So-net無料ブログ作成

ラピッドプロトタイピング(3Dプリンティング)とレゾネーターとPIV [F1]

出張中に届いていた郵便物をようやく開封しているような体たらくですが、そのなかに『F1速報PLUS Vol.33』がありました。「F1テクノロジー総括」が全体のテーマですが、そのうち「ラピッドプロトタイピング(3Dプリンティング)」「レゾネーター」「PIV」などを担当しました。

ラピッドプロトタイピングと3Dプリンティングは何を意味し、どこが共通していて何が違うのかは誌面を参照いただくとして、F1でラピッドプロトタイピングが使われている様子はこんな感じです(TMGの例)。

P1080148.jpg

3Dシステムズ社のハイエンド機ですね。矢印の先にあるのが硬化層。紫外線硬化樹脂が紫外線レーザー光を受けることによって、構造物が積層されていきます。

P1080153.jpg

こんなふうにできあがります。

P1080150.jpg

ジュネーブモーターショーではフォードが3Dプリンティングの技術をアピールしていました。

DSCN0850.JPG

F1で使っているのは光造形ですが、フォードが会場に置いていた装置は溶かした樹脂を積層していくプラスチック・ジェット・プリンティング(PJP)による積層造形。

DSCN0866.JPG

レゾネーターとは直訳すれば共鳴器ですが、量産車では吸気の「音消し」に利用するデバイスとして一般的。下の写真はVWゴルフ7が積む1.2L・直4直噴ターボエンジンに適用された吸気レゾネーター。消したい周波数が1ヵ所ではないので、管が3本あるのでしょう。

DSC00026.jpg

F1の排気管に適用された例(2012年のレッドブルRB8)。

DSCN3332.jpg

(TMG発祥の)PIVは風洞内で行う、空気の流れを可視化する技術です。複雑な形状をしたフロントウィングはPIVの実用化と無縁ではない、という論点でページを構成しています。

piv_particle.jpg

風洞内をミストで満たして風を起こし、狙ったエリアをごく短い間隔で撮影。粒子の移動を追いかけて流れを可視化するわけです。下は、フロントタイヤ後方の流れを上から見た例。

piv_image.jpg

PIV導入以前は数値を頼りに形を決めるしかなかったのですが、PIVを活用すると、実際の流れを確認しながら形を決めていくことができるので、開発の精度が上がるというわけです(だいぶはしょった説明ですが)。

詳しくはこちら↓


http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ルノー・クリオ4 DCi75 [クルマ]

ル・マンで借りたレンタカーは第4世代のルノー・クリオでした。格好が好み。

DSC00072.JPG

シュペール5(サンク)と一緒に。

DSC00746.JPG

後ろ姿もいい。いかにも走りそうです。

DSC00073.JPG

クリオ2と一緒に。

DSC01038.JPG

エンジンは1.5L・直4ディーゼルを搭載。最高出力は55kW(75ps)にすぎませんが、200Nmの最大トルクを発生します。CO2排出量は95g/km。

DSC01293.JPG

太いトルクの恩恵でしょうか、我慢を強いられることはありません。というより活発に走ってくれます。フランスの高速道路の制限速度は130km/hなのですが、運転している感じでは、130km/hなど通過点にすぎません。滞在中643kmを走り、平均速度は44.9km/hで、燃費は5.0L/100km(20km/L)でした。気持ち良く走って燃費がいい。最高。

DSC02040.JPG

フランスではガソリンに比べて軽油がだいぶ安いので、ディーゼルエンジン搭載車へのインセンティブが働くのかもしれないですね。昨年に比べてちょい安でした。

ちなみに昨年は日産ジューク・ディーゼルが相棒↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2012-06-25

P1256.JPG

格好もいいし、走りもいいし、タイトなコーナーを通過する際に車体が傾いて腰を落ち着ける感じがとてもいい。シートがいい。5速マニュアルの操作フィーリングがまた素晴らしくいい。強い反発力でシフト/セレクトを規制するのではなく、適度に緩いけれども、収めたいところに自然に収まる感じがとてもいい。iPhone内の「ミュージック」をタッチパネルで操作できるオーディオも使い勝手がいい。大型スーツケースを難なく飲み込んでくれるラゲッジスペースがいい。

