So-net無料ブログ作成
検索選択
ビアライゼ ブログトップ
前の10件 | -

Tomoka Brewingのレッドエール [ビアライゼ]

思い出したように(実際そうなので)ビールネタです。デイトナビーチで訪れたレストランのひとつが、31 Supper Clubでした。正確には、デイトナビーチの北数マイルにあるオーモンドビーチにあります。

IMG_6782.jpg

テーブルに着く前に一杯やろうということになり、屋外にあるバーカウンターに向かったわけです。というより、店に入ろうとしたらバーカウンターが目について一杯ひっかけることになった……が正解だったかな……。

店に入ってしばらくしてから、この店が1930年代のシカゴをイメージしていることを知りました。そう思ってよく見ると、バーの装飾も1930年代のアメリカンアールデコ風?

IMG_6776.jpg

で、ビールです。地元のビールがあるかどうか聞いたところ「トモカ」(Tomoka Brewing産のビール)ならあるとのことでしたので、それを注文しました。出てきたのは、この日(いつも?)On Tapだったレッドエールです。「トモカ」が何を意味するのか気になりますが、確かネイティブアメリカンに由来していたかと。オーモンドビーチの北にはトモカの名を冠した地名や公園があります。

IMG_6779.jpg

地元産のビールを飲むことができて、幸せです。Tomoka Brewing、デイトナビーチにブルーパブがあるよう。

IMG_6781.jpg

31 Supper Clubの店内には、近くにあったアールデコの館から移設したというレリーフがありました。

IMG_6786.jpg

トイレが独特の雰囲気。

IMG_6784b.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ブエノスアイレスの肉とビールなど [ビアライゼ]

ブエノスアイレスといえば肉だそうですので、食べました。18年前に訪れたときも、その前の年も到着した日の晩に食べた覚えがあります(店の場所は覚えていません)。

これはどう見ても肉を食べさせる店だろう(まさか牛乳じゃないよね)という看板もありますが……

IMG_9642.jpg

店の中を覗きつつ通り過ぎて、この店に入りました。

IMG_9645.jpg

「コーベビーフ(アルゼンチン産)もあるよ」と勧められましたが、オーソドックスな肉を食べます。

IMG_9653.jpg

アルゼンチンに来たら食べておいて間違いないでしょう。脂っこくないので、スッと胃に収まります。

IMG_9654.jpg

つけ合わせ多すぎ。

IMG_9656.jpg

さて、肉のお供といえばビールです(何でもビールですが)。ステラ・アルトワ(ベルギー)の看板なども見かけましたが、せっかくなのでアルゼンチンのブランドにこだわりたいところです。

IMG_9641.jpg

地元も地元、ブエノスアイレス生まれのキルメス(Quilmes)。ライトな喉ごしのラガーでした。

IMG_9651.jpg

目指していたわけではなく迷い込んだ感じなのですが、観光地っぽいところに出くわしました。1810年5月25日に起きた「5月革命」に由来する5月広場(だと知ったのは後日)。

IMG_9880.jpg

5月広場に面したバラ色の壁の大統領府(だと知ったのは、ついさっき)。

IMG_9876.jpg

時間をかけて建築散歩したくなる街ですね。

IMG_9888.jpg
IMG_9892.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ホフブロイハウス [ビアライゼ]

マリエン広場から歩くこと数分、ホフブロイハウスが見えてきました。

IMG_7058.jpg

繁盛しているはずなのにずいぶん静かだなぁ。開いているのかなぁ、とじゃっかん心配になったのですが、どうやら路地を1本間違ったらしく、裏口でした。

IMG_7061.jpg

正面はこちら。ひっきりなしに人が吸い込まれ、吐き出されていきます。

IMG_7159.jpg

では、入りましょう。

IMG_7151.jpg

にぎやかです。

IMG_7147.jpg

ショッピングモールのカフェテリアと同じで、空いている席を早い者勝ちでとる仕組み。席に着くと持ち場のウエイターが注文をとりにきます。

IMG_7143.jpg

ラッキーなことに、楽団の近くにある席が空いていました。6〜8人がけのテーブルです。座ってほどなくすると、アメリカ人らしきグループ(老カップル×2)がやって来て、「いいかしら?」と聞いてきたので、快諾しました。「どこから来たの?」と聞かれたので、「どこから来たんですか?」と聞き返すのが礼儀でしょう。格好や言葉からだいたい想像ついていましたが。

