So-net無料ブログ作成
検索選択
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

アキュラ×ペンスキーのDPi車両はオレカ07ベース [モータースポーツ]

アキュラとチームペンスキー、それにオレカはそれぞれ、DPi(デイトナ・プロトタイプ・インターナショナル)の参戦プログラムについて発表しました。

HPD(Honda Performance Development)の一員であるアキュラ・モータースポーツはチーム・ペンスキーと組み、アキュラARX-05と名付けたDPi車両を2台仕立てて2018年のIMSA WeatherTech SportsCar Championshipに参戦します。デビュー戦はデイトナ24時間です。

acura_penske_logo.jpg

Acura ARX-05のベース車両は、オレカ07になることも発表されました。

Oreca 07
IMG_0668.JPG

これで、ACO/FIA/IMSA等が指定するLMP2のシャシーコンストラクター4社がすべてDPiを手がけることになります。

オレカ
オレカ07(WEC/ル・マン24時間/ELMS/IMSA)→アキュラARX-05

オンローク・オートモーティブ
リジェJS P217(WEC/ル・マン24時間/ELMS/IMSA)→ニッサンDPi

ダラーラ
ダラーラP217(ル・マン24時間/ELMS)→キャデラックDPi-V.R

ライリー
ライリーMK30(ル・マン24時間/IMSA)→マツダRT24-P

HPDのプロトタイプカーは、極めて短命に終わった2015年のARX-04b以来ですね。ESMがデイトナ24時間で走らせたものの、戦闘力不足が発覚したため、それ以降のレースで出場の機会を得ることはありませんでした。

ARX-04b
ARX-04b_1.jpg
ARX_04b_2.jpg

過去エントリーです↓
2015年に投入するHPDのLMP2マシンARX-04b
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2014-04-11

アキュラARX-05は、量産ベースのアキュラAR35TT型、3.5L・V6直噴ターボエンジンを搭載することが発表されています。アキュラRDXやMDX、RLX、TLXが搭載する、Vバンク角60度のJ35系がベース。国内市場向けでは現行レジェンド、かつてはエリシオンなどが搭載していました。

J35
Honda_J35.jpg

このエンジン、HR35TTの名称ではすでに、プロトタイプカテゴリーで使用実績があります。ARX-05に搭載するにあたって、AR35TTに名称を変更したようです。

HR35TT
Honda_HR35TT.jpg

ARX-05の公開は8月だそう。どんなスタイルで登場するのか、楽しみですね。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ル・マンのVillageで見かけた展示車両など(その2) [モータースポーツ]

ル・マン/WECのテクノロジー 2017 (モーターファン別冊)』が発売中です(現物まだ未確認ですが)。

パドックの北側にあるヴィラージュ(Village)には例年どおり、ミシュランのブースがありました。ポルシェ919ハイブリッドの2015年仕様とBMW M4が展示してあります。

IMG_2173.JPG

危うく見逃すところでした。奥にロボカー(Robocar)がありました。

IMG_2122.JPG

ドライバーレスの完全自動運転(自律走行)によるロボレース(Roborace)のが計画されていますが、その競技車両です(タイヤはミシュラン)。当初はフォーミュラEのシーズン3(2016/2017年)のどこかで最初のレースを行うとアナウンスされていたのですが……。シーズン3はニューヨーク(7月15日〜16日)とモントリオール(7月29日〜30日)の2ラウンド4戦しか残っていないので、シーズン4にずれ込むのは間違いなさそう。

IMG_2132.JPG

LIDAR(ライダー)やミリ波レーダー、カメラなどのセンサー類が確認できます。ル・マンでのめっけものでした。

IMG_2156.JPG
IMG_2148.JPG

リヤサスペンションまわりです。

IMG_2137.JPG

パドックに戻って、リジェ(オンローク・オートモーティブ)のホスピタリティには、ル・マン24時間のイベント期間中に発表されたリジェJS P4のスケールモデルが展示してありました。LMP3の下の層をカバーするコンセプト

IMG_2178.JPG

スケールモデルといえば、ポルシェのホスピタリティには、919ハイブリッドの10分の1スケールモデルが展示してありました。

IMG_1786.JPG

DMG MORIの工作機械で削りだした一品です。2015年に確認済み。何度見ても物欲そそられます。

当時のエントリーはこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2015-06-29

IMG_1783.JPG

ポルシェのホスピタリティには、SHAEFFLER(シェフラー)のショーケースもありました。917や928、911(996)が搭載するエンジンに用いられたタペットなどが展示してありました。

IMG_2191.JPG

ポルシェ919ハイブリッドが搭載する2.0L・V4直噴ターボエンジンです。

IMG_1778.JPG

初お目見えが2016年だったせいか、注目度は減っていたようでした。いやですねぇ、慣れって(自戒を込めて)。

IMG_2198.JPG



http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ル・マンのVillageで見かけた展示車両など(その1) [モータースポーツ]

