So-net無料ブログ作成
検索選択

【ル・マン24h2017】ル・マンをテーマにした写真展 [モータースポーツ]

泊まっているホテルはル・マン駅の南側にあります。公開車検が行われるレピュブリック広場に向かうには、駅の地下通路を通って北口に出、トラム乗るか(停留所3つぶん)、覚悟を決めて歩きます(2往復したうち、1往復半は歩きました。自慢ではありません)。

車検1日目に駅に近づいてみると、いつもと様子が違います。壁面に「ル・マン」の写真が。

IMG_0491.JPG

左はマーク・ウェバー(ポルシェ)とトム・クリステンセン(アウディ)、アンソニー・デイビッドソン(トヨタ)が並んだ写真です。右はフォードGTのフィニッシュシーン(2016年)。

IMG_0493.JPG

粋なことするな、と思いつつ構内に入ると、写真は他にもありました。

IMG_0503.JPG

2016年のアウディR18など6点。

IMG_0838.JPG

北口を抜けて振り返ったら、ここにも「ル・マン」の写真がありました。

IMG_0830.JPG

そのひとつ、アウディのDr.ウルリッヒとチームクルーです。「戦闘集団」なムードが伝わってきます。

IMG_1343.JPG

レピュブリック広場に向かって2つめの停留所を過ぎたところに教会があります。何気なく目を向けると、駅で見たようなモノが目に付きました。

IMG_0851.JPG

ここも写真展会場だったのですね。ル・マンで活躍するフォトジャーナリストの発案で、今回の写真展が実現したようです。

これは、2016年のアノ瞬間ですね。

IMG_0843.JPG

1991年にル・マンを制したマツダの写真もありました。

IMG_0857.JPG

堪能いたしました。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 

【ル・マン24h2017】独断と偏見のでこっぱち選手権 [モータースポーツ]

WEC(FIA世界耐久選手権)のLMP2は実質的にオレカ07のワンメイク状態となっていますが、ル・マン24時間にだけ出走するコンペティターのなかにはオレカ以外のシャシーを選択したところもあって、リジェJSP217(WECにも出走していますが)、ダラーラP217、ライリーMK30と、LMP2へのシャシー供給が認められた4コンストラクターが勢ぞろいしています。

オレカやリジェはそうでもないのですが、ダラーラやライリーはでこっぱち度(フロントフェンダーが前方に張り出している)が激しく、目を引きます。低ドラッグを追求するほどにでこっぱちになる傾向があり、それを極めた格好でしょう。

LMP1(H)の2台とLMP2の4台を見比べてみましょう。

Porsche 919 Hybrid(LMP1)
IMG_0512.jpg

Toyota TS050 Hybrid(LMP1)
IMG_1037.jpg

Oreca 07(LMP2)
IMG_0972.jpg

Ligier JSP217(LMP2)
IMG_0649.jpg

Riley MK30(LMP2)
IMG_0922.jpg

Dallara P217(LMP2)
IMG_1051.jpg

独断と偏見で、ダラーラP217をでこっぱちチャンピオンといたします。だってほら。

IMG_0777.jpg

2016年のアウディR18にそっくりといえばそっくりなんですけどね。

IMG_0730.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0)