So-net無料ブログ作成

ロードラッグ仕様のアウディR18 e-tronクワトロ2014など [モータースポーツ]

気づいたらもう週末ですね。WEC第2戦スパ。ポルシェは「ル・マンのドレスリハーサル」と位置づけていますが、トヨタやアウディにとっても同じでしょう。アウディは昨年と同様、3台目をスパ戦に投入します。この3台目だけがル・マンを念頭に置いたロードラッグの空力パッケージをまといます。

audi_motorsport-140425-2112.jpg
(クリックで拡大)

2013年と同じでリヤカウルをリヤウイング翼端板の後端まで延長した(リヤオーバーハングは最大750mm)のが目を引きます。第1戦シルバーストンまでの状態はこちら。

DSC04309.jpg

ただそれだけだろうといったんスルーしたのですが、フロントセクションに目を向けると、様子が違う。フェンダーに義務付けられている開口部が上面から側面に移っています。上面バージョンはこちら。

DSC04594.jpg

公開された3Dレンダリングではフロントカウルの様子がわかりませんが、変化あるでしょうか。2014年のレギュレーションではフロントアンダーパネルにフラップを追加することが認められていますが、アウディに限ってはフラップを採用していることが外からはっきりわかります。ビバンダムの脇の下あたりにある穴からツールを差し込んで角度を調節するのでしょう。

DSC04597.jpg

シルバーストン戦で公表していたとおり、トヨタはル・マンにも投入するロードラッグ仕様をスパ戦に投入します。

DSC04142.JPG

ハイダウンフォース仕様とは、フロントフェンダーやフロントカウルの形状/構成が異なります。

DSC04143.JPG

両者の比較は過去エントリーをご覧ください↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2014-03-28

ル・マンで1周あたりに放出できるエネルギー量は2MJ/4MJ/6MJ/8MJから選べますが、ポルシェとトヨタは6MJを選びました。1周13.629kmのサルトサーキットでは「6MJ」ですが、その他のサーキットでは距離に応じて補正されます。1周7.004kmのスパ・フランコルシャンでは「4.78MJ」まで放出可能。単純に距離の比率で割り出すと3.08MJになりますが、ル・マン以外のサーキットでは「1.55」の係数を掛けることになっているので、3.08×1.55で4.78になります。

ポルシェは6時間のレースで170周以上周回すると試算。すべての周回で4.78MJを放出すると仮定して(充放電時の変換ロスなどがあるので、4.78MJ以上を回生する必要あり。どうかなぁ……)、170周で226.1kWhの電力を放出する計算。たった6時間で夏の1ヵ月に一般家庭が消費する電力とほぼ同等に達すると説明しています。これだけ過酷なことをサーキットで試すので、必ず将来の量産ハイブリッド車に役立つだろうと。

M14_0503_fine.jpg

シルバーストン戦でも手堅い(というか手強い)走りを披露していたので、スパ戦も楽しみですね。三つ巴間違いなし!

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

富岡製糸場(2008年) [旅(国内)]

記事に触発されて、再び見に行きたくなりました。



世界遺産の暫定リストに載ったのが2007年。以下の写真はすべて2008年の撮影です。

100_0154.jpg

明治政府による官営模範工場。

100_0157.jpg

要石に竣工年が刻んであります。

100_0141.jpg

繭を保管していた倉庫。圧巻です。(建物の荷重は木の骨組みで支える)木骨煉瓦造(煉瓦は非耐力壁)の巨大建造物。

100_0114.jpg

官営横須賀製鉄所の建設にあたって技術指導したフランス人土木建築設計師エドモンド・アルフレッド・バスチャンが設計に携わったため、煉瓦はフランス積み。

100_0112.jpg

小口と長手を交互に並べる積み方が説明されていました。

100_0144.jpg

タイルにも趣があります。

100_0147.jpg

ファンライト。

100_0143.jpg

操糸場は柱のない大空間。キングポストトラスの連続がたまりません。

100_0128.jpg

興奮しますねぇ。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

NISSAN ZEOD RCの透視図 [モータースポーツ]

