So-net無料ブログ作成

【香港電動方程式】小林可夢偉の乗り換え練習など [モータースポーツ]

重たい荷物を持ってメディアセンターまで歩くのはイヤだったので、2階建てトラム(2.3香港ドルの均一料金)にトライしました。いま泊まっているところからのアクセスだと、これがベストかも。

IMG_2261.JPG

道中、「アメ横丁」なるお菓子屋さんを発見。「広告の品」なんて張り紙もあります。

IMG_2271.JPG

テスラ(モデルSに限らず)はよく見かけますね。

IMG_2265.JPG

パドックの端からピットレーンの入り口方向を眺めます。

IMG_2374.JPG

ピットレーンの出口付近からパドックを眺めます。両側に5チームずつのピットが並んでいます。

IMG_2458.JPG

車検待ち中。フォーミュラEはこちらの表記では「電動方程式」ですが、フォーミュラEカーは「電動方程式戦車」と表現するのだそう。

IMG_2717.JPG

フォーミュラEに初参戦する小林可夢偉選手が、レース時に行う「乗り換え」の練習を行っていました。シートベルトをきちんと締めずに走り出すと危険なので、(充電済みのクルマへの)乗り換えには最低所要時間がコースごとに定められます。なので、他カテゴリーのピットストップのように、「一刻も早く」な状況ではないのですが、所定の時間より遅ければロスになるわけで、練習は欠かせません。

降ります。

IMG_2617.JPG

飛びます。

IMG_2618.JPG

飛び乗ります。

IMG_2619.JPG

あとはシートベルトよろしく、な状況。

IMG_2620.JPG

さて、本番ではうまくいくでしょうか。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【香港電動方程式】とりあえず現地入り [モータースポーツ]

フォーミュラEのシーズン4が開幕(12月2日、3日のダブルヘッダー)するので、香港にやってきました。開催カレンダー中、日本から最も近い開催地ですので、この機会を逃すと結構大変。

香港を訪れるのは15年ぶりくらいです。当時使い残した紙幣は無事使えました。

空港から香港島のホテルまではタクシーを利用したのですが、運転手がスマホ使いの名手だったようで、Aピラーの付け根に3台並んでいます。隠れて見えませんがこの一角にもう1台あります。実はもう1台、センターコンソールに隠してあって、渋滞時に取り出してはいじくっていました。どう使い分けているのか、さっぱりわかりませんでした。

IMG_2176.JPG

告げた行き先と違うホテルに連れて行かれたのはご愛敬(気づかずに降りてチェックインしようとしたのは、もっとご愛敬)。

そうとは知らず、こんな雑多な場所を通るんだと、のんきに車窓越しに写真撮っています。果物屋ですが、わざわざ「老舗」と書きたくなる事情があるのでしょう(Old Shopと言われれば確かにそうですが……)。

IMG_2180.JPG

取材パスの発給は翌日からなのですが、ロケハンを兼ねてメディアセンター付近まで歩いて見ました。約30分。コースは香港島にあり、九龍半島側の海に面しています。

IMG_2210.JPG

フォーミュラEの開催を告知する垂れ幕や横断幕などもちらほら散見されました。

IMG_2200.JPG

もっと楽にアクセスできる手段はないかと、帰路は地下鉄を利用してみました。ホテルの最寄り駅までは1駅で、運賃は4.5香港ドル(1香港ドルは約15円)。行き先の駅をタッチすると、料金が画面に表示されます。

IMG_2217.JPG

地下鉄を選択したのは間違いで、駅構内を歩くのなんの。「これだけ歩いたらホテル着いているんじゃないか?」というくらい歩かされます。

途中、フォーミュラE香港戦の告知に出会いました。

IMG_2237.JPG

中国語で表記すると、フォーミュラEは「電動方程式」なのですね。

IMG_2231.JPG

ホテルのエントランスでも「香港電動方程式」を告知。

IMG_2240.JPG

ちなみにホテルの隣りは乾物屋。

IMG_8849.jpg

咳やぜんそくに効くらしいですが、間に合っています。

IMG_8850.jpg

なかなか味わい深い界隈です。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『佐藤琢磨インディ500優勝のすべて』取材時に撮影したモノ・その2 [モータースポーツ]

