So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ポルシェ919ハイブリッドの発表前後など [モータースポーツ]

3月31日に公開されたポルシェ911ハイブリッド2017年仕様についてはすでにお伝えしています。

ポルシェ919ハイブリッド新旧比較・2017年版↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-04-01-1

ポルシェ919ハイブリッド2017年仕様のサイドポッドのバリエーション↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-04-03

コース(イタリア・モンツァ)上での記念撮影は14時からだったのですが、13時からメディアセンターで行われたポルシェGTチームの記者会見&囲み取材に参加しつつ窓から外を見ると……。

写真撮影に向けてポルシェ各車を位置決めしているところでした。919抜きの写真も撮っていた様子。

IMG_0391.JPG

準備完了。919ハイブリッド2017年仕様はベールを被っています。

IMG_0401.JPG

LMP1担当副社長のフリッツ・エンツィンガー(右)とチーム監督のアンドレアス・ザイドルがベールをはがします。

IMG_0409.JPG

当日は919に夢中で取り巻きの3台をじっくり観察する余裕がありませんでしたが、ハイブリッドつながりのチョイスだったのですね。

IMG_0439.jpg

LMGTEの919 RSRと並ぶと、LMP1の919ハイブリッドが意外にコンパクトなのがわかると思いますが、いかがでしょう。

IMG_0593.JPG

今回の主役は919ハイブリッドですので、近づいて観察します。ポルシェの広報スタッフは我々の気持ちをわかっていて、ポーズ写真の後に「近寄っていいよ」と言ってくれます。「でも、触っちゃだめだからね」と念押し。

フロントフェンダー後ろの細かな処理は健在。

IMG_0473.JPG

LEDヘッドライトの素子を見ます。5つの素子でひとつのユニットを構成しているよう。

IMG_0524.JPG

サスペンションユニットを逃げるようにエンジンカウルの一部がふくらんでいますね。

IMG_0485.JPG

リヤウイング翼端板の前縁は外側に傾いています。ウイング側に効率良く空気を流すのが狙い、でしょうか。

IMG_0481.JPG

記念撮影時に最後方にいたのは、パナメーラ・ターボS Eハイブリッドでした。

IMG_0629.JPG

919ハイブリッドや911 RSRと同じカラーリング

IMG_0542.JPG

こちらは918スパイダー。

IMG_0620.JPG

もたもたしていたら残りの1台は片付けられてしまいましたので、ポルシェ・ミュージアムで撮影したカットで代用。911 GT3 R Hybridです。2010年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦。

IMG_5909.JPG

他の3台はエネルギー貯蔵装置にリチウムイオンバッテリーを用いていますが、911 GT3 R Hybridは電動フライホイールにエネルギーを蓄えます。2012年には、小容積であることを重視したアウディR18 e-tron quattroが電動フライホイールを搭載。どちらもウイリアムズ・ハイブリッド・パワー製。

IMG_5916.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ919ハイブリッド2017年仕様のサイドポッドのバリエーション [モータースポーツ]

プロローグ(WEC合同テスト)の写真撮影に登場したポルシェ919ハイブリッド2017年仕様と、公式写真の2017年仕様とでは、サイドポッドの仕様が異なることを、前回のエントリーで紹介しました。

ポルシェ919ハイブリッド新旧比較・2017年版↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-04-01-1

プロローグ初日(Day1)にアスカリシケインで走行を眺めていたら、ポルシェ919ハイブリッドの1号車と2号車で、サイドポッドの仕様が異なることに気づきました。写真が不鮮明なのはご容赦ください。観客席の中段からコンデジで撮ったもので(なんだかスパイショットみたい……)。

2号車は前日の写真撮影に現れた、サイドポッド前端開口部が小さく、上面にバンプがある仕様です。

Porsche 919 Hybrid #2 / Prologue Day 1
IMG_1058.JPG
IMG_10582.JPG

一方、1号車はバンプの部分がオープンになっており、開口部が広くなっています。同じ条件下、異なる仕様で走らせて、空力性能と冷却性能のバランスを評価していたのでしょうか。

Porsche 919 Hybrid #1 / Prologue Day 1
IMG_1049.JPG
IMG_10492.JPG

プロローグ2日目は1号車も2号車もオープンタイプのサイドポッドで走っていました。ピットレーンに面したメディアセンターから撮影したので、ちょっとはマシ?

