So-net無料ブログ作成
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

【デイトナ24時間2018】「勝ちに来た」マツダRT24-P [モータースポーツ]

「デイトナには勝ちに来た」と言ってはばからないのは、マツダ・ノース・アメリカン・オペレーションズ(MNAO)でモータースポーツのディレクターを務めるジョン・ドゥーナン氏です(「表彰台に上がるだけでもうれしい」とも言っていましたが)。

ドゥーナン氏のインタビュー記事はこちら↓
https://motor-fan.jp/article/10002816

「勝つ」と言うだけのクルマに仕上がった自信があるようです。マツダはDPi車両のRT24-Pを2017年シーズンに投入しましたが、シーズン途中で参戦活動を休止し、リファインする作業に専念しました。

IMG_4157.JPG

ぱっと見で違いを指摘するのは困難ですが、空力と冷却、サスペンションを大幅に見直しています。同時に軽量化も果たしています。77号車のトリスタン・ヌエス選手は、「2017年はクルマがどう動くのか予期できなかったので、自信を持って運転することができなかった。今年のクルマは思い通りに動くので、自信を持って攻めることができる」とコメントしています。

フロントカウルの裏を見ると、変更箇所がわかります。下の写真で黄色く囲んだ箇所がそうで、2017年仕様では跳ね上がっていた部分を埋めてフラットにしています。

IMG_4246.JPG

アップで見るとこんなふう。この部分の変更で、空力性能だけでなく冷却性能の向上にもつながっているそう。

IMG_4248.jpg

熱交換器やサスペンションのレイアウトも変わっています。

IMG_4404.jpg

ベルハウジングにMAZDAのロゴ。ダンパーは引き続き(シャシーコンストラクターでもある)マルチマチック製。

IMG_4416.jpg

ところで、フロントカウルに保護フイルム(矢印の先が境目)が貼ってありました。さすが、保護フイルムの本場であるアメリカ生まれの車両。

IMG_3991.jpg

貼り方が雑(失礼。機能優先ということでしょう)なので、目に付きました。ポリウレタンでしょうか。SUPER GT GT500では、Epson Modulo NSX-GTが保護フイルムを貼っていますが、フイルムが貼ってあるんだかどうだか、近くで見ても判別不能なくらい精度高く施工が行われています。

IMG_3992.JPG

保護フイルムの詳細はこちら↓
http://www.honda.co.jp/SuperGT/spcontents2016/deep-learning/vol3.html

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【デイトナ24時間2018】「ダン・ガーニーをしのんで」なフォードGT [モータースポーツ]

デビューから3シーズン目を迎えるフォードGT(GTLM)ですが、相変わらず異彩を放っています。2018年のデイトナ24時間でデビューレースを迎えるBMW M8 GTEにしても、シボレー・コルベットC7.Rにしても、量産車をベースにGTLM(FIA WECではLM GTE)車両を仕立てていますが、フォードGTは逆で、レース車両を先に設計して量産仕様に要件を織り込んでいます。

IMG_4578.jpg

チーム運営はチップ・ガナッシ・レーシングが担当。2018年のレースでグランドマーシャルを務めるチップ・ガナッシ(車両の右側)がガレージを見回っているところ。

IMG_4430.JPG

順位表示パネルの前方(上の写真ではカーナンバーを表示中)に、2018年1月14日に亡くなったアメリカ人レーシングドライバー、ダン・ガーニーをしのぶステッカー風のペイントが施してありました。

IMG_4277.JPG

ダン・ガーニーが使い始めたことから、「ガーニーフラップ」と呼ばれるようになったデバイスはこちら(矢印)。キャデラックDPi V.R(DPi)での装着例。ウイングの後縁にL字形のパーツを取り付けるだけで手軽にダウンフォースを増やすことができるとして、急速に普及し一般的になりました。

