So-net無料ブログ作成

【ル・マン24h2017】トヨタTS050ハイブリッドの積み卸し時に見えたモノ [モータースポーツ]

予定されている時間ぎりぎりのタイミングでトヨタのトランスポーターが車検場(レピュブリック広場)の近くにやってきました。今年は3台で参戦するのでトランスポーターは2台だろうと勝ってに予想していたのですが、1台で積めてしまうのですね。

IMG_0984.JPG
IMG_1182.JPG

1台のトランスポーターに3台のマシンを積み込むにはそれなり(いや、相応の)コツが必要なようで、3台のうち2台は前後のセクションを取り外します。

IMG_1251.JPG
IMG_1255.JPG

お尻、隠していますね。

IMG_1273.JPG

リヤセクションを外したまま放置している時間もそれなりにありました。リヤタイヤの内側が確認できます。空力処理、凝っていますね。

IMG_1022.JPG

凝っているといえば、トヨタTS050ハイブリッド2017年仕様は、サイドポンツーンの後端にダクトがあるのが特徴で、ディフューザーとエンジンカウルに挟まれた空間とつながっています。

「床下に徹底的に空気を入れてダウンフォースを取り戻す」のがコンセプトだそうですが、よく見ると、地面が見えています(丸囲み)。サイドポンツーン経由で、床下にも空気が供給されているようです。

IMG_1282.jpg

ディフューザーの上部はミニウイングを取り付けたポルシェ919ハイブリッドとは異なり、ガーニーフラップ状の処理(矢印)です。

IMG_1080.jpg

ファイナルドライブユニットの前方に、メインダンパーらしき筒状のパーツが見えます。リヤサスペンションを新設計したことをトヨタは認めています(以前はギヤボックスケーシング上面配置だったような……)。

テクニカルディレクターのパスカル・バセロン氏は「どう変えたか細かいことは言えないが、レイアウトを変えたのは事実。タイヤをもっと上手に使うためと、パッケージング上の理由」と説明してくれました。

IMG_1020.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車