Porsche 919 Hybrid #1 / Prologue Day 2
IMG_1213.jpg

それにしても、変わったカタチしていますねぇ。

Porsche 919 Hybrid #1 / Prologue Day 2
IMG_1213B.jpg

本番はどっちで臨むのでしょう……。

Porsche 919 Hybrid #1 / Prologue Day 0
IMG_0848.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

【WEC】プロローグ1日目午後のセッションの観客席など [モータースポーツ]

WEC(FIA世界耐久選手権)の合同テスト「PROLOGUE(プロローグ)」が始まりました。

IMG_0961.JPG

サーキットが市街地から近いからでしょうか。南仏ポールリカール時代に比べて観客が多いように感じます。午後のセッション(14時〜17時)中、アスカリシケインからパラボリカに向かうストレートと、メインストレートに挟まれたインフィールドの様子。写真奥が第1&アスカリシケイン方向。

IMG_0962.JPG

ピットロード出口あたりのストレート区間をくぐって、コースの外側に出るトンネルを望みます。

IMG_0966.JPG

旧オーバルコースのバンク越しに第1シケインを望みます。雨の予報も出ていたのですけどね。いい天気でした。半袖の人多数。

IMG_0985.JPG

第1シケインでの観戦を終え、アスカリシケインに向かいます。森のなかを同じように移動する人がたくさんいます。

IMG_0987.JPG

アスカリシケインです。

IMG_1003.JPG

若者グループ、カップル、親子、さまざまです。F1イタリアGPの金曜日くらいの人出はゆうにあったように感じました。

IMG_1020.JPG

物販エリアも大繁盛。

IMG_1065.JPG

パドックの外側。

IMG_1076.JPG

パドックです。ミシュランのタイヤフィッティングエリアをのぞき込む人たち。

IMG_1095.JPG

パドックもオープンですので、ご覧のとおりにぎやかです。19時からのナイトセッション(〜21時)を前に雨が降り出しました。ときおり雷鳴。

IMG_1096.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ919ハイブリッド新旧比較・2017年版 [モータースポーツ]

3月31日の午後、イタリア・モンツア(Autodromo Nazionale Monza)でポルシェ919ハイブリッド(LMP1-H)の2017年仕様が発表されました。記念撮影は、横綱が大関以下を引き連れているような豪華なラインアップ。中央が919ハイブリッドです。

919_2017_prologue_1.JPG

ポルシェ911 RSR(LMGTE Pro/右)とのツーショットもありました。

919_2017_RSR.JPG

新旧比較・2016年版はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2016-03-29

では、2016年仕様と見比べてみましょう。2016年のWEC開幕戦シルバーストンまでは、2015年仕様と同じ4眼LEDのヘッドライトでした。

Porsche 919 Hybrid_2016 Launch Ver.
919_2016_front.jpg

2016年第2戦スパから新型ヘッドライトを投入。

Porsche 919 Hybrid_2016 New Headlights
919_2016_2_front.jpg

2017年仕様も複眼LEDのヘッドライトを受け継いでいますが、フロントホイールアーチがワイドになった影響で(ドラッグ=空気抵抗減に効果があるそう)表情がずいぶん違って見えます。

Porsche 919 Hybrid_2017 Official Photo
919_2017_front.jpg

プロローグ(WEC合同テスト)に持ち込まれたロードラッグ仕様はヘッドライトハウジングの処理が異なります。公式写真の車両に比べてヘッドライトハウジングが小さいようですし、ハウジング内部のライトユニット以外の部分がブラックアウトされているため、目の存在感が弱くなっています。

Porsche 919 Hybrid_2017 Prologue
919_2017_front_prologue.jpg

サイドビューを見てみましょう。2017年仕様はフロントオーバーハング(スプリッター)が長くなっている?

