So-net無料ブログ作成
検索選択

【IAA2017】フェラーリのブース(ポルトフィーノとSF70H) [F1]

フェラーリのブースを見ていきましょう。向かいはマセラティ、となりはランドローバー/ジャガーという立地です。

IMG_7180.JPG

展示車両の目玉は、世界初公開となったポルトフィーノ。カリフォルニアTの後継となる2+2のGTカーで、エンジンはフロントに搭載し、後輪を駆動します。

IMG_6211.JPG

ポルトフィーノが搭載する3.9L・V8ターボエンジンが展示してありました。吸排気系や制御系に手が入っています。イオン検知による気筒別燃焼制御も入っています。441kW/760Nmの最高出力/最大トルクを発生。0-200km/hの発進加速は10.8秒だそうですが、メルセデスAMGのプロジェクト・ワンは6秒以下だと知ってしまったもので……。

IMG_6186.JPG

ワンピース構造のエキゾーストマニフォールドは新設計だそう。過給エンジンとはいえ、シングルプレーンの伝統は守っています。タービンはツインスクロール

IMG_6192.JPG

エンジンルームを覗き込む甲斐があるというものです。

IMG_6204.JPG

F1マシンはブースの中央奥に、まるで御神体のように鎮座していました。

IMG_7186.JPG

2017年型のSF70Hルックです。ちゃんと最新の幅広タイヤを装着しています。

IMG_6145.JPG

展示車ではなく御神体扱いなので(?)、説明パネルの類は置いてありません。どういう素性の車両か知りませんが、ホンモノ感は漂っていました。

IMG_6159.JPG
IMG_6164.JPG

創業70周年です。

IMG_6208.JPG

ドイツに向かう飛行機のなかで、1960年代のル・マン24時間におけるフェラーリとフォードの熾烈な戦いを追ったドキュメンタリー映画を観たばかりだったので、ちょっとばかり思い入れ深くブースを訪れました。

『The 24 Hour War』です。オフィシャルトレイラーはこちら↓



http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 

【IAA2017】F1とFEを展示していたルノーのブース [F1]

メルセデスから紹介を始めたので、F1参戦コンストラクターを順に見ていきましょう。今回はルノーです。

ブースのコンセプトはここ数年不変ですが、このソフトなムード、個人的にはとても気に入っています。

IMG_5835.JPG

通路側の一等地には、2027年のF1をイメージした『Renault R.S. 2027 Vision』が展示してありました。4月の「オート上海2017」で初公開されたコンセプトカーです。

IMG_5780.JPG

関連エントリーはこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-04-19

コクピットは思っていたよりスケスケでした。

IMG_5769.JPG

リヤサスペンションはプッシュロッド式(フロントも同様)。

IMG_5786.JPG

ブースの奥では、F1とFE(フォーミュラE)が柱に張り付いていました。

IMG_6786.JPG

F1は40年にわたって「参戦を継続している」ことをアピール。

IMG_5802.JPG

FEは3シーズンつづけてチームタイトルを獲得しています。

IMG_5818.JPG

今回のフランクフルトモーターショー(IAA)では、メガーヌR.S.が世界初公開されました。レース関連の車両やコンポーネントに限定しないと取材時間が足りなくなるので、市販車やコンセプトカーは泣く泣く素通りするようにしていたのですが、このクルマは無理でした。

IMG_6792.JPG

メガーヌR.S.の世界初公開に合わせ、ルノーF1のニコ・ヒュルケンベルグが来場。

IMG_5821.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 

【IAA2017】メルセデスAMGのレーシングカー展示 [F1]

プロジェクト・ワンを紹介した流れで、メルセデス・ベンツとAMGが占有するホールにあったレーシングカーの展示を見ていきましょう。

左側の矢印が指し示している建物はスマートがほぼ占有。ドーム屋根を持つ奥の建物はメルセデス・ベンツとAMGが占有。

IMG_7104.jpg

ドーム屋根を支える鉄骨も見どころです(個人的に)。

IMG_7139.JPG
IMG_7142.JPG

レーシングカーは3台並んでいました。

IMG_7162.JPG

F1です。説明パネルには2017年型を示す「F1 W08 EQ POWER+」の記述がありましたが、リヤウイングは2016年までの規格に準じた仕様ですし、タイヤは幅狭だしで、「いくらなんでも違うんじゃないか」という気がいたします。特徴的なフロントサスペンションも違いますね。

IMG_6369.JPG

こちらはメルセデスAMG GT3。

IMG_6378b.jpg

一番後ろに並んでいたのは、メルセデスAMG C63 DTM 2017でした。こちらはきちんと最新仕様になっています。

IMG_6382b.jpg

メルセデスAMGペトロナス・モータースポーツのF1カーは、同チームとパートナーを組むクアルコム(Qualcomm)のブースにも展示してありました。こちらはきちんと「2016年車両」と表記してありました。

