So-net無料ブログ作成
検索選択
旅(海外) ブログトップ
前の10件 | -

シャルトル大聖堂 [旅(海外)]

恥ずかしながら、ル・マンからシャルル・ド・ゴール空港に戻る途中(CDGからル・マンでもいいのですが)にシャルトル(Chartres)なる場所があり、そこに世界遺産に登録されている大聖堂があることなぞ、ついぞ知りませんでした。いけませんね、レースばかり追いかけていては。

帰国便まで時間があったし、サービスエリアで簡単に昼食を済ませるのもナンだったので、立ち寄ってみました。

IMG_0952.jpg

予備知識がないものだから、尖塔が左右で形違うのね、などとのんきに眺めます。あとで調べてみると、オリジナルは向かって右側。左側の高い方は火災で焼失後に再建されたものだそう。

IMG_0967.jpg

内部の見学は後回しにして食事をします。空腹には勝てません(と言い訳)。

IMG_0980.jpg

内部は一部修復工事中でしたが、見学はできました。ステンドグラスが有名との後付けの知識を得つつ、上ばっかり見ながら歩きます。

IMG_1030.jpg

なるほど、絵になりますね。

IMG_1041.jpg

駐車場に戻って、今度は地下を見下ろします。町の中心にある公共駐車場。

IMG_1045.jpg

さざえ堂のような二重らせん構造になっており、右回りに2回転半して底にたどり着いたら、今度はやはり右回りに2回転半して、出口ゲートのある地上に戻る仕組み。クルマは斜路に止めます。なかなかおもしろい体験でした。

出口付近に空きスペースがあると最初からわかっていれば、そこまでダイレクトに進んだのですが、行ってみなければわかりません。行ってみたとこで空いてなかったら一旦外に出てやり直さなければならないので、賭けです。怖じ気づいて底付近に止めましたけどね……。

IMG_1048.jpg

というようなエピソードにはひと言も触れていないル・マン/WECのテクノロジー 2015 (モーターファン別冊)は、絶賛発売中です。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Uバーンに乗ってマリエン広場へ(ミュンヘン) [旅(海外)]

ホテルの隣にあるガソリンスタンドでサンドイッチを買ってもよかったし、その隣にあるファストフードで済ませてもよかったのですが、それではあまりに寂しいので、街の中心に出てみることにしました。そうなると、思い浮かぶのはホフブロイハウス(ビール醸造所直営ビアホール)しかありません。調べてみたら、最寄りの(徒歩約10分)Uバーン駅から乗り換えなしで行けることが判明。

地下鉄が地上を走っているくらい郊外、ってことでしょうか。

IMG_4017.jpg

券売機は日本語表示に切り替えることも可能。

IMG_7164.jpg
IMG_7165.jpg

乗車駅と降車駅がどのゾーンなのかわからないし、ゾーンを示すマップなり何なりが近くになく当惑……。

IMG_7167.jpg

ともかく切符を買い、打刻します(写真は降車駅)。

IMG_7169.jpg

ミュンヘンにはU1からU8まで、8路線ある模様。

IMG_6942.jpg

マリエン広場駅(Marienplatz)に到着。

IMG_6944.jpg

はて、どの出口に向かうべきか……。

IMG_7171.jpg

構内のマップで確認。

IMG_4019.jpg

出てみたら、新市庁舎(といっても19世紀の建築)の前でした。

IMG_6946.jpg

にぎやかです。

IMG_6973.jpg

フリーのWi-Fiが飛んでいます。情報収集に便利。

IMG_7007.jpg

ホフブロイハウスに直行せず、プチ建築散歩することにしました。

IMG_6977.jpg

広場を中心に半径200mくらいしか歩いていませんが、見どころたっぷりです。

IMG_7038.jpg

上ばかり見ているような気がします。

IMG_7033.jpg

そろそろ目的地に向かいましょうか。

IMG_7044.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ポルシェ・ミュージアム訪問 [旅(海外)]

展示物にも興味あるし、建築にも興味あるしで行ってきました。ポルシェ・ミュージアム。過去エントリーはこちら。

「ポルシェ・ミュージアムの建設と構造」展
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2013-03-26

ポルシェの工場と(大きな)販売店の向かいにあるのですね。いろんな時代のポルシェの建物が、ラウンドアバウトを中心に向かい合っています。

IMG_5949.jpg

電車で訪れても便利です。駅から徒歩1分。

IMG_5971.jpg

クルマでも便利。ミュージアムの地下が駐車場。

IMG_5989.jpg

入場料は8ユーロ。駐車場代は6時間まで4ユーロです。

IMG_6001.jpg

ポルシェオーナーの方も大勢いらしている様子。

IMG_6003.jpg

ピロティはこんな感じ。ゆったりくつろげるのがいいですね。

IMG_5959.jpg

ポルシェ919ハイブリッド2015年仕様の(よくできた)モックアップが展示してありました。WEC第2戦スパで2位&3位に入ったと報告しています。バイザッハで会ったテクニカルディレクターのアレクサンダー・ヒッツィンガーは、心底悔しがっていましたが。

IMG_5984.jpg

展示は中層階からスタート。展示物を見ながららせんを描くように歩くと、上層階にたどり着く仕組み。

IMG_5458.jpg

気づいたら700カットくらい写真撮っていました。見終わる頃、いや初っぱなからポルシェの考えに魅了され、心酔し、「すげーなー」と言いながらエスカレーターを降りてくる感じ。

IMG_5410.jpg

余韻に浸ったり、熱くなっりした頭をクールダウンするのにちょうどいいエスカレーター移動時の動画はこちら。



展示物を逐一載せたいくらいですが、とてもそんな余裕はないので気に入った1台のみアップしておきます。タイプ64。ポルシェの原点。1939年の作。

IMG_5385.jpg

軽量化を追究したアルミボディ。かつ、空力性能を追究した流線型。

IMG_5386.jpg

地上階のミュージアムショップでは、ミニチュアモデルが15ユーロ(だったかな)で売っています。

IMG_5372.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ホッケンハイムリンク(のサービスエリア)で給油 [旅(海外)]

さて、ザールブリュッケンを発ちましょうか。

IMG_5247.jpg

ほぼ、来るときと同じルートをたどるので、往路では素通りしたホッケンハイムリンクのサービスエリアに寄ることにしました。ついでに給油。

IMG_5248.jpg

オクタン価95のガソリン(Super)はリッターあたり1.629ユーロ。1ユーロ130円として約212円。なかなかしびれる単価ですね。24.84L給油して40.46ユーロ(約5260円)。ちなみに2日前に寄った別のガソリンスタンドでは、リッターあたり1.509ユーロ(約196円)でした。

IMG_5253.jpg

ついでに昼食をとります。売店と食堂が入った施設は、コンクリートで固めたレトロな外観。

IMG_5255.jpg

気温は20℃前後。日陰だと肌寒いくらいです。サラミとチーズのパニーニにカプチーノの組み合わせ。ガス水1Lを加えて10ユーロとちょっと。

IMG_5259.jpg

ホッケンハイムリンクはこちら、の案内。そこそこ距離あると思いますが、クルマをサービスエリアに止め、歩いて行き来することも可能。

IMG_5262.jpg

虫がいっぱい飛んでいるし、何か出てきそうなのですぐに引き返しました。

IMG_5265.jpg

さて、本線に戻ります。と思ったら大渋滞。やはり工事が原因。

IMG_5271.jpg

シュトゥットガルトに戻ってきました。と、思ったらまた渋滞。ちょうどマーレ(MAHLE)の本社前。

IMG_5272.jpg

渋滞に遭遇すると予定が狂うのでツライですね。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

バイザッハからザールブリュッケンへ [旅(海外)]

バイザッハのおさらいをしておきましょう。街はずれ、WEISSACHの文字の左側に書き込んであるのがポルシェR&Dのテストコース。その左上に点在しているのが施設群です。現在、拡張工事が進行中。

IMG_5047.jpg

250km離れたザールブリュッケンに向かいます。フランスの国境に接した街、というより、フランスの一部になったりドイツになったりフランスになったりで、現在はドイツの一部です。

IMG_4985.jpg

ミュンヘン〜シュトゥットガルトもそうでしたが、渋滞に遭わないことはないですね。原因は道路工事。車線が少なくなったり、車線の数は減らないけれども幅員が狭くなったりという理由で渋滞が発生するよう。平均車速がみるみる落ちます。

IMG_4987.jpg

見覚えのあるところだなと思ったらホッケンハイムリンクの脇でした。

IMG_4993.jpg

約3時間で目的地に到着。部屋にそれぞれフランスの女性名がついていて、へぇ、と思いながら廊下を進みました。ちなみに泊まった部屋はマドレーヌ。同名の焼き菓子を思い浮かべてしまいますが。

IMG_5005.jpg

デコレーションに圧倒されます。「これは、フランス風? それともドイツ風?」と、こちらの人にたずねたら「まあ、アンティークね」と返されました。

IMG_5015.jpg

ザールブリュッケンに来たのは、ZFのプレスイベントに参加するのが目的。オートマチックトランスミッションの生産を始めて50周年を記念してのイベントです。

IMG_5035.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ポルシェ通り911番地 [旅(海外)]

さて、出かけましょうか。約束の時間に遅れるわけにはいかないので、早めにホテルを出ます。

IMG_4697.jpg

バイザッハ(Weissach)です。想像以上にこぢんまりした村でした。

IMG_4975.jpg

雰囲気ありますね。

IMG_4979.jpg

あ〜、ビール飲みたい。

IMG_4981.jpg

けど、素通りしてポルシェの研究開発施設に向かいます。バイザッハの集落を抜けてカントリーロードを走ること少し。

IMG_4968.jpg

Porschestraße 911(ポルシェ・シュトラッセ911=ポルシェ通り911番地)だなんて、しゃれているというか冗談みたいというか。初めて知りました。

IMG_4951.jpg

量産車の研究開発部門がある敷地の一角に、LMP1を含むモータースポーツ部門があります。そこが、この日の目的地。ポルシェ919ハイブリッドのエンジンや、クランクシャフトやブロックやモーターやバッテリーなどがワークショップにごろんと転がっていましたよ(当然のことながら写真撮影はNGでしたが)。

まさかモータースポーツ部門の社員食堂で旬のホワイトアスパラガスにありつけるとは思いませんでした(写真はサンプルです)。

IMG_4941.jpg

さてと、取材を終えて250km移動……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

シュトゥットガルトに着きました [旅(海外)]

最終目的地ってワケではないのですが、ホテルが探しやすかったのでシュトゥットガルトに泊まることにしました。陸路での出発地はミュンヘン空港。このところ入国審査で、「何しに来たの?」「いつまで滞在?」「ひとり?」とか聞かれることが多くなりました。おかげで結構な行列。フランクフルト空港でも同様でしょうか。

さて出発です。いつものようにGARMINアプリを使用。目的地まで245kmです。東京〜磐田間くらいありますね。18時15分クラッチミート。

IMG_4661.jpg

170kmくらい一気に走って休憩。今回の旅の相棒はフィアット500Xです。クルマについては改めてお知らせする機会があるでしょう。1.4Lマルチエア搭載。6速MT。レンタカー屋さんのブースで、「ドイツに来たのにイタリアのクルマ?」とつぶやいたら、「いいじゃない、新車なんだから」とたしなめられました。

IMG_4673.jpg

あ〜、そうだ。サービスエリアのトイレは有料なんでした。

IMG_4672.jpg
IMG_4670.jpg

0.7ユーロ払うと、施設内で使える0.5ユーロ分のバウチャーが出てきます。

IMG_4671.jpg

バーガーキングで早速使用(ポテトのできあがりを待っているところ)。5.99ユーロのセットメニューが5.49ユーロになります。

IMG_4668.jpg

シュツットガルトに着きました(ただし街はずれ)。自動車関連企業の看板が目立つ?

IMG_4677.jpg

21時22分着。平均速度は92km/hで、燃費は14.1km/Lでした。

IMG_4681.jpg

ここには1泊だけします。おやすみなさい。

IMG_4684.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ポールリカールサーキット内外で見たり食べたり飲んだりしたもの [旅(海外)]

食べ物や飲み物に関する情報にも一定の需要があるらしい(?)ので、まとめてみましょう。ホテルからサーキットに向かいながら拾い上げてみると……。

いきなり肉です。泊まったホテルの食堂は朝食専用なので、夜「どうしよう?」となったときに便利なのが、隣にあるレストラン、バッファロー・グリルです(というか、他に選択肢なし。ちょっと広い範囲でも選択肢はないらしく、連日、駐車場はいっぱいでした)。先日公開した動画の序盤にチラッと映っています(左側)。



この日注文したのはBrochette Buffaloというプレート。牛串ですね。9.9ユーロ(1ユーロ130円くらいでしょうか)。500ml入りの生「1664」は5.7ユーロでした。

IMG_3141.JPG

サーキットに向かって走って行くと、ほぼ中間地点に小規模なカルフールがあります(昨年はなかったような)。やはり、動画で確認できます(左側)。駐車場にめずらしいクルマが止まっていました。

IMG_2988.JPG

ホテルでの部屋飲み用に買ったビール(飲みきれませんでしたが)。限定デザインの1664。330ml入り6缶で5.64ユーロ。

IMG_3128.JPG

つまみに買ったスナック。「ライトな感覚」が目について手に取ったのですが、ライトな感覚の味だったかどうかはまだ確認していません。食べずに持って帰ってきてしまったので。2.25ユーロ。

IMG_3136.JPG

サーキットのゲートの手前に「HIGH SPEED CLUB」と名付けられたカフェがあります。

DSCN9475.jpg
IMG_2998.JPG

昼に「本日のプレート」を注文しました。11ユーロ。結構しますね。サーキット値段ってやつでしょうか。Fillet de Loup Sauce Vierge et Riz Blanc。白身魚をほぐし、ごはんと混ぜて食べるとうまい。

IMG_2996.JPG
IMG_2999.JPG

ゲートの脇には、ジュール・ビアンキの快復を祈るメッセージ(動画の終盤で確認できます)。

IMG_2993.JPG

Prologueと名付けられたWEC公式テスト2日目(3月28日)は、場内が一般開放(入場無料)されました。1万人が来場したそう(そうは見えない写真で恐縮です)。

IMG_3151.JPG

仮設の売店で食べ物を調達するしかないので、なかなかの行列です。ホットドッグ(3.5ユーロ)とフライドポテト(2.5ユーロ)を買いました。

IMG_3146.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ワサビグリーンピーヌとミソクヌビンス [旅(海外)]

アジア各国を訪れた際のひそかな楽しみは、奇妙に感じる日本語表記を見つけることです。フォーミュラE取材のために北京を訪れた際もひそかな楽しみにしていたのですが、いつものようにホテルとコースの往復が基本だったので、チャンスはあまり多くありませんでした。

しかし、ホテル近く(徒歩約15分)のスーパーマーケットでいいサンプル出会いました。

beijing_1.jpg

おつまみですね。「ワサビグリーンピーヌ」は「わさびグリンピース」のことだとすぐわかります。よく見ると、「わさびの特別な好みの青豆の香は脆いです」と書いてあります。だからどうすればいいのか、その後が知りたくなります。

「良い味はおう」はなんでしょう……。

beijing_2.jpg

「ミソクヌビンス」は「ミックスビーンズ」でしょう。これくらいひねりが利いているとうれしくなります。やはりよく見ると、「人気を超えます」「特殊な特色」と読めます。相当厳しい色づかいをしていそうです。

さらに、「個別の小包は詰めて入る」と書いてあります。おっしゃるとおりです。

beijing_3.jpg

で、詰めて入っている個別の小包ですが、ひとつ1つに「やまだ」とプリントしてあります。なぜ? しかも、アルファベット表記は「YAMATA」……。

beijing_4.jpg

ファンキーだな〜。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ル・マンに到着 [旅(海外)]

パリCDG空港に到着したのが夜7時を過ぎていたので、ホテルに着いたら10時半でした。さすがに真っ暗。レセプションに24時間ミュージアムのポスターが貼ってありました。

FSCN4669.JPG

楽しみのひとつはレンタカーです。リモコンキーの様子から察するに、新しめのクルマのよう(乗り込んで確認すると、走行1200kmでした)。

FSCN4670.JPG

駐車場でクルマを探し当て、ドアロック解除のボタンを押します。でも、開かない。何度も押します。でも、開かない。リモコンキーに書いてあるナンバープレートの表示を確認しますが、間違いありません。でも、開かない。仕方なく鍵穴にキーを差し込んで乗り込みます。

エンジンを始動すると、トリップメーターの表示部分に「FUSE ON」の表示が出て、道中ずっと明滅しっぱなしです。車中で考えを巡らせるに、ヒューズが切れているのでリモコンドアロックの解除ができないのかと。あー面倒くさい。

クルマについてはまた機会を改めて……。

rentacar.JPG

クルーズコントロールを法定速度の130km/hにセットして、淡々と走ります。空港からホテルまで222km。

DSCN4639.JPG

部屋に入って荷を解いてみると、持ってきた見本誌が湿っていました。断面の波打ち具合から察するに、だいぶ水分を吸ったようです。飛行機に積み込む際に荷物が雨ざらしにあった模様。

FSCN4671.JPG

これから9泊する部屋です。

FSCN4652.JPG

安ホテルなので館内に深夜営業しているバーやレストランはなく、自動販売機のみ。アルコールはありません。サービスエリアで買っておいたマドレーヌを食べて寝ます。

FSCN4667.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅(海外) ブログトップ