WECのLMP1-Hに参戦するトヨタ、アウディ、ポルシェに着目するだけですでにお腹一杯ですが、ル・マン24時間にはストラッカ童夢S103(LMP2)が出てくるし、リベリオンR-One(オレカ/LMP1-L)やオンローク・リジェJS P2(LMP2)も出てきます(出てくるはずです)。デビューが早すぎたので忘れがち(?)ですが、Nissan ZEOD RCもお忘れなく。

ということなのでしょうか、新素材が出てきました。

ZEOD-Ordonez-Side-X-Ray.jpg
(クリックで拡大)

透視図です。ステアリングホイールを抱え込むような姿勢は最新のプロトタイプやF1に近いですが、足の位置は低く、GT風。両者をミックスしたような姿勢なのがわかります。重量物が極端に後ろ寄りなのも伝わってきますね。前後重量配分は27.5対72.5。

過去エントリー(の一部)はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2014-01-27

透視図には反映されていませんが、リチウムイオンバッテリーはドライバーの左横足元に搭載されます。

透視していない状態はこちら(左右反転)。

zeod_side.jpg

トヨタTS040ハイブリッドのようにスターターモーターを持たず、モーターで発進しエンジンを始動する仕組みなど、1.5L・3気筒直噴ターボについて説明する公式動画↓



ステアリングホイール上のボタンやダイヤルの機能について説明する公式動画↓



F1のカッタウェイ(ザウバーF1.08/2008年)。

sauber_cutaway.jpg

足の位置が違いますね(レッドブルRB7/2011年/左右反転)。

RBR_Neon_Effect_Vettel.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ストラッカ・レーシングのワークショップ [モータースポーツ]

WECへの参戦を表明しているストラッカ・レーシングは、ポールリカールで開催された3月の合同テストにつづき、WEC開幕戦シルバーストンへの参戦も見合わせました。5月の第2戦スパもスキップ。というわけで、ストラッカ童夢S103が公の場に登場するのは、ル・マンで行われる6月のテストまで待つ必要があります。

もともとシルバーストン戦のあとで取材を受けていただく予定だったので、状況は変わったけれども無理を聞き入れていただき、実車を見せていただきました。チームオーナー兼ドライバーのニック・レベンティス氏や童夢の関係者から、チームやマシンに関する話をうかがいました。詳細はいずれ、紙媒体で報告できると思います。

ストラッカ・レーシングのワークショップはシルバーストンサーキットのすぐ近くにあります。住所は「シルバーストン・ビジネスパーク」うんぬん。工業団地のようなロケーションを想像していたのですが、だいぶ様子が違います。

FSCN3675.JPG

見渡す限りの田園風景。菜の花畑がきれいですね。

DSCN3671.JPG

本当にここでいいのか? と不安になりますが、助手席から届く、「大丈夫です。どんどん進んでください」の言葉を信じて進みます。

DSCN3668.JPG

ゲートから数百メートル進むと、建屋が見えてきます。複数立ち並んでいますが、一部がストラッカ・レーシングのワークショップ。

FSCN3650.JPG

間違いありません。

FSCN3651.JPG

建屋のひとつはLMP2マシン専用。ドアの奥がワークショップ。

DSCN3648.JPG

実戦仕様は変更になるため、カラーリングがわかるようなカットは露出NG。ノーズ先端のロゴだけでご勘弁を。

DSCN3516.JPG

クルマはできています。実戦デビューまで余裕ができたので、一部モディファイも進んでいます。走る姿を早く見たいものですね。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

WECシルバーストン戦のスターティンググリッドで目についたもの - その2 [モータースポーツ]

LMP1-Hに参戦するトヨタ、アウディ、ポルシェの車両を後ろから眺めてみましょう。パワーユニットもそうですが、クルマの形(主に空力性能を反映)に関しても、同じ目標(6時間なり24時間なりでもっとも長い距離を走る)に対するアプローチがそれぞれ異なっており、おもしろいですね。

トヨタTS040ハイブリッド
DSCN3369.JPG

アウディR18 e-tronクワトロ2014
DSCN3373.JPG

ポルシェ919ハイブリッド
DSCN3371.JPG

ポルシェ919ハイブリッドが積んでいる、水冷システムを組み込んだA123製リチウムイオンバッテリー(のケース)が見えました。キャビン右側に設置してあります。わざわざロゴを配しているということは、ソコは見られてもいいということでしょう。

DSCN3431.JPG

アウディR18 e-tronクワトロ2014のフロントタイヤ(ウェット)とモノコックの隙間から、ドライブシャフトが見えます。RFIDセンサーを手がけるマイクロセンシス社のステッカーが貼ってあるところをみると、ココも見られることを想定?