5GHz 802.11acと60GHz 802.11adのWi-Fi技術を用いて、車両からピット側へのデータ転送を行っている(802.11adの活用が増えていく方向)と、説明がありました。

IMG_7005.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 

フェラーリ・ランドのジェットコースターが表紙とな [F1]

テクノロジー系のクルマ雑誌Motor Fan illustrated Vol.128 Gの真実 (モーターファン別冊)で、表紙がジェットコースターです。

MFi128_cover.jpg

4月にスペイン・タラゴナ(バルセロナから約100km)にオープンしたフェラーリ・ランドが誇るイチ押しコースターです。

FerrariLand_1.jpg

112mの高さまで一気に上がって降りてきます(あぁ、やだやだ)。右隣に見えるのはピストンを模したフリーフォール。

FerrariLand_2.jpg

なぜ自動車雑誌でジェットコースターかというと、特集で「G」を取り上げているからです。加速度ですが、実質的には加加速度(ジャーク)がテーマとなっています(詳しくは本誌でご確認ください)。

「ジェットコースターの設計はどうなっているのだろうか」との疑問を抱きながらジェットコースターの設計・製造を行う三精テクノロジーズにお邪魔し、話を伺ったところ、このごろ自動車で課題になっていることが同じように課題になっていることがわかりました。

FerrariLand_3.jpg

いまは乗り心地が重要なんだそうです。「はぁ……」って感じです(詳しくは誌面でご確認ください)。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 

ルノーが提示する2027年のF1:R.S. 2027 Vision [F1]

ルノーは4月19日、「オート上海2017」で2027年(つまり10年後)のF1像を提示する「R.S. 2027 Vision」を公開しました。

RS2027_12.jpg

ルノーはF1のキープレイヤーとして、今後少なくとも10年はF1に参戦しつづけるとの意思表明でもあり、その10年間に、モータースポーツで培った革新的な技術を順次量産車に展開していく旨を表明しています。

RS2027_11.jpg

ルノーはR.S. 2027 Visionを通じて、技術を中心としたF1カーの将来像を提示するだけでなく、F1のスポーツあるいはエンターテインメントとしての側面に関しても提案を行っています。

例えば、金曜日の夕方にリザーブドライバーやルーキードライバーを対象にした「ルーキー・ナイト・レース」を開催してはどうかとか、レース距離を250kmに短縮すると同時に、ロングとスプリントの2部に分割してはどうかとか。



車両のコンセプトは「人間中心」です。人間のパフォーマンスが競技の中心であることを伝えるため、コクピットは透明(ハニカム状の構造部材の製造は3Dプリンティングの技術を採用。リサイクル性も配慮)。ヘルメットも透明で、ドライバーの動きや表情が外からわかるようにしています。

RS2027_3.jpg

コクピットはポリカーボネート製のキャノピーを備えたクローズド。ロールバーは格納式で、転倒モードに入ったのを感知すると飛び出す仕組み。リヤウイングは格納&可動式です。

RS2027_8.jpg

コスト抑制の観点から、空力開発の範囲は前後ウイングとエンジンカバー、フロア、ディフューザーに限定。空力パッケージはシーズンあたり3仕様に制限することを提案しています。

RS2027_10.jpg

エンジンカウルを外した状態(&カウルオープン)。

RS2027_9.jpg

エンジンはV6ダウンサイジングターボを搭載。燃料噴射は(直噴ではなく)マルチポイントとしています(直噴&ポート噴射併用?)。これにエネルギー回生システムを組み合わせますが、熱エネルギー回生システム(ERS-H)の言及はなく、出力各250kWの運動エネルギー回生システム(ERS-K)をフロントとリヤに搭載するとしています(LMP1のトヨタTS050ハイブリッドと同様の構成)。

RS2027_5.jpg

エンジンとERS-Kを合わせた出力は1メガワット(1000kW=約1360ps)。車重は600kg。現状の2倍のエネルギー密度を達成したバッテリー(フォーミュラEがシーズン5から搭載する仕様と同等)の搭載を想定。レース走行距離が短くなるのに合わせ、燃料タンク容量は60kgにします(現在は約305kmのレース距離を走行するのに105kgに制限)。

RS2027_6.jpg

展示車両の製作過程です。ターボチャージャー(デカイ!)がしっかり載っているのですね。

RS2027_1.jpg

ギヤボックス(に関する言及はなし)ケーシングも本格的。「超複雑な油圧式サスペンションをやめ、シンプルなアクティブサスペンションにする」とプレスリリースに記述があります。現状のルールに対する不満の裏返しに感じられます。もっと早く実現するかも……。4輪操舵も装備。

