So-net無料ブログ作成

トヨタTS050ハイブリッド・ハイダウンフォース仕様(2017年版) [モータースポーツ]

「ダブルタイトルのハットトリック」を狙うポルシェは空力的に不利になるのを承知で、ル・マンを念頭に置いたロードラッグ(ローダウンフォースでもある)仕様でWEC開幕戦シルバーストンに臨みました。

対照的に、トヨタはハイダウンフォース仕様を投入。どっちのアプローチが吉と出るか、興味深いですね。

トヨタTS050ハイブリッドのハイダウンフォース仕様を、プロローグ(WEC合同テスト)で走行したロードラッグ仕様と対比させてみましょう。

Toyota TS050 Hybrid_2017 / Prologue
TS050_Prologue_1.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2017 / Rd.1 Silverstone
TS050_Silverstone_1b.jpg

フロントフェンダーとノーズをつなぐパネルの処理が異なっており、赤くペイントされたノーズ部分の太さが異なります(1)。この角度ではわかりづらいですが、これまでの流れと同様、ハイダウンフォース仕様のフロントフェンダー前面は傾斜が強く、ラウンドしています(2)。ハイダウンフォース仕様は「AISIN」の青いスポンサーロゴがヘッドライトハウジングまで浸食していますね。

上中下、3つにわかれたLEDヘッドライトのうち、シルバーストン戦では下のユニットが省略されています。夜間走行がないからで、軽量化のためでしょう(3)。リヤウイングはロードラッグ仕様よりも立っています(4)。

横から眺めると、ロードラッグ仕様(プロローグ)とハイダウンフォース仕様(シルバーストン)のフロントフェンダーの形状の違いが、少しはわかるでしょうか(矢印)。

Toyota TS050 Hybrid_2017 / Prologue
TS050_Prologue_2.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2017 / Rd.1 Silverstone
TS050_Silverstone_2b.jpg

ハイダウンフォース仕様(シルバーストン)はエンジンカウル後端が大きく跳ね上がっています(5)。ディフューザーとカウルに挟まれた開口部の処理も異なっているようです(6)。

Toyota TS050 Hybrid_2017 / Prologue
TS050_Prologue_3.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2017 / Rd.1 Silverstone
TS050_Silverstone_3b.jpg

2017年は空力パッケージが年間2仕様に制限されていますので(2016年は3仕様)、トヨタの場合はこれでお披露目完了ですね。ル・マン後最初のレースでの楽しみがなくなりました。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車