DSCN3407.jpg

トヨタTS040ハイブリッドのコクピットを見ます。ドライバー(アレクサンダー・ブルツ)の右横に見えているのが、水冷システムを組み込んだ日清紡製キャパシタ。ドライバーも含めて、タイトな空間に隙なく収まっていますね。床下に空気を流し込むため、モノコックのフロントセクションは持ち上がっています。その影響で、ドライバーの足が高い位置にあることがわかります。乗用車を運転する姿勢とはだいぶ違います。

DSCN3465.JPG

ルーフとヘルメットの位置関係は技術規則で厳密に定められています。2014年に変更になったこの規則に合致させると、ドライバーは前年までよりもアップライト(上体が起きた)な姿勢を強いられることになります。視界を改善するのが目的です(ヘルメットの位置が高くなると、目の位置も高くなり、視界が良くなる、という論法)。

アウディのドライバー(アンドレ・ロッテラー)もやはり、足を持ち上げた姿勢で座っています。右ハンドルにするか左ハンドルにするかも、ドライバーの快適性や耐久レース時のパフォーマンスに影響を与える要素ですね。

DSCN3469.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

WECシルバーストン戦のスターティンググリッドで目についたもの [モータースポーツ]

レース開始時の気温が8℃と極低温だったので、ブレーキユニット冷却用エアの取り入れ口はふさいでありました。こちらはトヨタTS040ハイブリッド。

DSCN3398.jpg

ポルシェ919ハイブリッドも同様。

DSCN3467.jpg

6時間レースなのですが、ウインドスクリーン用の捨てバイザー、結構な枚数を貼るのですね。下はトヨタの例ですが、はがしやすいように(?)端を折り曲げています。

DSCN3418.JPG

アウディは1枚おきに折り曲げています。

DSCN3415.JPG

ポルシェは折り曲げていません。

DSCN3413.JPG

ポールポジションを獲得したトヨタ7号車のまわりに人が寄ってきます。アウディスポーツの責任者、ドクター・ウルリッヒ。じっと見つめています(たぶんクルマのほう)。

DSCN3389.jpg

ポルシェのテクニカルディレクター、アレクサンダー・ヒッツィンガー。じっと見つめています(間違いなくクルマ)。

DSCN3393.jpg

トヨタのテスト&リザーブドライバーにして、インディカー・シリーズのロングビーチ戦を制したばかりのマイク・コンウェイ。写真撮っています(たぶんクルマ)。

DSCN3399.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

WECシルバーストン戦の木曜日〜土曜日いろいろ [モータースポーツ]

金曜〜土曜日は取材時間の調整に忙殺されて終わった感じです。クルマはあまり見ていないような……。予選後、車検場の近くでアウディR18 e-tronクワトロ2014をちらっと見ました。

DSC04598.JPG

木曜日のことですが、アストンマーチンレーシングのホスピタリティ横にDB5がとまっていました。チームを運営するプロドライブの代表、デイビッド・リチャーズ氏が乗り付けたのだとか。

DSC04449.JPG

翌日は物販エリアにとまっていました。

DSCN3263.JPG

メディカルカーはアウディRS6。

DSC04539.JPG

近頃の高性能ブレーキディスクは丸くないのですね。

DSCN3256.JPG

予選終了後、コメントの求めに応じるマーク・ウェバー(ポルシェ919ハイブリッド20号車のドライバ−)。「ポルシェにはアウディやトヨタほどの経験はないから……」と、謙虚なコメントに終始していました。

昨年までウェバーが所属していたレッドブル・レーシングのエイドリアン・ニューウェイは、上海で開催されているF1中国GPには行っておらず、ポルシェのゲスト(?)としてシルバーストンに来ており、ガレージやホスピタリティにいます。ちなみに、テクニカルディレクターのアレクサンダー・ヒッツィンガーもレッドブル出身(それ以前はコスワース)。