7月10日発売の『ル・マン/WECのテクノロジー 2017 (モーターファン別冊)』に掲載しているものとそうでないものも含めて紹介します。

パドックの北側(1コーナー寄り)にあるVillageです。フランス語風に言うとヴィラージュ。物販およびPRブースが並んでいます。

IMG_1872.JPG

午後7時25分でこんな感じ。日没は10時頃です。だいたい昼からみなさん、飲んでます。

IMG_1951.JPG

アルピーヌのブースです。新型A110が展示してありました。

IMG_1877.JPG

アルピーヌがホスピタリティへの送迎に使っていたのは、電気自動車のバスでした(後ろは電気自動車のZOE)。

IMG_1902.JPG

ヴィラージュの北の端に、GT-EVのブースがありました。

IMG_1886.JPG

GREEN4Uテクノロジーズとパノス(!)の合同プロジェクトで、特別枠(ガレージ56)での出走を目指す電気自動車です。

ピットストップ時にバッテリーパックを交換し、走り続けるコンセプト。クローズドのコクピットを左側にオフセットさせ、右側に大容量のバッテリーを搭載しています(している体、ですね。モックアップなので)。

IMG_2068.JPG

ヘッドライトは絵でした。

IMG_2074.JPG

覗いてくださいと言わんばかりの展示でしたので、覗いてみました。

IMG_2110.JPG

後ろも。

IMG_2085.JPG

つづく。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ911 RSR(再び) [モータースポーツ]

7月10日に発売される『ル・マン/WECのテクノロジー 2017 (モーターファン別冊)』では、LMGTEカテゴリーに参戦する車両も取り上げています。2016年版ではフォードGTを取り上げましたが、今年はポルシェ911 RSRです。エンジン搭載位置を変更するほどの大改造が施されましたので。

IMG_0876.JPG

ディフューザーの性能を向上させるのも、大改造の目的のひとつ。

IMG_0915.JPG

迫力が増しました。

IMG_0864.JPG

今ごろになって気づいたのですが、91号車のリヤウイングは黒地で、

IMG_1160.JPG

92号車は白地なのですね。

IMG_0867.JPG

スワンネック型に切り換えたリヤウイングピラーの角度調節部分を見ます(ウイングが黒地なので91号車ですね)。

IMG_1166.JPG

反対側。

IMG_1164.JPG

誌面(8ページ構成)では911 RSRと911 GT3 Rのリヤセクションを比較しています。リヤサスペンションやリヤコンパートメントの違いを確認することができます。

LM2017_Porsche911RSR_4.jpg

クルマから降ろした状態のパワートレーンも比較しています。誌面でご確認ください。

IMG_1664.JPG



http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

LMP1-HとLMP2のフロントバルクヘッド [モータースポーツ]

7月10日に発売される『ル・マン/WECのテクノロジー 2017』では、LMP1-Hの2台と、新規定に対応したLMP2の新車4台を取り上げています。

IMG_1735.JPG

それぞれのコーナーでフロントバルクヘッドを正面から捉えた写真を掲載していますので、誌面でじっくりご確認ください。ここでは別のタイミングで撮影したカットを掲載します。

それぞれ特徴ありますね。『ル・マン/WECのテクノロジー 2017』では、2016年のアウディR18のフロントバルクヘッドばっちり正面全部見えも掲載していますので、比較にどうぞ。R18の変態っぷりが際立ちます。

ORECA 07 / LMP2
IMG_0444.JPG

LIGIER JS P217 / LMP2
IMG_0333.JPG

DALLARA P217 / LMP2
IMG_1665.JPG

RILEY MK30 / LMP2
IMG_1707.JPG

TOYOTA TS050 HYBRID / LMP1-H
IMG_1629.JPG

PORSCHE 919 HYBRID / LMP1-H
IMG_1604.JPG

いいモノが見られるかどうかって、ホント、タイミングなんですよねぇ(言い訳)。今回、バイコレスのENSO CLM P1/01とはあまり縁がありませんでした。写真はレース開始直後にピットに入ってきたところ。

IMG_2605.JPG

ちょうどインタークーラーがあるあたりでしょうか。サイドポンツーン上面に設けてあるアウトレットが左右非対称です。空冷インタークーラーは左右対称に置いてあるのですが……。

IMG_2604.JPG



http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ919ハイブリッドのターボチャージャー [モータースポーツ]

ル・マン/WECのテクノロジー 2017』(7月10日発売)では当然のことながら、ポルシェ919ハイブリッドを取り上げております。

IMG_1492.JPG

ポルシェ919ハイブリッドは2.0L・V型4気筒直噴ターボエンジンを搭載していますが、誌面ではターボチャージャーについて触れています(もう少し大きいサイズで掲載しています)。

手前がコンプレッサー、奥がタービンです。ピストン+コンロッドなども掲載しています。

IMG_2988.JPG

ターボはハネウェルのDualBoostなのですが、軸流タービンやらデュアルフローのコンプレッサーやらを言葉で説明するより、解説動画を見ていただいた方が早いので、補足としてリンクを貼っておきます。



なかなかおもしろいターボですね。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『ル・マン/WECのテクノロジー 2017』は7月10日発売 [モータースポーツ]