「アメリカよ」「アメリカのどこですか?」「ミネソタ」「……」「どこだかわかる?」「どこでしたっけ?」「真ん中の北」などという大ざっぱなやりとりをしつつ、一緒に繁盛店のムードを堪能。

IMG_7141.jpg

ほろ酔い加減で聴くのにちょうどいい演奏です。



まずは定番のホフブロイ・オリジナル(ラガー/1L/8ユーロ)を注文。

IMG_7101.jpg

ソーセージの盛り合わせ(11.9ユーロ)をたのみました。

IMG_7115.jpg

すでにお腹いっぱいですが、意地でミュンヒナー・ヴァイス(0.5L/4.2ユーロ)を飲みます。

IMG_7126.jpg

売り歩いているプレッツェルを買って食べたい気持ちは山々でしたが、どうにもお腹いっぱいで諦めました。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

サンヴァルト(ヴァイツェン)とディンケルアッカー(ピルス) [ビアライゼ]

シュツットガルトに戻ってきました(実際にはすでに別の場所に移動していますが)。初日とは別の宿に泊まります。モダンな外観。

IMG_5301.jpg

でも室内はとても質素。デコレーション満載なザールブリュッケンのホテルの後だけに、質素さが際だって見えます。実はユースホステル。若くないんですけどね。似たようなおっさん(ヨーロッパの人々ですが)も結構泊まっていました。家具は質素ですが、高い天井といい、床から天井までの窓がもたらす明るさといい、とても心地のいい空間です。3人部屋を独り占め(^_^)v

IMG_5279.jpg

窓の外が線路なのは、ザールブリュッケンの宿と同じ(今回は「駅」でもありますが)。「難」はWi-Fiがロビーでしか拾えないこと。部屋は4階。用があるたびに行ったり来たりを強いられるのですが、あるとき部屋に戻ってみると、ドアが開いています。「あれ?」と思って中に入ったら、若者がふたりスーツケースを広げて中身を物色しています。

「おいおい、何してるんだよ!」と言いかけたところで、スーツケースが自分のではないことに気づきました。黙って後ずさりし、部屋番号を確認したところが上の階(つまり5階の同じ番号)。そのままそーっと退散しました。

IMG_5289.jpg

売店で買った缶ビールを部屋でこっそり飲んだりしてはいましたが、外でタップから注がれるビールを飲むのはドイツ滞在4日目にして初めてです(だから、大目に見て、という意味です)。店の外観だけでサービスやら味やら雰囲気やらを判断し、突撃します(小さな街なので、そんなに選択肢ないんですけどね)。

IMG_6466.jpg

シュトゥットガルト産のヴァイツェン、SANWALD(サンヴァルト)です。なんかちょっと物足りない印象でした。機会があったらもう一度トライしてみましょう。

IMG_5297.jpg

「今日のメニュー」に載っていたので、ホワイトアスパラガスを注文。3回目ですが、ZFのランチでごちそうになったのがベスト。これで12.8ユーロですが、そう考えるとポルシェの社食で付いていた値段(4.8ユーロ)は破格ですね。

IMG_5298.jpg

ヴァイツェンの印象があまり良くなかったので、翌日はピルスにしました。DINKEL ACKER(ディンケルアッカー)です。苦みが利いていますね。こちらは好印象。

IMG_6461.jpg

背景に見える壁絵は七人のこびと。

http://www.facebook.com/serakota


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツで飲んだヴァイツェンとピルス [ビアライゼ]

フランクフルトモーターショーの会場でベックス(Beck's)が飲めることは、2年ごと(ショーの開催サイクルが2年おきなので)にお伝えしていると思いますが、今回も飲みました。写真、取り忘れました。

2年前の様子はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2011-09-25

会場にはヴァイツェン(Franziskaner:フランツィスカーナー)を飲ませるスタンドもありました。2日目の夕方に発見したのですが、疲れ果てていて、飲む気力が残っていませんでした(めずらしい)。

DSCN7639.JPG

そのかわり、ホテルに戻ってひと息ついてから飲みに出ました。エルディンガー(Erdinger)のヴァイツェン。定番ですね。

DSCN7670.JPG

そういえば、前の晩もエルディンガー。

DSCN6401.JPG

旧東ドイツ領のアッシャーズレーベン(Aschersleben)に移動してからも、基本的にはヴァイツェンで押し通しましたが、珍しく、というか初めてバナネン・ヴァイツェンを注文してみました。ヴァイツェン(定番のパウラナー:Paulaner)にバナナネクターをミックスした飲み物です。んが、甘すぎて、半分で断念しました。