DSCN3287.JPG

予選後、ポルシェ関係者のグループインタビューがホスピタリティで行われました。大勢で囲むので、聞きたいことが効率良く聞けるとは限りません。なので、途中で諦めてビールを飲みます(理由になっていないような……)。

DSCN3310.JPG

ポルシェにはドイツのビールブランド「VELTINS」がスポンサーについているのですね。そのせいで、いや、そのおかげでホスピタリティで供するドリンクのメニューはビール類が幅を利かせています。

DSCN3299.JPG

土曜日まではまずまずの天気(気温は低く、日中でも10℃前後。しかも風強し)でしたが、日曜日は雨の予報も……。さて、どうなることでしょう。

DSC04628.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

WECのパドックに見る「ポルシェ」 [モータースポーツ]

WECのLMP1-Hクラスに新規参入する格好になったポルシェのホスピタリティやトランスポーターを見てみましょう。まずはホスピタリティから。

DSC04460.JPG

F1と併催するポルシェスーパーカップで持ち込んでいるホスピタリティと同様のコンセプト。レースの現場に初めてホスピやトランポを持ち込むわけではないので、手慣れたものです。それなりの存在感を発揮しつつも、浮いていない。

前面が総ガラス張りのため、内部の上質な内装や、ガラスケースに飾ってあるマーチャンダイズなどが、前を通ると目に入る仕掛け。というか、ガラス越しに中が見えるものだから、つい首を振って見てしまいます。

DSC04494.JPG

「ちょっとおまえ、外出てこい」と指示されているのでしょうか。ちょくちょくドライバーが外に出てきては、サインや記念撮影の求めに応じています。

トランスポーターはこんなふう。こちらはポルシェ919ハイブリッド版。

DSC04456.JPG

こちらはLM GTE Proクラスに参戦するポルシェ911 RSR用。

DSC04462.JPG

919ハイブリッド用の2台のトランポをテントでつないでいます。下でタイヤ&ホイールを管理しています。F1ではよくやる手法ですが、やはり洗練されているし、こなれた感じです。

DSC04478.JPG

置いてあるタイヤまで、見られることを意識しているようです。

DSC04544.JPG

ポルシェ関係者がパドックの移動用に使う自転車です。10台並んでいるので、ウン百万円分ですね。

DSC04450.JPG

ベルトドライブ(カーボンドライブ)です。

DSC04454.JPG

919ハイブリッドばかり注目が集まっていますが、なかなかどうして、911 RSRも格好いい。919ハイブリッドも静かですが、911 RSRも静か。で、速い。

DSC04492.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

コスワース訪問その2 [モータースポーツ]

サンドイッチをつまみながらマーケティングディレクターのバクラー氏が言いました。「日本は優秀だよね。もとにあるものを洗練させ、良くするのに長けている。例えば、イタリア料理。日本のイタリア料理が世界で一番おいしいよ」と。
「フィッシュ&チップスもイギリスのより日本の方がおいしいと思いますよ」と返すと、
「うーん、そうかもしれない」と付き合ってくれました。で、調子に乗り、
「日本ではイギリス料理が世界で一番まずいって話になっていますよ」と言いました(言ってしまいました)。すると、
「そうかなぁ。(コスワースのエレクトロニクス部門がある)ケンブリッジにいいレストランがありますよ。機会があったら案内しますよ」
「ところであなたはどこに泊まっているんですか?」とCEO。
「ミルトンキーンズです。おすすめのレストランとかパブとかありますか?」
(一同しばし沈黙)
「うーん、ないね(周囲もうなずく)」

話が一段落したので、午後のプログラムに移りました。彼らが「エンジンミュージアム」と呼んでいるスペースに向かいます。実体はちょっと広めの会議室、のよう。壁際にエンジンが並んでいます。

FSCN3239.JPG

ここからは、テクニカルディレクターのブルース・ウッド氏が説明役を務めます。自分が設計したエンジンが多いだけに、説明に力が入ります。好きなもので、こちらもじっくりながめては質問を繰り出します。後ろでは、残り時間を気にするバクラー氏がじりじりしています。