ル・マンを走った新車の(ちょっと詳しい?)図鑑です。

ル・マン/WECのテクノロジー 2017

7月10日発売です。

LM2017_cover_474.jpg

仕事の山があとふた山くらい残っているので、詳細は後日。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2017】街角で見かけたル・マン24時間的なもの [モータースポーツ]

今日は箱根に行ってきましたが、ル・マンのネタをつづけます。ル・マン駅のショーウィンドウでル・マン24時間的なアイテムが目に付いたので立ち止まりました。

ガイド号ですね。表紙はトヨタ

IMG_0507.JPG

右端の9.5ユーロの缶にはサブレが入っています。

IMG_0505.JPG

トラムのチケット(片道1.5ユーロ)です。

IMG_0509.JPG

トラムに乗ってサーキットに行こう、と訴えかけています。

IMG_1176.JPG

トラムです。ル・マン駅からサーキットまでは30分くらいかかります。

IMG_1331.JPG

公開車検が行われたレピュブリック広場近くのショーウィンドウ。ちょっと強面なスティーブ・マックイーン

IMG_0808.JPG
IMG_0815.JPG

紳士服屋さんです。ロスマンズ・ポルシェの手前にある青いシャツは64.9ユーロ。

IMG_1323.JPG

トラムに乗らず、歩いて駅に向かっていたときに見かけた美容室。

IMG_1341.JPG

ドラクロワ。

IMG_0821.JPG

E.T.

IMG_0825.JPG

ドライバーズパレードを告知する看板。インタビューの時間がずれ込んだせいで、今年は見られませんでした(涙)。

IMG_0827.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2017】レーシング・オプティクスのテアオフ [モータースポーツ]

フォードのガレージ前を通りかかったら、ちょうどレーシング・オプティクス社の職人さんがフォードGTにテアオフ(Tearoffs)を貼っているところでした。

IMG_1669.JPG

左手に持ったカッターでトリミングしながら、右手にもったヘラで押さえつけていきます。実に手際がよく、見ていて飽きません。

IMG_1685.JPG

元はロール状になっています。端切れは中心部分に突っ込んでいました。

IMG_1688.JPG

ドライヤーとヘラを使って密着させていきます。

IMG_1691.JPG

完成状態。テアオフを何枚も重ねると透明度が落ちて視界が悪化してしまうのですが、レーシング・オプティクス(Racing Optics)の製品は、透明度の低下がごくわずかなのが特徴だそう。

IMG_1143.JPG

楕円にRのマークがレーシング・オプティクスの目印。ポルシェも、

IMG_0514.JPG

トヨタも同社のテアオフを使っています。

IMG_1222.JPG

こちらはLMP2。枚数が少ないのは予算の関係?

IMG_1092.JPG

レーシング・オプティクスはテアオフの開発などで培った技術を生かしたiPhone用のスクリーンプロテクターを販売しているのですが、そう聞くと欲しくなりますね。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2017】懐かしのトヨタTS030ハイブリッドなど [モータースポーツ]

15日金曜日は13時からVIPエリアにあるトヨタのホスピタリティで記者会見が予定されていたのですが、前のインタビューが長引いて遅刻しました。

早く会場へ、と急ぐ気持ちはあったのですが、初代プリウスと最新のプリウス(4代目)が並んだ様子を目にしては、黙って通り過ぎるわけにはいきません。いい眺めです。

トヨタ・ハイブリッドのセールスが1000万台を突破したこと、初代プリウスの発売から20年が経過したことを伝えています。

IMG_2269.JPG

初代から4代目にかけての進化ぶり(出力を21%向上させながら、燃費は62%も向上)や、1000万台突破の経緯をグラフで示しています。

IMG_2267.JPG

記者会見場です。完全に出遅れ。

IMG_2271.JPG

会見終了後、新旧プリウスと出入り口を挟んで反対側に、レーシングハイブリッド車両が展示してあるのが目に留まりました。最新のカラーリングを身にまとっていますが、2012年のTS030ハイブリッド、それも、実戦に投入されず初期のテストでのみ用いられた車両であることは、特徴的なカタチから明らかです。

IMG_2272.JPG

2012年1月にポールリカールでロールアウトした際の様子はこちら。ひと世代前のシルエットですね。進化のスピードを実感します。

P1280691.jpg

パドックに戻りましょう。2017年版のチーム&メディア・ホスピタリティはこちら。

IMG_1404.JPG

基本構造は2016年仕様を踏襲していますが、奥行き方向に1スパン拡張されています。3台体制に対応したものでしょう。2016年版はこちら。

IMG_7688.JPG

2017年版に戻って、出入り口面のイラストを見上げます。TS050ハイブリッドが3台並んでいます。

IMG_1768.JPG

正面中央のドアから室内に入ったところ。左側はチームエリア。右側はメディアに割り当てられています。

IMG_1774.JPG

メディア用スペースです。ここにも3台並び。

IMG_1765.JPG
IMG_1763.JPG

ピット裏の作業エリアです。トヨタTS050ハイブリッドの特徴的なイラスト、頻繁に目にしたのでかなり刷り込まれました。

IMG_1422.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | 次の10件 モータースポーツ ブログトップ