Porsche 919 Hybrid_2016 Rd.3 Le Mans
919_2016_side_LM.jpg

Porsche 919 Hybrid_2017 Official Photo
919_2017_side.jpg

リヤです。基本的なフォルムは受け継いでいるようです。2016年仕様までは上面がフラットでしたが、2017年仕様はフロントホイールアーチとモノコックがつながっていません。トヨタTS050ハイブリッドと同じで、規則変更によって失ったダウンフォースを取り戻すための策。

Porsche 919 Hybrid_2016 Prologue
919_2016_rear.jpg

Porsche 919 Hybrid_2017 Prologue
919_2017_rear.JPG

2017年仕様は、アンダーカットの大きなサイドポッドが目を引きます。アンダーカットが大きいため、前端の開口部は極端に小さくなっています。上面に不自然なこぶ(チームプリンシパルのアンドレアス・ザイドルが表現するところの「バンプ」)が確認できます(矢印)。これは、サイドポッド内部に収める熱交換器等の都合ではなく、空力的な理由。バンプがあることで、リヤの効率が高くなるのだそう。

Porsche 919 Hybrid_2017 Prologue
919_2017_prologue.jpg

ポルシェが公開した写真の仕様はプロローグに持ち込まれた仕様とは形状・構成が異なります。

Porsche 919 Hybrid_2017 Official Photo
919_2017_official.jpg

公式写真の仕様は開口部が上下2段になっており、上面はフラットです。

Porsche 919 Hybrid_2017 Official Photo
919_2017_front_top_official.jpg

一方、プロローグに持ち込まれたロードラッグ仕様はアンダーカットが大きくて開口部は極薄。かつ、バンプ付き。

Porsche 919 Hybrid_2017 Prologue
919_2017_front_top_prologue.jpg

リヤビューミラーがフロントホイールアーチに埋め込まれているのもポルシェ919ハイブリッド2017年仕様の特徴(矢印)。

Porsche 919 Hybrid_2017 Prologue
919_2017_mirror_1.jpg

そのリヤビューミラー、左右で位置が異なります。ドライバーの着座位置は左。視認性を考えてのことでしょう。

Porsche 919 Hybrid_2017 Prologue
919_2017_mirror_2.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

トヨタTS050ハイブリッド新旧比較・2017年版 [モータースポーツ]

開催地はポールリカールからモンツアに変わりましたが、トヨタは例年どおり合同テストの前日に新型マシンを発表しました。

IMG_0312.JPG

2015年版の新旧比較はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2015-04-02

2016年版の新旧比較はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2016-03-27

スピード抑制を狙いとした規則変更により、フロントスプリッターの位置は高くなり(2016年比+15mm)、ディフューザーは狭く、低くなります。2016年仕様をベースにフロントスプリッターとディフューザーを規則対応させると、ダウンフォースが減ることによって空力効率は100ポイント(L/D=1)落ちて、ル・マンでのラップタイムは4秒落ちる計算になるそう。

それをどこまで取り戻すかが、2017年仕様における空力開発のテーマです。

以下、写真はすべてハイダウンフォース仕様(合同テスト=プロローグには、ル・マンを念頭に置いたロードラッグ仕様が持ち込まれています)。

Toyota TS050 Hybrid_2017
TS050_2017_top.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2016
TS050_2016_top.jpg

ノーズと、ホイールアーチとノーズをつなぐパネルの位置が高くなっていますね。ヘッドライトはHIDからLEDに変わっています。視認性向上と軽量化(左右で2kg減)が狙い。

Toyota TS050 Hybrid_2017
TS050_2017_front.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2016
TS050_2016_front.jpg

2016年仕様まではモノコックとフロントホイールアーチの間にターニングベーンがありましたが、スピンモードに陥って横向きになった際にリフトを発生して危険という判断から禁止されました。

Toyota TS050 Hybrid_2017
TS050_2017_rear.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2016
TS050_2016_rear.jpg

トヨタTS050ハイブリッドの2017年仕様を見ると、ホイールアーチとモノコックをつなぐバーが確認できます(矢印)。「ホイールアーチを支える構造上必要」とテクニカルディレクターのパスカル・バセロンは説明してくれましたが、カタチを見ると、空力的な役割も担っていそうです。

IMG_0379.jpg

サイドポッドのアンダーカットが大きくなったのも2017年仕様の特徴。

Toyota TS050 Hybrid_2017
TS050_2017_side.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2016
TS050_2016_side.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2017
TS050_2017_rear2.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2016
TS050_2016_rear2.jpg

リヤホイールアーチの前側に開口部があり、ディフューザー上部に向かって空気が流れる構造になっています。タイトなサイドポッドといい、リヤへの流路といい、失ったダウンフォースを取り戻すための策でしょう。

IMG_0353.jpg

真後ろから眺めると、ディフューザーがずいぶん小さくなっているのがわかります。リヤホイールアーチ後端に施したボートテール状の処理は、2016年のロードラッグ仕様で投入したソリューションを踏襲。エンジンカウルの跳ね上げが大胆です。

Toyota TS050 Hybrid_2017
TS050_2017_rear3.jpg

Toyota TS050 Hybrid_2016
TS050_2016_rear3.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

PROLOGUE(WEC公式テスト)準備中のモンツア [モータースポーツ]

PROLOGUE(プロローグ)と呼ぶWEC(FIA世界耐久選手権)の合同テストが、イタリアのモンツアで4月1日と2日に行われます。2016年までは南仏ポールリカールで開催されていました。モンツアでの開催は初めて。

IMG_0229.JPG

その前日、31日にはLMP1-Hに参戦するトヨタポルシェが2017年型マシンを発表します。30日(つまり本日)は他のカテゴリーも含めて準備中というわけです。

IMG_0201.JPG

フォードGTのトランスポーター。

IMG_0140.JPG

ミシュランはタイヤの準備中。

IMG_0162.JPG

ポルシェLMP1のトランスポーター。

IMG_0156.JPG

2年連続マニュファクチャラーズチャンピオンと18回目かつ2016年のル・マン優勝を示すロゴ。誇らしげ、ですね。

IMG_0154.JPG

日の丸もはためいております。

IMG_0137.JPG

LMP2がいっぱい並んでいますが、2017年は全車オレカ07。

IMG_0098.JPG

唐草模様の風呂敷に見えてしまいます……。

IMG_0083.JPG

機会を見つけてディテールなどもチェックしていきましょう。

IMG_0181.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

アウディRS 5 DTM 2017(新旧比較) [モータースポーツ]

アウディが2017年シーズンのDTMに投入するRS 5 DTMが、3月7日のジュネーブモーターショーで発表されました。量産RS5クーペと同じタイミングでの発表でした。

RS 5_2017_6.jpg

こちらが最新のRS 5 DTM。

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_7.jpg

こちらは2016年仕様。開発が凍結されておりましたので、ルックスは2015年仕様と同じです。

Audi RS 5 DTM(2016)
RS5_2016_5.jpg

DRS(ドラッグ削減システム)の方式が変わっていますが、その件については過去のエントリーで紹介していますので、そちらを参照ください↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-02-24

2017年は「ダウンフォース削減」を目的にレギュレーションが変更されており、フロントスプリッター/アンダーフロア/リヤディフューザーのスペックが変わっています。また、ライドハイトは高くなっています。

それでも、2016年より速くなっているそうで、理由はタイヤの変更とエンジンの出力向上です。ハンコック製(1社供給)のタイヤはよりソフトになりました(その代わり早く性能劣化します)。吸気リストリクター径の拡大(28.0mm×2→29.0mm×2)により、エンジン(4.0L・V8自然吸気)出力は460psから500ps以上に向上しています。

DTM_Audi_Engine_2015.jpg

フロントグリルの穴は透明のフイルムを貼ってふさいであります。エンジン吸気とラジエター冷却用の空気は、バンパー部分から取り入れます。

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_5.jpg

ラジエター冷却エアを排出する開口部の処理が変わっていますね。リヤビューミラーのステーはスリットがなくなり、1枚ものになっているよう。

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_2.jpg

Audi RS 5 DTM(2016)
RS5_2016_2.jpg

サイドビューを見てみましょう。

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_1.jpg

Audi RS 5 DTM(2016)
RS5_2016_1.jpg

ラテラルダクトの処理が一新されています。

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_9.jpg
クリックで拡大)

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_8.jpg

Audi RS 5 DTM(2016)
RS5_2016_4.jpg

ジュネーブショーに展示された車両のリヤホイールアーチはリヤバンパー側に貫通していなかったのですが、3月13日のバレルンガテストに現れた車両は貫通していました。

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_4.jpg

2016年仕様と2017年仕様では、ディフューザーの形状も異なります。切り欠きがいいですね。

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_10.jpg

Audi RS 5 DTM(2016)
RS5_2016_3.jpg

バレルンガテストを走った車両は、リヤフェンダー後端部の処理がジュネーブショー展示車両とは異なります。

Audi RS 5 DTM(2017)
RS5_2017_11.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

タジマモーターコーポレーションのパイクスピーク参戦車両(空力) [モータースポーツ]

タジマモーターコーポレーション(静岡県磐田市)に、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)参戦車両の取材に出かけました。記事は発売中のMotor Fan illustrated Vol.126 エアロダイナミクスを可視化する (モーターファン別冊)に掲載されています。

TMC_1.jpg
TMC_2.jpg
TMC_3.jpg

ひとくちにPPIHC参戦車両といっても、1980年代後半から振り返らなければならないので(途中、未参戦の期間もありますが)、対象車両は20台に達します。今回は企画に合わせ、泣く泣く「空力」にテーマを絞って話をうかがいました。車体やエンジンやサスペンションの話もうかがいたかったのですが、とても1日では足りません……。

自社風洞を見せていただきました。PPIHC参戦車両は20%スケールで試験を行っています。ムービングベルトに載っているのは、2016年型のTajima Rimac E-Runner Concept_One。EVです。

IMG_8148.JPG

風洞の概要です。施設貸しも行っています。

IMG_8150.JPG
クリックで拡大)

スケールモデルの上方に位置する荷重センサーと車高調整装置。

IMG_8183.JPG

荷重センサーはスケールモデルの後方にもあります。ターンテーブルは20度まで角度変更が可能。

IMG_8174.JPG

1995年のSUZUKISPORT Twin Engine ESCUDOと2011年のMONSTER SPORT SX4 Pikes Peak Specialを見せていただきました。どちらかというとフロントの方が大事なのですが、迫力あるリヤに目を奪われます。

こちらは1995年仕様。

IMG_8264.JPG

4気筒ターボエンジンです。

IMG_8254.JPG

2011年の総合優勝車両。前後重量配分は53対47だそう。車重は1090kg。

IMG_8349.JPG

910ps/90.5kgmの高出力/大トルクを発生する3.1L・V6ツインターボエンジンです。

IMG_8310.JPG

まさにモンスター



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Robocarの実車、公開される [モータースポーツ]

ドライバーレスの自動運転電動車両によるロボレース(Roborace)は、実現に向けて開発が続けられています。2月27日にロボカー(Robocar)と呼ぶ競技車両の実車が公開されました。これまではレンダリングのみ公開されておりました。

robocar_1.jpg

実車公開と同時に一部のスペックも公表されています。全長は4.8m、全幅は2m、車重は975kgです。300kWのモーターを4基と出力540kWのバッテリーを搭載し、320km/h以上の最高速に達する実力を備えているそう。

robocar_5.jpg

自動運転の実現に用いる機器は下記のとおり。
・ライダー(LIDAR:レーザースキャナー)5基
・レーダー2基
・超音波センサー18基
・光学式速度センサー2基
・AIカメラ6基
・GNSS(衛星測位システム)

robocar_2.jpg

各種センサーで得られた情報を処理するのは、NVIDIA製のDRIVE PX2で、人工知能を搭載したコンピューターです。参戦するチームは自動運転を実現するアルゴリズムを独自に構築して競技に臨みます。つまり、Roboraceはソフトウェアの技術力を競う競技です。

robocar_3.jpg

これまで、フォーミュラEの開催会場ではDevbotと呼ぶ開発車両が展示されてきましたが、今後のイベントではDevbotの展示やデモ走行に加え、Robocarの展示も行うそう。

robocar_4.jpg

下の写真は2月18日のブエノスアイレス戦会場で行われたDevbotのデモ走行風景です。Robocarが映えるようにDevbotはわざと格好悪くしている? ってことはないか……。

Devbot.jpg

2017年中には2台のRobocarによるデモ走行も予定しているそう。ということは、今シーズン中に予定していた実戦開始は先送り?

Devbotのデモ走行@ブエノスアイレス↓


http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

VRX30Aの最大熱効率は43%以上 [モータースポーツ]

毎年楽しみにしている『モータースポーツ技術と文化』(主催:公益社団法人 自動車技術会 会場:工学院大学アーバンテックホール)が3月1日に開催されました。今回のテーマは「進化し続ける開発手法の最前線」でして、シミュレーション技術に関する講演が目立ちました。

そのうちのひとつは、『レース用ガソリンエンジンにおける熱効率と燃焼の改善』(松村基宏氏/ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)でした。「レース用ガソリンエンジン」とは何かといえば、VRX30Aです。

それでもピンとこないと思いますので補足すると、2015年のル・マン24時間に参戦したNissan GT-R LM NISMOのために開発した、3.0L・V6直噴ターボエンジンのことです。

搭載車両はこちら↓

Nissan_GT-R_LM_Nismo_1.jpg

エンジンはこちら↓

Nissan_GT-R_LM_Nismo_2.jpg

話の中心はいかにタンブル流を使って混合気を気筒内に均質に分散させるか。それだけでは不十分で、点火タイミング付近で点火プラグ付近に濃い混合気を亜成層化することも重要……などという内容でした(だいぶはしょってます)。

Nissan_GT-R_LM_Nismo_4.jpg

講演の冒頭でエンジンのスペックについて紹介があったのですが、「最高出力時の熱効率は43%以上」とサラッと説明がありました。エネルギー回生システムの1周あたりエネルギー放出量で2MJを選択(実際にはハイブリッド機能をキャンセルして走行)したGT-R LM NISMOの最大燃料流量は94.8kg/hでしたので、熱効率が43%だとすると450kW(612ps)を発生したことになります(規定によりエタノール20%混合ガソリン=E20を使用)。

公式スペックは「最高出力455kW以上、最大トルク900Nm以上」です。最高回転数が7000rpmと低いのも特徴で、4000rpmから7000rpmの範囲で最高出力を発生します。もちろん、理論空燃比(WECで使用するE20の場合13.6)よりもリーンで回していました。

サワリの話は当時うかがっていましたが、改めて詳細を聞いてみると、ごく短期間で活躍の場を失ったしまったのはいかにも残念です。

Nissan_GT-R_LM_Nismo_5.jpg

フロント搭載・フロント駆動用に開発したVRX30Aを、ミッド搭載・リヤ駆動用に仕立て直したVRX30A evo.がLMP1(ノンハイブリッド)に参戦するバイコレスの車両に搭載されて2017年のWEC(世界耐久選手権)に出場することが決まっています。とても楽しみです。

どうやら、バイコレス側からの執拗なラブコールに重い腰を上げたようなニュアンスでした。エンジンを販売するのではなく、(機密保持の観点から)リースし、技術サポートを行うのだそう。

VRX30Aは、低い位置に空気の通り道を確保するため、ターボチャージャーが高い位置にあります。

VRX30A
Nissan_GT-R_LM_Nismo_3.jpg

VRX30A evo.はごく一般的な位置にターボがあります。

VRX30A evo.
VRX30A.jpg

VRX30Aのサワリの話はこちらにまとめてあります↓



http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | 次の10件 モータースポーツ ブログトップ