DSC01298.JPG

気に入ってしまいました。ガソリンエンジン(0.9L・直3直噴ターボ/1.2L・直4直噴ターボ)と6速DCT(ルノーの呼称では「EDC」)の組み合わせも楽しみ。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ル・マン24時間ほぼ定点観測2013 [モータースポーツ]

昨年と同様、今年もトライしました。おろしたてのデジカメだったので扱いに不慣れな面もあり、クオリティはちょっと……(いや、腕のせい?)。24時間とその前後の「動と静」をお楽しみいただければ幸いです。

2012年版「ル・マン24時間ほぼ定点観測」↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2012-06-18-1

●6月22日12時50分(スタート前2時間10分)
DSC01548.JPG

●6月22日14時29分(スタート前31分)
DSC01556.JPG

●6月22日15時46分(スタート後46分)
DSC01584.JPG

●6月22日17時20分(スタート後2時間20分)
DSC01607.JPG

●6月22日18時53分(スタート後3時間53分)
DSC01645.JPG

●6月22日20時11分(スタート後5時間12分)
DSC01705.JPG

●6月22日20時56分(スタート後5時間56分)
DSC01718.JPG

●6月22日22時05分(スタート後7時間05分)
DSC01728.JPG

●6月23日3時05分(スタート後12時間05分)
DSC01901.JPG

●6月23日7時57分(スタート後16時間57分)
DSC01924.JPG

●6月23日8時41分(スタート後17時間41分)
DSC01935.JPG

●6月23日10時57分(スタート後19時間57分)
DSC01954.JPG

●6月23日12時38分(スタート後21時間38分)
DSC01966.JPG

●6月23日13時51分(スタート後22時間51分)
DSC01987.JPG

●6月23日14時59分(スタート後23時間59分)
DSC02002.JPG

●6月23日15時01分(8号車フィニッシュ時)
DSC02007.JPG

●6月23日15時03分(レース終了後3分)
DSC02013.JPG

●6月23日15時12分(レース終了後12分)
DSC02023.JPG

●6月23日16時17分(レース終了後1時間17分)
DSC02032.JPG

●6月23日19時12分(レース終了後4時間12分)
DSC02037.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

壁に貼られた紙の上に見るル・マン24時間の戦いの軌跡 [モータースポーツ]

メディアセンターの一角に巨大な紙が貼ってありました。出走した56台分のイラストと写真がカーナンバー順に貼り付けてあります。

DSC01506.JPG

それぞれのクルマに何かあるごとに、内容を記した紙片が貼られていきます。ピットストップ時に行った作業内容がメインです。

DSC01588.JPG

「25号車は油圧系のトラブルでピットに入ったのね」などということがわかるわけです。基本的にはフランス語表記。

DSC01589.JPG

同時多発的にいろんなことが起きるので、紙片の貼り付け作業は大変です。今起きたことをすぐ知りたいのに、「まだ貼ってない」という状況に陥りがち。そのせいか、参照する人はあまり多くなかったよう。情報の正確性も「?」だったり……。でも、「あれ、なんだったっけ」というような状況を確認するのに便利です。

DSC01926.JPG

スタートして17時間も経つと、こんなふう。

DSC01927.JPG

24時間レース終了後はこんな具合。壮観です。貼り付け作業に従事した方々、おつかれさまでした。

DSC02035.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

ル・マン24時間の朝 [モータースポーツ]

エキゾーストノートを聞きながら(耳栓しましたが)、寝てました。サーキット内(インフィールド側)の駐車場で。カルフールに寄ったのは寝袋を買ったからです(寝る気満々)。

DSC01905.JPG

WEC支給のアイマスクなどを活用。歯ブラシ&ペースト付き。

DSC01912.JPG

あんまりうるさくて目が覚めたのではなくて、寒くて目が覚めました。13℃。

DSC01908.JPG

かなり高い確率で、中に人がいます。

DSC01914.JPG

ニューススタンドで新聞を求める人。

DSC01916.JPG

くもり空です。結構な雨が降ったらしいのですが、気づきませんでした。クルマ濡れていなかったので超局所的だった?