RS2027_2.jpg

EV走行(モーターのみの動力で走行)モードも備えており、フォーメーションラップやピットレーン走行での適用を想定しています。その際、通常はホワイトに点灯するLEDライト(ルノーの量産車に共通するCシェイプのライトと側面のルノーダイヤ)のカラーをブルーに切り換えます。

RS2027_13.jpg

ホイールには「アクティブLEDライティング」が仕込まれており、順位やエネルギー残量などを表示。

RS2027_4.jpg

ステアリングホイールのディスプレイには、レースディレクターからの指示やフラッグなどの情報に加え、ファンランキングを表示。ランキング上位のドライバーは最終ラップに追加のブーストが与えられるとしています。フォーミュラEのファンブーストに似た取り組みですね。

RS2027_7.jpg

興味深い提案がたくさん詰まったコンセプトカーです。

http://www.facebook.com/serakota
nice!(5)  コメント(0) 

F1オーストラリアGPで見かけた展示車両(の一部) [F1]

F1オーストラリアGPの会場となっているアルバートパークには、たくさんクルマが展示してありました。市販車からレーシングカーまで、クラシックから最新まで本当にたくさんで、クルマを見て歩るくのに集中すると、走行イベントを見るヒマがないくらいです。

まるで屋外モーターショーのようなおもむき。

IMG_9177.JPG
IMG_9175.JPG

クラシックの例。

IMG_9104.JPG

最新の例。800馬力を発生する7L・V12エンジンを積んだアストンマーティン・バルカン(は、箱入り)。

IMG_9265.JPG

ドラッグレーサー?

IMG_9201.JPG

体験試乗コーナーもあります。

IMG_9206.JPG

コーヒーショップもしゃれたクルマです。

IMG_9116.JPG

ポルシェ・カップのパドックはかなりオープン

IMG_9125.JPG

ポルシェといえば、キッズ・ドライビング・スクールは健在でした。ペダルカーを走らせながら交通ルールを学びます。

IMG_9042.jpg

夕方のセッションまでいっぱいかぁ、と予定表を見ながら嘆息していたら(というか、そもそも参加する資格ないんですが)、「ポスター持って帰りなさい」と受付のお姉さんが手渡してくれました。

IMG_9063.JPG

数あるクルマの中で個人的にもっとも目を引いたのは、ルノーのクルマでした。壁に張り付いたF1? いえいえ。

IMG_9138.JPG

これです。エトワール・フィランテ(シューティングスター=流れ星)と名付けられた1956年の速度記録車です。ボンネビルのソルトフラットを走り、1km平均306.9km/h、5km平均308.9km/hを記録したそう。

IMG_9132.JPG

いかにも人の手でつくったカタチがいいですね。そして、ガスタービンエンジン搭載。

IMG_9168.JPG

ニコラ・プロストが運転しております。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(7)  コメント(0) 

メルボルン&アルバートパーク散歩 [F1]

走行セッションが始まるのが遅いのをいいことに(そのかわり、ホテルに戻るのも遅いのです)、サーキットに向かう道中寄り道をして、街を少し歩きました。といっても、フリンダースストリート駅のまわりをちょっと歩いただけですが。

IMG_8941.JPG

きっとビール好きだからでしょう。F1をスポンサードするハイネケン(Heineken)の広告が目が留まります。

IMG_8936.JPG

ここにもハイネケン。

IMG_8999.JPG

同じ場所でサッポロビール。

IMG_8997.JPG

ビルの壁にF1オーストラリアGPの告知看板。

2017
IMG_9012.JPG

15年前はまだ電子看板ではなく、こんな看板が掛かっていました。懐かしい。ちょっと複雑な気分でもあります。

2002
020304MS_ad.JPG

ツーリストインフォメーションの建物もF1の告知で覆われています。

IMG_8970.JPG

ツーリストインフォメーションにあるメルボルンのダウンタウン全景。左上にちょこっと見える緑の部分が、サーキットのあるアルバートパーク。スケールが違うっちゃ違いますが、日比谷公園でF1やって銀座で遊ぶみたいな感覚の、街とサーキットが近い感じがいいですね。山下町でF1やって中華街でごはんでもいいですが……。

IMG_8983.JPG

ツーリストインフォメーション前で踊っています。

IMG_8993.JPG

アルバートパークのハイネケンビレッジでは別の踊り。

IMG_9094.JPG

気温が30℃に達する炎天下、我ながらよく我慢したと思いますね。頭んなかハイネケンとサッポロビールでいっぱいです。

IMG_9088.JPG

ハイネケンビレッジに隣接する飲食コーナーはアートなムードが漂っています。

IMG_9114.JPG

フリープラクティス3はターン11を望むBrocky's Hillで観戦しました。10代、20代、30代の男女のカップルおよびグループ、それに家族連れが多かったように感じました。