IMG_4150.jpg

フォードGTが属するGTLMカテゴリーでは「ガーニー(Gurney)」としてガーニーフラップの最低高さが規定されていますが、プロトタイプ(DPi/LMP2)は同じデバイスを指すのにウィッカー(Wicker)の表記で最低高さが規定されています。

IMG_4150_2b.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

【デイトナ24時間2018】アキュラARX-05のヘッドライト [モータースポーツ]

デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(フロリダ州)に着きました。

IMG_3961b.jpg

DPiから参戦するアキュラARX-05のデビューレースです。

IMG_4183.JPG

ベースはLMP2のオレカ07。エンジンはギブソン製4.2L・V8自然吸気を、量産エンジンをベースにHPDが開発した3.5L・V6直噴ターボに置き換えています。チーム運営はペンスキー。

ARX-05とオレカ07を比較したエントリーはこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-08-20

正面から見てみます。

IMG_4012.JPG

やっぱり、ブレード風プレートとフロントカウルのすき間、気になりますよね。

IMG_4028.JPG
IMG_4006.jpg

前回エントリーはこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-08-27

ヘッドライトをLED多眼で構成するのは量産アキュラの特徴のひとつですが、ジュエルアイと呼ぶその多眼式ヘッドライトをARX-05も採用しています(そのためのブレード状プレート?)。

じっくり見てみました。上から順に、2眼、4眼、6眼、6眼、4眼です。照射範囲に応じて役割をわけているのでしょう。

IMG_4192.JPG

ハウジングに「RIGID」とあり、リジッド・インダストリーズの製品であることがわかります。

公式サイトはこちら↓
https://www.rigidindustries.com

IMG_4025.JPG

温度が一定限度を超えると急激に効率が落ちますので、しっかりした冷却が欠かせません。それぞれのユニットにサーモラベルが貼ってありました。

IMG_4023.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【東京オートサロン2018】ホンダのレーシングカーなど [モータースポーツ]

ホンダのブースには、レーシングカーがたくさん展示してありました。目玉はやはり、インディカーでしょうか。東京モーターショーでも展示されていた、佐藤琢磨選手がドライブしたインディ500優勝マシンです。

IMG_3559.jpg

佐藤琢磨車が搭載するホンダ製2.2L・V6ターボエンジンと空力の開発については、Motorsportのテクノロジー 2017 - 2018 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)で解説しています。

記念ステッカーを受け取った方も多かったのではないでしょうか。

IMG_9016.jpg

ホンダのブースには、シビックTCR(シビック・タイプRがベース)も展示してありました。悩ましいのは「引き」がないこと。全体をじっくり観察するスペース的な余裕はありませんでした(涙)。

IMG_3564.jpg

リヤウイングなどはもっと離れて観察したかったのでが、人波に揉まれてこの距離感。

IMG_3780.jpg

ステージに置いてあったNSX GT3です。中身どうなっているのか、非常に気になります。

IMG_3571.jpg

SUPER GT GT500クラス参戦車両のMOTUL MUGEN NSX-GT 16号車です。この車両についても、Motorsportのテクノロジー 2017 - 2018 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)に解説記事があります(と、しつこく告知)。

IMG_3582.jpg

搭乗体験用にドアが外されていました。

IMG_3584.jpg

こちらは全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦したTEAM MUGEN SF14 15号車です。2017年シーズンにピエール・ガスリー選手がドライブしたレッドブルカラーの車両ですが、エンジンカウルには、ガスリー選手にかわって15号車をドライブする福住仁嶺選手の名前が記してありました。

IMG_3574.jpg

ダンロップのブースには、EPSON Modulo NSX-GT(64号車)と、使用済み装着タイヤ(リヤ)が展示されていました。

IMG_3599.jpg
IMG_3586.jpg

オートバックスグループのブースには、ARTA NSX-GT(8号車)が展示。

IMG_3767.jpg

MOTULのブースには、2.0L・直4直噴ターボエンジンのHonda HR-417E(最高出力405kW以上)を搭載するSF14 16号車が展示してありました。

IMG_3770.jpg

NSXをたくさん見た気がします。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

【東京オートサロン2018】F1&WEC関連の展示物 [モータースポーツ]

「エンジンあるかな?」と思って行ったホンダのブースにはF1参戦活動を来場者に知らしめるような展示物は何もなく、その他のカテゴリーの車両がところ狭しと並んでいました。

「となるとあとは?」と考えを巡らせます。メルセデス・ベンツのブースは、ルイス・ハミルトンの写真が出迎えてくれました。

IMG_3549.jpg

しかし、F1関連の展示物はなし(たぶん)。センターに展示してあったのは、SUPER GT GT300参戦車両のグッドスマイル 初音ミク AMG(4号車)でした。2017年のチームチャンピオン、ドライバーチャンピオンのトロフィーを添えて。

IMG_3551.jpg

ブリヂストンのブースには、1998年のF1日本グランプリでミカ・ハッキネンのマクラーレンMP4-13が履いたタイヤが展示してありました。溝付きドライタイヤ、懐かしいですね。

IMG_3611.jpg

エンケイのブースには、2017年のマクラーレンMCL32が装着したマグネシウム鍛造ホイールが展示してありました。下の写真は325mm幅のフロントタイヤ用で、サイズは13インチ(リム径)×13.7インチ(幅)。

IMG_3664.jpg

405mm幅のリヤタイヤを組み込むリヤホイールの縦横比は、一般的なホイールのイメージとはずいぶんかけ離れています。サイズは13インチ(リム径)×16.9インチ(幅)。

IMG_3663.jpg

F1のホイールを見た後だと、WEC LMP1のトヨタTS050ハイブリッドが装着する18インチホイールのプロポーションがずいぶん真っ当に感じられます。レイズのブースに展示。こちらも、マグネシウム鍛造製。「RACING WHEEL 2018」と書いてありましたが、来季用?

IMG_3656.jpg

TOYOTA PRIUS apr GT(31号車)を展示していたKYBのブースには、2017年の東京オートサロンにつづき、スポーツEPS(電動パワーステアリング)が展示してありました。

IMG_3623.jpg

TOYOTA PRIUS apr GTを含むSUPER GT GT300クラスやスーパーフォーミュラで採用。WEC LMP2では高い採用率を誇ると説明しています。

IMG_3622.jpg

詳細は2017年のエントリーをご確認ください(今年は気兼ねなく観察できる状況でした)↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-01-17

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【東京オートサロン2018】トヨタ/レクサスのレース車両など [モータースポーツ]

GRスーパースポーツコンセプトにばかり目が行ってしまい、その他のレーシングカーの観察がおざなりになってしまったのは反省点です。

こちらはGRスーパースポーツコンセプトのベースとなったトヨタTS050ハイブリッドです。このクルマが公道を走れる状態になると思うと、感慨深いし、待ち遠しいですね。

IMG_3523.jpg

となりには、ヤリスWRCが展示してありました。前日にイギリスで2018年仕様が公開されたこともあって、最新でない状態での展示となりました。最新仕様だったらもっとじっくり見たかもしれません(と言い訳)。

IMG_3685.jpg

こちらが最新の2018年仕様。フロントセクションに手が入っているようですね。

20180111_03_01.jpg

GRスーパースポーツコンセプトの発表と同時に、2018年ニュルブルクリンク24時間の参戦体制と参戦車両が発表されました。レクサスLC(1台)で参戦します。

GRスーパースポーツコンセプトの観察でお腹一杯で、気が回らなかったのは反省点。軽量化および高剛性化技術、空力開発、エンジン開発、サスペンション技術、ドライバー支援技術など、気になりどころ満載な車両です。

IMG_3701.jpg

こちらは2017年GT500参戦車両のKeePer TOM'S LC500。

IMG_3703.jpg

TOYOTA GAZOO Racingのブースに隣接していたTRDのブースには、レース用カスタマー向けの2.0L・直4ターボエンジン(開発呼称TG20)が、参考出品として展示されていました。

IMG_3689.jpg

「3S-GTEの後継」が狙いだと記してあります。

IMG_3690.jpg

KYBのブースには、GT300参戦車両のTOYOTA PRIUS apr GT(31号車)が展示してありました。

IMG_3620.jpg

埼玉トヨペット Green Braveのブースには、マークX MC(52号車)が展示。

IMG_3738.jpg

PETRONASのブースには、SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(60号車)が展示してありました。

IMG_3630.jpg

JAF-GT300(プリウス)、マザーシャシー(マークX)、GT3(RC F)と、3種類そろっていたことになります。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【MST2017-2018】Honda RA617H以外の主要コンテンツ紹介 [モータースポーツ]

Motorsportのテクノロジー 2017 - 2018 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)は12月25日発売です。

前回は巻頭で取り上げているHondaのF1パワーユニット、RA617Hについて紹介しました。今回はそれ以外の主要コンテンツについて説明いたします。

F1につづいてインディカーです。Hondaのスーパースピードウェイ用エアロキットの開発と2.2L・V6直噴ターボエンジンの開発についてまとめています(画像はすべてダミーデザイン)

MST2017_P022-023.jpg

【DVD付】佐藤琢磨インディ500優勝のすべて (サンエイムック)に掲載した記事の再構成版です。未読の方もいらっしゃると思いますので、こちらでご確認ください(12ページ)。

つづいてSUPER GT GT500クラスのマシンです。Honda NSX-GTを取り上げています(というわけで、巻頭からホンダ3連発)。

MST2017_P034-035.jpg

FRを前提に設計された共通モノコックをベースに、いかにMRに仕立てたか。仕立てたあと、どのような課題にぶつかりそれを克服したかをテーマにまとめています(16ページ)。

AUTO SPORT 2017年 10/6号 No.1465に掲載した記事をベースに、素材を入れ替えるなどして再構成しました。未読の方もいらっしゃると思いますので、こちらでご確認ください。

MST2017_P042-043.jpg

お次はフォーミュラEです。シーズン4(2017/2018年)が12月2日に香港で開幕しました。現地で得た情報を中心にまとめています(6ページ)。

MST2017_P050-051.jpg

開発激化の裏返しでしょうか。シーズン1や2の頃と違って、ずいぶんガードが固くなっています。参戦各チームのカウルの下を覗いてみました。

MST2017_P052-053.jpg

Motor Fan illustrated Vol.124では、2017年に実戦デビューしたLexus RC F GT3の開発について取り上げています。Motorsportのテクノロジー 2017 - 2018 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)ではこれを再録。実戦を通じて経験した課題と対策、改良点についてフォロー記事(4ページ)を制作しました。

どこがどう進化したのか、誌面でご確認ください。

MST2017_P066-067.jpg

ダカールラリー参戦車両の日野レンジャーについても同様で、2017年大会までの車両に関する開発ストーリーはMotor Fan illustrated Vol.128 Gの真実 (モーターファン別冊)に掲載しました。Motorsportのテクノロジー 2017 - 2018 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)ではこれを再録。

2018年大会(近日スタート)に向けた開発の内容を取材し、まとめました(4ページ)。さらにパワフルになり、よく脚が動き、効率よく駆動力を伝え、ブレーキング時に安定した挙動を示すマシンに進化しています。

MST2017_P078-079.jpg

Motor Fan illustrated Vol.125に掲載したトヨタC-HR RACING(ニュルブルクリンク24時間参戦車両)の記事は、再構成して収録(6ページ)。未読の方はぜひ。

MST2017_P082-083.jpg

空力特集(Motor Fan illustrated Vol.126)の1コンテンツだったタジマモーターコーポレーションのパイクスピーク参戦車両の開発の系譜もやはり、再構成のうえ収録しました(6ページ)。

MST2017_P088-089.jpg

巻末では、F1のシーズンレビューをいつもどおり掲載しています(16ページ)。

MST2017_P096-097.jpg



http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【MST2017-2018】Honda RA617Hの開発 [モータースポーツ]

Motorsportのテクノロジー 2017 - 2018 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)は12月25日発売です。

巻頭のテーマは2015-2016年版以来、3年連続でHondaのF1パワーユニットです。取材する側としては、撮影可能なエンジンを仕立てていただだき感謝、取材に応じていただき感謝、という感じです(画像はすべてダミーデザイン)

MST2017_P004-005.jpg

2015年のRA615Hと2016年のRA616H、2017年のRA617Hを同じアングルで並べてみました。2015年仕様と比べると、最新版はずいぶんたくましくなったように見えます。

MST2017_P006-007.jpg

RA615H/RA616HとRA617Hとでは、まるっきりコンセプトが異なることが、外観からも伝わってくると思います。

MST2017_P008-009.jpg

テールパイプの付け根の位置に注目です。RA617Hは低い位置にありますね。

MST2017_P010-011.jpg

RA616Hに対してどこがどう変わったのか。変化点とその背景をまとめています。また、外から見える部分だけでなく、中身(燃焼コンセプト)の話も……。

MST2017_P014-015.jpg

エンジンの話だけでなく、パワーユニットのエネルギーマネジメントについても取材しました。2017年は前年に比べて全開率が上昇しているのですが、全開持続時間が長くなるとデプロイ(エネルギーの放出)する時間も長くなって、エネルギーが足りなくなります。

それにどう対処したのかが話の中心です(答えがタイトルになっています)。

MST2017_P018-019.jpg

Honda RA617H関連記事は全18ページです。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

「GRスーパースポーツコンセプト」東京オートサロン2018に出展 [モータースポーツ]

これは楽しみです。東京オートサロン2018(幕張メッセ/2018年1月12日〜14日)。TOYOTA GAZOO Racingは、GRスーパースポーツコンセプト(GR Super Sport Concept)を出展します。

GR_SuperSportConcept.jpg

「モータースポーツ活動で培われた技術のフィードバックの一つの形として、『WECへの参戦経験が生かされたコンセプトカー』」と、プレスリリースでは説明しています。

技術のフィードバックということは、ル・マン24時間をはじめとするWEC(世界耐久選手権)で培ったレーシングハイブリッドの技術も受け継いでいるということでしょうか。カッコだけでなく……。

期待大です。

2017年のTS050ハイブリッドを同じアングルで並べてみるとこんな感じ(左右反転しています)。

TS050_rear.jpg

公開された画像を少し明るくしてみたら、フロントフェンダーやリヤの処理が見えてきました。

GR_SuperSportConcept_2.jpg

うーん、待ち遠しい。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『モータースポーツのテクノロジー 2017-2018』は12月25日発売 [モータースポーツ]

編集&執筆作業は鋭意進めておりますが、表紙ができあがってきましたのでお知らせいたします。

cover_small.jpg

「モータースポーツのテクノロジー」として5冊目(5年目)となる2017年版の表紙は、ホンダのF1パワーユニット、RA617Hです。

過去の2作(2015年のRA615Hと2016年のRA616H)と並べて掲載したかったので、同アングルで撮影しました(例によってプロのカメラマンが)。2015年から16年の変化よりも、16年から17年の変化の方が格段に大きいことが、並べてみるとよく分かります。

詳しくは誌面でご確認ください(他の記事も含めて)。

IMG_1937.jpg

ブログ書いているヒマがあるんだったら原稿書け、編集作業しろ、という状況ですので、また、しばらく音沙汰なくなります……。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | 次の10件 モータースポーツ ブログトップ