンググリッドで見かけたもの [モータースポーツ]

いろいろありすぎてなんだかもう……な感じですので、スターティンググリッドで見かけたものについてお知らせします。

炎天下ですので、カテゴリーを問わず、コックピットに日射避けのカバーが掛けられていました。

IMG_2387.JPG

43号車のライリーMK30・ギブソンはエンジンカバー(左右独立して外れる構造)を外して整備中でした。リヤアクスル付近に手を突っ込んでいます。

IMG_2396.JPG

マルチマチック製のダンパーが見えます。リヤフェンダー前端のダクトで取り込んだ空気は、冷やしたいモノの用途別に、複数の経路に分かれる構造。

IMG_2410.JPG

ポールポジションからスタートしたトヨタTS050ハイブリッ7号車です。クルーが記念撮影中。ずいぶん前の出来事のように感じます。

IMG_2430.JPG

ポルシェ919ハイブリッドは、フロント前端にある開口部にダクトをつないで、冷風を送り込んでいました。メカニックがドライアイスを詰め込んでいるところ。

IMG_2471.JPG

ブロワーはスティール製。フロントカウルへの経路上、銀色部分にドライアイスが入っています。フロントMGU&コントロールユニットまわりを冷やしているのでしょうか。

IMG_2481.JPG

ポルシェ919ハイブリッドは、サイドポンツーン左右の開口部からも冷気を送り込んでいました。

IMG_2497.JPG


一方、トヨタTS050ハイブリッドは、ポルシェほど派手にクーリングを行っていませんでした。左サイドポンツーンに小型のブロワーが取り付けられていましたが、これはECUを冷やすのが目的のようです。

IMG_2507.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント