So-net無料ブログ作成
検索選択
ウイスキートレイル ブログトップ

モダンモルトウイスキーマーケット2015 [ウイスキートレイル]

ウイスキー好きを公言しておくものですね。お誘いいただいて、都内某所で開催された『モダンモルトウイスキーマーケット2015(MMW2015)』(主催:三陽物産)に行ってきました。MMWは基本的には料飲店・酒販店などを対象としていますが、開催10回目を記念し、今回は一般参加日も設けられていました。

IMG_2943.jpg

昼(12時開始)からものすごい人です。

IMG_2974.jpg

200種類以上も並んでいるので、何をどうしたらいいかわからず、ジャパニーズから試してまわることにしました。ニッカだとつい『余市』(4,200円/700ml→税別。以下同)に手を伸ばしてしまうのですが、よく飲んでいるウイスキーを飲んだのでは、せっかく出張ってきた意味がありません(が、飲んじゃいますよね、やはり)。

これはいい機会とばかり、『宮城峡』(4,200円/700ml)を試します。

IMG_2995.jpg

カフェ式連続蒸留機といえばグレーンの蒸留機として知られていますが、そのカフェ式でモルトを蒸留し、つくった変わり種ウイスキーが左。『ニッカ カフェ モルト』(6,000円/700ml)。カフェ式×グレーンの『ニッカ カフェ グレーン』(6,000円/700ml)と飲み比べます。

IMG_2937.jpg

サントリーの『白州』(4,200円/700ml)はなぜだかほとんど手を出すことなく過ごしてきたのですが、MMWをきっかけに変わりそう。『山崎』(4,200円/700ml)と飲み比べ。いろんな味を知ると、こういう気分・状況のときはこれを飲もう、という選択肢が増えていいですね。

IMG_2939.jpg

ボトルのデザインにひかれて試したのが『カネマラ(Connemara)』(4,200円/700ml/サントリー酒類)。アイルランドなのに伝統的な3回蒸留ではなく2回だし、なによりピーテッド。これは発見でした。

IMG_2968.jpg

発見といえば、『カバラン(Kavalan)』(雄山)。なんと台湾製で2008年から出荷しているそう。『シングルモルト クラシック』(12,500円/700ml)は台湾のイメージどおり(?)トロピカルな風味。『シェリーオーク シングルモルト』(17,000円/700ml)からは、わかりやすいシェリー風味(重め)を感じました。しかし、価格帯が価格帯なので、なかなか手が出ないかなぁ……。

台湾旅行のおみやげとして買って帰る人が多いようですね。

IMG_2955.jpg

ここも人気でした。『イチローズモルト』(ベンチャーウイスキー/秩父蒸留所)。MMWでは25〜30種を試しましたが、個人的ベストはこれ。『秩父 シングルカスク ピーテッド』(11,000円/700ml)。残念なのは、MMW2015の限定ボトルなこと(涙)。

IMG_2982.jpg

こちらは流通しています。手前の白い葉っぱは『イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル』(3,500円/700ml)。そのとなりは『イチローズ MWR(ミズナラウッドリザーブ)』(6,000円/700ml)、奥の緑の葉っぱは『イチローズ ダブルディスティラリーズ』(6,000円/700ml)。これはもう一度どこかで試してみないといけないなぁ……。

IMG_2946.jpg

富士御殿場蒸留所(キリンディスティラリー)は何度も前を通っているんですけどね。クルマで移動しているとテイスティングできないので……。『シングルモルトウイスキー』(5,000円/500ml)と『シングルグレーンウイスキー』(5,000円/500ml)。

IMG_2986.jpg

よく飲んでいるウイスキーは飲まない、と決めたつもりなんですが、こうボトルの羅列を見せつけられてしまうと無意識に立ち止まってしまい、「お願いします」と頭を下げてしまいます。『タリスカー ストーム』(5,500円/700ml/モエ ヘネシー ディアジオ)など。

IMG_2961.jpg

MMW滞在中、量的に一番飲んだのは『南アルプスの天然水』(550ml/サントリー)でした。酔っ払ってどうこうではなく、(それを防止するために)お腹たぽたぽになってしまって退散……。

IMG_2988.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カンパリとマルティーニ・ビターとアペロール [ウイスキートレイル]

久々の銀座です。地上に出たのは東銀座駅A8でしたが、4丁目交差点を見ておかないと気が済まない……。日産銀座ギャラリーは建て替え工事中でした(2016年上半期開業予定だそう)。

IMG_4220.jpg

「銀座で食事」の開始予定が19時半だったので、4丁目交差点付近をふらついてもまだ1時間と少しありました(この時点でお店は決まっていません)。なので、迷わず銀座アンドレ(銀座3-8-13)に向かいます。東銀座駅A8を出たらすぐだったんですけどね。

IMG_4228.jpg

ハイボールを1杯(スーパーニッカ)飲んでもまだ時間がある。「食前にもう1杯軽いの」とお願いしたら、しばしの思考ののち、マルティーニ・ビターをソーダで割って出してくれました。

IMG_4229.jpg

カンパリと同じでビターオレンジ系のリキュールですが、ずいぶん味わいが違うものです。

IMG_4230.jpg

という話をしていたら、「こんなのもあります」とアペロールを出してくれました。で、飲み比べ。大まかにいうと、苦味のあるカンパリに甘みが強いアペロール。その中間がマルティーニ・ビターという感じでしょうか(と、次オーダーするときの参考のために記しておきます)。毎度、勉強になりました。

IMG_4237.jpg

飲み比べの最中に連絡があって食事会の場所を確かめてみると、1本隣の路地。しかも、知人の親戚のお店(おでん季節料理 田中:銀座3-10-15)だそうで。近くにそんなお店があったのは、と感慨にふけったのかふけらなかったのか覚えていないほどにできあがっていました。食前なのに。いや、食前(空きっ腹)だったから?

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

気分はマルティーニだったのですが…… [ウイスキートレイル]

有楽町に用事があったので、これ幸いと銀座アンドレに向かいました。酒を飲みに行くというより、酒にまつわる話を根掘り葉掘り聞いて帰るのが目的(のような気がしてならない)。午前中、F1オーストラリアGPのフリー走行をパソコン観戦したばかりだったし、ウィリアムズへのスポンサードのことが頭にあったので、気分はマルティーニでした。

Williams_Martini.jpg

しかし、「出ない」のでストックから落としてしまったそう。無念。モータースポーツ好きの間では知名度抜群ですが、お酒飲みに来る不特定多数にとっては「チンザノ(Cinzano)」の方がメジャーなよう(お店にもよるでしょうが)。

しかし、気分はマルティーニ(イタリア産ベルモット)だったので、ノイリー・プラット(フランス産ベルモット)で一杯作ってもらいました。クロンダイク・ハイボール(赤/白各30ml+粉砂糖+ジンジャエール+レモン)。ノイリー・プラットの取り扱いは、マルティーニと同じバカルディジャパン。ソーダ割り片手に観戦してもいいかも(飲みながら観戦が前提)。

FSCN2850.JPG

一杯で帰るわけにはいかないので(というか、先に飲んだのはこっち)、竹鶴もいっておきます。

FSCN2852.JPG

朝ドラ『マッサン』(フェリペ・マッサ選手のことではありません)が始まるまでに読んでおきます。

FSCN2844.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

11年ぶりのフランク・バー(沼津) [ウイスキートレイル]

沼津の駅頭に立って「来たことあるかも」と思ったのは正解で、バー検索アプリで「BAR Frank」の文字を見て、「あ、やっぱり」と思った次第。画面に出てきた特徴的なレンガの外観に見覚えがありました。食事のあと、ホテルに戻る前に寄ろうと思っていたところ、食事を一緒にした沼津在住の人が「じゃあ、次ぎ」と案内してくれたのが、偶然にもフランク・バー。

DSCN7127.JPG

この外観。いちげんならひるんだかもしれませんが、11年ぶりとはいえ再訪なので、戻って来た気分。不思議なもので、建物を前にした途端、2階のバーに向かう螺旋階段やら、鎌倉彫様の彫りが施されたカウンターやらが突如として脳裏に浮かび上がってきました。扉を開けてみれば、まったくもって記憶のとおり。居心地の良さもそのまま。

DSCN7130.JPG

こちらが11年前の写真。変わりませんね。向かって左の物件は現在、駐車場になっています。

011018Frank_12.JPG

ウイスキー1杯、カクテル1杯で気づいたら3時間(過ごしていて閉店時間でした)。

DSCN7124.JPG

ジョークがおもしろい(キツイ?)マスターらとの会話も楽しんで再訪誓う。

DSCN7149.JPG

沼津の住人がうらやましい。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホットウイスキー [ウイスキートレイル]

バーに出向いている余裕がない(ま、懐具合も含めて)ので、願望を込めてのアップです。寒い日がつづいているので、ホットウイスキーでも飲んで体を温めたい、ということで。

P1260849_blog.JPG

銀座アンドレで作ってもらったのですが、「クローブはどうしますか?」と聞かれました。クローブ。日本語で言うと丁字(ちょうじ)です。古い世代と言うと語弊があるので、20年か、それより以前にホットウイスキーに親しんでいた世代には、ホットウイスキーにクローブはお約束だったそう。近ごろ飲み始めた層にとっては「クローブなし」が主流らしく、入れるか入れないか、たずねることにしているのだそうです。