DSCN7771.JPG

そのとき注文した料理はウィンナーシュニッツェルです。肉そのものよりも付け合わせのグリーンピースが印象的。この先3年くらいは食べなくてもよさそう。

DSCN7770.JPG

アッシャーズレーベンに移動してからは、お初のピルスにも出会いました。ウーァ・クロシュティッツァ−(Ur-Krostitzer)。ライプチヒのビールだったのですね。そうと知っていればもっと味わっておけばよかった。

DSCN7765.JPG

こちらもお初のピルスで、ヴェルネスグリューナー(Wernesgruner)。やはり旧東ドイツ領(チェコとの国境に近い)のビールで、地名が醸造所名/商品名になっています。ホップの利いた味わいでした。

DSCN7944.JPG

せっかくなので醸造所のひとつでも……いや、時間なかったなぁ。こうして写真を並べるとビールばかり飲んでいるように感じるかもしれませんが、そんなことはありません(説得力なし)。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

金太郎(ケルン) [ビアライゼ]

フランクフルト空港でヴァイツェン飲んでいるわけですが、短いケルン滞在中、日本食レストラン「金太郎」にお邪魔しました。もう、お約束です。行かないと落ち着かない。

DSCN2781.JPG

並びにはケルシュを自家醸造するレストラン、「Päffgen(ペフゲン)」もあって、できればはしごしたい(実現したためしはありません)。

過去エントリー↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2012-08-03

金太郎でも、ケルシュで通します。

DSCN2772.JPG

東京料理屋より居心地がいいのは、ひとえにカウンターの隅に陣取る店主(クルマ好き、カメラ好き)の人柄のおかげ。

DSCN2775.JPG

しかも料理がうまい。

DSCN2778.JPG

ケルンにお立ち寄りの際はぜひ。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

クラフトビアマーケット [ビアライゼ]

ようやく3日前のアルコールが抜けたのでアップします(やや大げさ)。虎ノ門にクラフトビールを飲ませる店があるというんで、打ち合わせ先の神保町から電車で移動し、案内してもらいました。クラフトビアマーケット虎ノ門店。要予約です。開店直後なら、運が良ければ席は見つかります。

DSCN2221.JPG

「神保町にもお店ありますよ」という新情報をうれしさ半分、悲しさ半分で受け止めつつジョッキを傾けます。30種類ほどの国産地ビールが選べますが、どうしても好みのヴァイツェンを攻めてしまう。次はエールを攻めよう(と予告)。

DSCN2224.JPG

壁に並んだタップが壮観です。ビール(しかも国産地ビール)の種類が豊富なのもさることながら、店長さんはじめ、スタッフの感じがとてもいいので居心地がいい。

DSCN2225.JPG

そして、料理がうまい(し、安い)。

DSCN2227.JPG

ランチもやっています。いいなぁ、都会に勤めている人は。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フランクフルトで乗り継ぎ中 [ビアライゼ]

どこに行くにも(ヨーロッパ限定ですが)ドイツフランクフルトミュンヘン)経由なのは、ひとえにこのためと言って過言ではありません。ヴァイツェン(あるいはヴァイスビア。写真はフランツィスカーナー)。我慢することも多いのですが。

FSCN0389.JPG

それより早くふとんにもぐり込みたい。先はまだ長いし、明日の朝は早いし……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

Foster's(フォスターズ) [ビアライゼ]

F1開幕戦が待ちきれなくて、フォスターズ箱買い(ホントは安かったから)。

DSCN8810.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

オリオンビール [ビアライゼ]

沖縄といえばオリオンビール。のような気がします。テレビを見ていると、頻繁にCM流れますし。きっと、沖縄県内の流通量だけで商売が成立しているのでしょう(成立していると信じたい)。

DSCN7658.JPG

スーパーマーケットでもコンビニでも、東京では見かけない商品がいっぱい。

orion.JPG

沖縄ではもうそろそろ「桜」の季節なのですかね。立ち寄ったスーパーマーケットでは、季節限定醸造の「いちばん桜」をお歳暮に勧めていました。

DSCN7538.JPG
DSCN7540.JPG

あ、そういえば泡盛の蔵元が地ビール作っていたな。寄れるかな……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - ビアライゼ ブログトップ