So-net無料ブログ作成

タジマモーターコーポレーションのパイクスピーク参戦車両(空力) [モータースポーツ]

タジマモーターコーポレーション(静岡県磐田市)に、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)参戦車両の取材に出かけました。記事は発売中のMotor Fan illustrated Vol.126 エアロダイナミクスを可視化する (モーターファン別冊)に掲載されています。

TMC_1.jpg
TMC_2.jpg
TMC_3.jpg

ひとくちにPPIHC参戦車両といっても、1980年代後半から振り返らなければならないので(途中、未参戦の期間もありますが)、対象車両は20台に達します。今回は企画に合わせ、泣く泣く「空力」にテーマを絞って話をうかがいました。車体やエンジンやサスペンションの話もうかがいたかったのですが、とても1日では足りません……。

自社風洞を見せていただきました。PPIHC参戦車両は20%スケールで試験を行っています。ムービングベルトに載っているのは、2016年型のTajima Rimac E-Runner Concept_One。EVです。

IMG_8148.JPG

風洞の概要です。施設貸しも行っています。

IMG_8150.JPG
(クリックで拡大)

スケールモデルの上方に位置する荷重センサーと車高調整装置。

IMG_8183.JPG

荷重センサーはスケールモデルの後方にもあります。ターンテーブルは20度まで角度変更が可能。

IMG_8174.JPG

1995年のSUZUKISPORT Twin Engine ESCUDOと2011年のMONSTER SPORT SX4 Pikes Peak Specialを見せていただきました。どちらかというとフロントの方が大事なのですが、迫力あるリヤに目を奪われます。

こちらは1995年仕様。

IMG_8264.JPG

4気筒ターボエンジンです。

IMG_8254.JPG

2011年の総合優勝車両。前後重量配分は53対47だそう。車重は1090kg。

IMG_8349.JPG

910ps/90.5kgmの高出力/大トルクを発生する3.1L・V6ツインターボエンジンです。

IMG_8310.JPG

まさにモンスター。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0)