こちらは初期のCARTエンジン(2.65L/V8ターボ)です。通常、インジェクターは吸気マニフォールドに対して下向きに差し込まれているものですが、気化霧化を良くするために上に向けているのが特徴。

DSCN3168.jpg

こちらはF1用の3L・V10です。社内呼称では「TJ」シリーズですが、2003年にジャガーに積まれたときは「CR-5」、2004年にジョーダンに積まれたときは「RS2」と呼ばれたりもしました。

DSCN3188.JPG

このエンジン、ウッド氏の自慢は燃料供給レールが細いことです。それより目が行ってしまったのはインジェクターが1気筒あたり2本あること。ツインインジェクターですが、気筒あたり2本配置する場合は上流と下流に1本ずつ配置するのが一般的。ですが、コスワースTJシリーズの場合は並列です。1つのシリンダーに対して2つ並んだ吸気ポートに対して1本、というレイアウト。「この当時のインジェクターは単純なコーン状にしか噴射できなかったからね。いまだったら1本で十分だよ」とウッド氏。

DSCN3187.JPG

もちろん、エレクトロニクスも自社製。「壊れないのが当たり前ですが、エンジンによって振動のモードが違うから、結構大変なんですよ」とバクラー氏。

DSCN3185.JPG

時間的な制約から駆け足の見学になってしまいましたが、じっくり観察し、撮影し、説明を聞きたかったですねぇ。心残りたっぷりです。

DSCN3191.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

コスワース訪問その1 [モータースポーツ]

先週の土曜日のことだったのですが、「コスワース取材しないか?」みたいな話がありまして、「木曜日なら時間とれそう」と返答したわけです。先方はそんな急な話になるとは思ってもいなかったと思います。でも、アレンジしてくれたのですね。メールのやりとりを何度したことでしょうか。「何時に来る?」から始まって、「どこが見たい?」「何が聞きたい?」みたいなやりとりをし(3時間しか滞在できないんですが)、「ランチも用意するから」というような連絡を受けて、当日を迎えたのでした。

CEOとテクニカルディレクターとマーケティングディレクターが応対してくれました。さすがです。

IMG_2737.jpg

レセプションのある建物(築50年)は改装工事中でした。取材はマーケティングディレクターのトーマス・バクラー氏が仕切ってくれました。「まあ、まずはコーヒーでも」となるわけですが、コーヒーカップに視線が釘付けです。Cosworthのロゴ入り。カップを持ち上げると、ソーサーの中央にあるコスワースの「C」のマークが目に入る仕掛け。

「これ、市販しているんですか?」と聞くと、「いや、社内専用」との返答。市販化を検討していただけるよう、強く推しておきました。こちらの過剰(?)な反応を好奇の目で見つめてきます。

FSCN3233.JPG

スーパーフォーミュラ用ステアリングホイールが取材テーマのひとつでした。指定部品てわけではないのですが、結果的に、参戦全車両がコスワース製のステアリングを採用しています。

FSCN3236.JPG

ECUもコスワース製。「コスワースってエンジンのイメージが強いですよね」と言うと、エレクトロニクス系エンジニアでもあるバクラー氏は反論。「弊社の売上の4割はエレクトロニクス部門が占めています。コスワースと聞いたら『エンジンとエレクトロニクスの会社』と思ってもらえるようにしなくてはいけませんね」と言っていました。

FSCN3238.JPG

CEO部屋(社長室みたいなもんですね)でハル・レイシガーCEOのインタビューを済ませ、その場でランチです。初めて取り寄せるアメリカンなサンドイッチらしく、「何挟まってるんだ?」とか言いながら食べます。まあ、雑談をするわけですが、当方のエンジン好きが伝わったらしく(バクラー氏は寂しそうな顔をしていたことと思います)、「それならピストンを用意しておくから、帰りに持っていきたまえ」と言ってくれたのでした。これが鶴の一声?(違うか)

で、いただきました。

DSCN3204.JPG

日付と名前入り。

FSCN3243.JPG

F1のピストンでした。

DSCN3211.JPG

くすぐりどころをわかっていらっしゃる。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車