DSC01918.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

深夜のル・マン24時間2013 [モータースポーツ]

眠気覚ましに外を歩きました。気温14度。風強し。確かに目、覚めます。

DSC01758.JPG

光と音の満ち引きが特別な感情を呼び起こすのでしょうか。夜間走行、いいですねぇ。右に高速旋回して消えていく様子がたまりません。

DSC01766.JPG

どこで眺めても見応えあります。

DSC01801.JPG
DSC01809.JPG

95号車(アストン・マーティン・ヴァンテージGTE)のガレージだけ、シャッターが閉まっています。現地15時9分、ドライバーのアラン・シモンセン選手がアクシデントにより亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。ご遺族の希望により、チームは残り4台のマシンを走らせています。99号車がクラストップを走行中(スタート後11時間50分経過時点)。

DSC01789.JPG

観客席裏を歩いてみましょう。ミニチュアカー屋さんがたくさん並んでいます。

DSC01744.JPG
DSC01754.JPG

18分の1スケールモデルは迫力がありますね。しかし135ユーロですかぁ。我慢、我慢。

DSC01750.JPG

お、プジョー905は39ユーロ? ん〜、我慢、我慢。

DSC01751.JPG

しかし、ものすごい人どおり。

DSC01807.JPG

なんだか、大晦日に神社の参道を歩いているようなムード。

DSC01845.JPG

観覧車を見上げます。近くにディレクターズチェアを置いて、飽かず眺めている人がいました。いろんな楽しみ方があるものです。

DSC01869.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ル・マン24時間・スタート後4時間〜7時間 [モータースポーツ]

メディアセンターのネット環境が劣悪で、思うようにアップロードできません。FBを利用してもっとタイムリーに上げようと思っていたのですが、FBへのアクセスはことにひどく、あきらめムード。

さて、使用後のタイヤです。25号車か26号車(デルタADR/オレカ日産)のダンロップ製タイヤです。

DSC01655.JPG

アウディのクルーが組み付け済みのタイヤをせっせとピットに運び込みます。

DSC01671.JPG

アルピーヌ(36号車)のVIPシャトルがパドックに入り込んでいます。

DSC01683.JPG

VIPを運んでいるのではなくて、大物部品を運んでいるのですね。背に腹は代えられない慌ただしさが伝わってきます。

DSC01679.JPG

で、新しいリヤセクションを準備中。

DSC01690.JPG

トヨタTS030ハイブリッド8号車のピットストップ風景(スタート後5時間55分頃)。

DSC01712.JPG

ピットに戻ってきたアウディR18 e-tronクワトロ。ダンロップコーナーの手前で右リヤをバーストさせ、残り13km程度をセーフティカー走行中とほぼ同じスピード、つまり、平均車速120km/h前後で走行し、ピットへ(スタート後6時間47分頃)。

DSC01726.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ル・マン24時間レース開始直前(個人的に) [モータースポーツ]

予想はしていたものの、サーキットに向かう道すがら渋滞にはまりました。

DSC01521.JPG

スーパーマーケット(カルフール)に寄り道していたせいでもありますが。キャンプサイトで一夜を過ごす人たちの買い出しで大盛況。専用コーナーもありました。

DSC01520.JPG

レッドブルはトロロッソのF1マシンを置いてアピール。しかし場所柄か、お客さんの反応は薄。

DSC01516.JPG

サーキットに着いてみると、レジェンドカーがパレードランの待機中。

DSC01534.JPG

展示スペースに置いてあるのと、エキゾーストノート奏でながら動いているのとでは迫力が違いますね。

DSC01540.JPG

スタート直前は雨が降ったり止んだり。真正面から吹き付ける雨に耐えるグリッドガール。

DSC01558.JPG

風、強めです。

DSC01572.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

2014年のガレージ56車両「Nissan ZEOD RC」を公開@ル・マン [モータースポーツ]