IMG_9054.JPG

地元ドライバーのダニエル・リカルド選手、オーストラリアの自動車販売サイトのアンバサダーを務めているようです。

IMG_9197.JPG

スマイル押しです。

IMG_9195.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 

ピットウォークで2017年型F1マシンを観察 [F1]

F1オーストラリアGPはサポートイベントが充実しており、木曜日からトラックアクティビティが盛りだくさんです。「オーストラリアンGT」(FIA GT3車両)、「ポルシェ・カレラ・カップ」、(日産アルティマなどが参戦するV8)「スーパーカーズ」などのセッション(レースを含む)があります。

というわけで、ピットレーンをゆるゆると歩いて整備作業中のF1車両を見て回るチャンスがありません。すべてのセッションが終了した夕暮れ時、ピットウォークのタイミングでピットレーンに出ました。この混雑です。

IMG_8662.JPG

とてものんびり眺めていられるような状況ではありません。混雑をかき分けて、車検を終えた車両がガレージに戻っていきます。たまたまフォース・インディアの車両が横をすり抜けていきました。

IMG_8669.JPG

フォース・インディアのピンク、実物見るとイチゴミルク色ですね。マットな塗装。

IMG_8670.JPG

例に漏れず、ザウバーも空力にアップデートを施してきました。ディフューザーもそのひとつ。上位チームは2016年の2月頃から2017年型マシンの空力開発に着手していますが、ザウバーが開始したのは8月だそうで、遅れは必至。テクニカルディレクターのヨルグ・ザンダーによると、空力開発は1ヵ月でラップタイム0.2秒分の性能向上が見込めるそうですが、開発着手の遅れにより、ザウバーは1.2秒分のビハインドを背負っていることになります(空力だけで)。

「バルセロナテストのときよりは良くなっているけど、全然足りてない」と言っていました。

IMG_8693.JPG

めくれ上がったルノーのフロア前端(矢印)ですが、一体成形ですね。その前方にある「フ」の字形のフィン、2008年までと同じで、今後も当たり前デバイスになっていきそうです。

IMG_8705.jpg

マクラーレンはピットストップの練習中でした。バージボードエリアの複雑な作り込みをじっくり観察。

IMG_8734.JPG

フロントウイングの裏です。設計コンセプトは2016年までと変わっていません。

IMG_8779.JPG

フォーワードバージボードの付け根(矢印)はダクトになっているのでしょうか。ブレーキダクトには、計算どおりに空気が流れているのかどうかを調べる目的で、測定器具が仕込んであるように見えます(丸囲み)。

IMG_8781.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(8)  コメント(0) 

2017年型F1マシンを斜め後方から眺める [F1]

ピットレーンの出口にスタート練習用のグリッドが設けられています。フリープラクティス中はピットアウトする際に必ずと言っていいほど(ウイリアムズは例外でした)練習用グリッドにつき、スタート練習をするので、そのタイミング(フリープラクティス2回目です)を狙って写真を撮りました。

IMG_8847.JPG

似たようなアングル(ウイリアムズだけちょっと違うのが残念)で見比べると、各車の特徴が見えてきます。

Mercedes-AMG F1 W08 EQ Power+
IMG_8871.JPG

Red Bull RB13
IMG_8863.JPG

Ferrari SF70H
IMG_8890.JPG

Force India VJM10
IMG_8869.JPG

Williams FW40
IMG_8854.JPG

McLaren MCL32
IMG_8893.JPG

Renault R.S.17
IMG_8886.JPG

Toro Rosso STR12
IMG_8856.JPG

Haas VF-17
IMG_8910.JPG

Sauber C36
IMG_8879.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 

F1オーストラリアGPのパドックで見かけたあれこれ [F1]

木曜、金曜とパドック(ガレージの裏)を歩いてみました。一番奥(ピットレーン入り口寄り)はザウバーのガレージです。C36のエンジンカウルに施してあるのと同じ、F1参戦25周年を記念したロゴがあしらってあります。

IMG_8611.JPG

歴代ドライバーの名前が記してあります。

IMG_8616.JPG
クリックで拡大)

燃料&潤滑油をエッソに切り替えたレッドブル(ルノー製パワーユニットを搭載)のガレージ裏に、ガソリン(54L入り×9本)が届いたところ(木曜日)。

IMG_8645.JPG

こちらは2016年型フェラーリのパワーユニットを搭載するザウバーの燃料(50L入り)。色が別のブランドを連想させますが、中身はシェルのよう。

IMG_8620.JPG

フリープラクティス1のセッション中、使用済みタイヤの状態をチェックするピレリのエンジニア

IMG_8825.JPG

ミツトヨのゲージを使っています。

IMG_8830.JPG

表面をきれいにしています。

IMG_8831.JPG

フロントホイールの内側にサーモラベルが貼ってありました。

IMG_8837.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0)