パスタチーズはかけないタイプですが、ホットウイスキーにはクローブを入れるタイプなので、入れてもらいました。

P1260842_blog.jpg

山椒じゃありませんが、1粒でもぴりりときいて、体が温まります。外で飲むのも良さそうですね。あぁ、飲みたい。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

原酒25年と丹後のオイルサーディン [ウイスキートレイル]

前回の滞在があまりに心地良かったので、自然と足が向いてしまいました。銀座アンドレ。もうどこまでが仕事でどこまでが慰労(自分の)かわからなくなりますね。ただ、これが出てきた瞬間に、仕事のスイッチは完全にオフになりました。「北海道余市蒸留所限定 原酒25年」。カスクストレングス(アルコール分61%)であります。

P1260882_blog.JPG

「余市蒸留所」に関する過去エントリーはこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2010-08-19

わずかな会話の中から客の好みを探り出し、「どうぞ」と大好物を差し出されては、頬が緩まないわけはありません。

長居したので小腹が減り、つまみをたのみました。おすすめのオイルサーディン。メニューをよく見れば「Canned」と書いてあります。バーのカウンターで缶詰をつつくミスマッチ感覚がなかなかオツ。しかも絶品。俗に言う「丹後のオイルサーディン」。「サンフェース印のいわし油漬」(竹中罐詰)。ヨーロッパ産のオイルサーディンほどしょっぱくなく、しつこくなく、やみつきになりそうです。ご贈答品にどうぞ。いや、自分に贈りたい。

P1260888_blog.JPG

ストレートをハイボールに切り換えて堪能しました。仕事の山を乗り越えるための休息、かつエネルギーになりました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ついついクエルボ [ウイスキートレイル]

銀座アンドレでバーテンダー氏と話をしていたところ、ハウステキーラ(取引業者とのしがらみに関係なく、バーのこだわりで使用するテキーラ)がCuervo(クエルボ)だと知り、思わず注文してしまいした。ザウバーF1チームのスポンサーでなかったとしたら、頼む気になったかどうか……。

P1260514_blog.JPG

クエルボ・エスペシャル・シルバーを使ったテキーラ・トニックですが、実はウイスキーを3杯飲んだ後だったので、少し薄めに作ってもらっています(見た目ではわからないはず……)。お酒の選択肢が増えるのは、うれしい限り。

sauber_cuervo_blog.jpg
写真:Sauber F1 Team

100%刷り込み効果です。単純な顧客……。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

チャリティウイスキー「Spirit of Unity 絆」 [ウイスキートレイル]

1週間遅れの誕生日プレゼントが届きました。というつもりで注文したわけではなく、タイミングがそうなっただけ。注文したのは4月でした。忘れかけていたので、意外な届き物に。

P1220576_blog.jpg

東日本大震災復興支援のチャリティボトルです。限定2000本(のうち、1200本はイギリス、600本は日本、200本はニュージーランドに割り当てるそう)で、販売価格は9000円。売上金は一般財団法人国際難民支援会(RIJ)への寄付を通じて東日本大震災の復興活動に活用される予定。チャリティプロジェクトの進捗状況は、輸入販売業者(ウィスク・イー)のウェブサイトでチェックできる仕組み。

P1220539_blog.JPG

スコットランドのアイランズ、スペイサイド、ローランド、ハイランド、アイラ、キャンベルタウンの6つの生産地から7つの独立系蒸留所が手を挙げ、こころよくカスクを無償提供してくれたそう。それをブレンドし、ボトリングしたのが「絆」というわけです。

P1220548_blog.JPG

遠く離れたスコットランドの蒸留所(や輸入販売業者など)の心意気に感謝しつつ、じっくり味わうことにしましょう。
夜が待ち遠しい(別に夜でなくてもいいのか……)。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニッカウヰスキー余市蒸留所 [ウイスキートレイル]

余市まで行って、ニッカウヰスキーに立ち寄らないわけにはいきません。

P1120753_blog.jpg

何度目かの訪問ですが、いつかは工場見学しようしようと思いつつ、「また今度」と先送りしているのが現状。今回は今までよりちょっと時間を掛けて見学しました。そのひとつが1号貯蔵庫。

P1120738_blog.jpg

トラス・ファンとしては、オーク樽よりも小屋組みのキングポストトラスに目が行ってしまいます。

P1120737_blog.jpg

しかし、本当の目当ては、余市蒸留所でしか買えない樽出し原酒だったりします。お菓子やつまみなども売っている売店(ノースランド)でも買えますが、貯蔵庫を転用した直売所では各種原酒やタイプ別モルト/グレーンの香りが楽しめます。どれにするか、悩む楽しみがありますね(懐具合とも相談ですが)。

P1120725_blog.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
ウイスキートレイル ブログトップ