実験的な車両に与えられる参戦枠「ガレージ56」で、2014年のル・マン24時間レースに出場します。ZEOD RCはZero Emission On Demand Racing Carの略。「オンデマンド」で「ゼロエミッション」になるところがミソですね。

DSC01462.JPG

まさかと思いましたが、どこかで見たことのあるようなシェイプ。2012年のガレージ56枠で出場した日産デルタウィングのクーペ版に見えますが、デザイナーのベン・ボウルビー氏は「コンセプトは継承しているが、まったくの新車」と説明しました。

そのボウルビー氏、2年前はデルタウィング・レーシングカーズの人だったのですが、現在はNissanの人(肩書きは「ダイレクター・オブ・モータースポーツ・イノベーション」)です。びっくり。

DSC01468.JPG

日産デルタウィングの車重は575kg(ドライバー+燃料含む)でしたが、ZEOD RCは700kgをターゲットに置いて開発しているとのこと。一目瞭然かと思いますが、展示車両はモックアップで、空力パッケージは開発初期段階(ですが、すでにドラマチックな空力効率を実現していると証言)。

DSC01463.JPG

最初にクリアすべきハードルは、ピュアEV状態で1周を走りきる能力を見極めること。しかも、レーシングスピードで。ターゲットラップタイムは4分以下。2基のモーター(200kW)で後輪を駆動します。1周を走りきるのに必要なバッテリー容量は40MJと見込んでいます。kWhに換算すると11.1。日産リーフのバッテリー容量が24kWhですので、ほぼ半分ですね(すべて、現時点での見込みですが)。

DSC01466.JPG

1周をピュアEVで走ったとして、その次はどうする? って話になりますが、発電用(レンジエクステンド用)のエンジンを積む見込み(だから、オンデマンドでゼロエミッション?)。路面に伝わるのはモーターが生み出した駆動力のみというわけです。そのエンジンですが、デルタウィングと同様、日産が持つラインアップから選択し、専用に仕立て直すそう。

シャークフィンにあるロゴが示すように、開発にはNISMOも関与。このクルマに投入した技術が将来のNissan/NISMO LMP1にどう生かされていくのか、にも注目ですね。

DSC01454.JPG

ボウルビー氏関連↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2012-08-15

日産デルタウィング関連(実車)↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2012-06-13

日産デルタウィング関連(開発コンセプト)↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2012-03-14-1

http://www.facebook.com/serakota
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

トヨタTS030ハイブリッドのヘッドランプ詳細 [モータースポーツ]

HIDよりもLEDというのはル・マンカーに限ってはあやしいところで、フルLEDで構成したトヨタは昨年の反省から、2013年仕様ではHIDとLEDの組み合わせに変更しました。目的は光量アップ。中嶋一貴選手は「昼と夜ほど明るさが違う」と明るさの違いを表現。2012年の仕様はヘッドライトを点灯しているにもかかわらず、「夜のように暗かった」というわけです。

現行モデルはサスペンションやブレーキング時の安定性(とフィードバック)、パワーアシスト時の制御が進化したことによって格段に乗りやすくなったといいますが、ヘッドランプの進化も「運転のしやすさ」に関して大いに貢献しているよう。

2013年仕様
TS030_headlamp.jpg

光量は上げていますが、消費電力は上げないのがテーマ。常時点灯ライトは、先行車に自車の存在を知らせるため。このライトとパッシングライトは昼夜を問わず頻繁に使うので、信頼性を考えてHIDではなくLEDにしたそう。

2012年仕様(のヘッドランプ。車両は2013年仕様)
DSCN9318.JPG

下の写真は走行前日の様子。ランプユニットはまだベースに固定しておらず、「ボルトはルース」だとテープに書いてあります。

DSC01008.JPG

ヘッドランプひとつ取り上げてもなかなかおもしろい。アウディR18 e-tronクワトロはAFS(Adaptive Front-Lighting System)だし。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車