12月1日に発売される佐藤琢磨インディ500優勝のすべて (サンエイムック)にまつわる情報のつづきです。

2016年から導入されたバーチカルフラップを見てみましょう。

IMG_9392.jpg

何らかの原因で走行中の車両が後ろ向きになった際、ディフューザー側から空気が入ることによる浮き上がりを防ぐ目的で導入されました。フラップが起き上がった状態がこちら↓

IMG_9391.jpg

ホンダ製2.2L・V6直噴ターボエンジンです。東京モーターショーでご覧になった方も多いことでしょう。ターボチャージャーは非搭載状態でした。

IMG_9548.jpg

美しい……。

IMG_9328.jpg

タイヤかすの付着が生々しいヘルメットです。ベンチレーションはアライヘルメットの標準装備ですが、タイヤかすなどが直撃して流路をふさがないよう、網が設けてあります。

IMG_9381.jpg

誌面に登場するスーツはこのようなバッグに入っていました。

IMG_9666.jpg
IMG_9647.jpg



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

『佐藤琢磨インディ500優勝のすべて』取材時に撮影したモノ・その1 [モータースポーツ]

12月1日に発売される佐藤琢磨インディ500優勝のすべて (サンエイムック)にまつわる情報のつづきです。

撮影は10月某日、ツインリンクもてぎの40〜42番ピットで行われました(途中、インタービューのため本田技術研究所 四輪R&Dセンターに移動)。

IMG_9584.jpg

左右のタイヤの傾き具合も含め、きれいな写真は誌面でご確認ください。

IMG_9624.jpg

ファイアストン製のタイヤは新品でした。INDIANAPOLIS MOTOR SPEEDWAYのロゴが目を引きます。

IMG_9565.jpg

スーパースピードウェイのエアロキットを開発するうえで最大の課題はドラッグ(空気抵抗)の低減です。どこに気を遣ったのかは誌面でご確認いただくとして、フロントホイールの内側を見てみましょう。空気抵抗を最小限に抑えるため、フラットな造形になっています。

ブレーキ冷却のためのダクトは車両中心寄りに張り出すのが一般的ですが、インディカーの場合、NACAダクトを用いて張り出しを回避しています。

IMG_9476.jpg

ロッドやアームの取り付け点は、可動範囲のみスリットを設け、それ以外は透明フイルムでしっかりふさいでいます。

IMG_9449.jpg

サスペンションアームはCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)でできているように見えますが、スチールのアームにCFRPのカバーを被せています。写真は左リヤのトップアーム。

IMG_9454.jpg

佐藤琢磨選手がインディ500のレース中、ずっと踏み続けていたアクセルペダルです。

IMG_9471.jpg

つづく。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『佐藤琢磨インディ500優勝のすべて』は12月1日発売 [モータースポーツ]

佐藤琢磨インディ500優勝のすべて (サンエイムック)が12月1日に発売されます。

10月某日も雨でした。ツインリンクもてぎのガレージで、佐藤琢磨選手がインディ500で走った車両とエンジン、レーシングギヤ(ヘルメット/スーツ/シューズ)を撮影させていただきました。東京モーターショーに搬入する前に、ちょっとお借りした格好。

IMG_8564.jpg

ガレージをスタジオに仕立てて撮影します(もちろん、プロのカメラマンが)。誌面でご確認いただくとその差異に驚くと思いますが、こんな状況で撮影しておりました(動画もあり)。

IMG_8570.jpg

世良耕太は「空力」と「エンジン」のパートを担当しています。「へぇ、そういうことだったんだぁ」というエピソードが満載のはず……。

IMG_8568.jpg

ずっと出先で満足な準備ができないので、詳細はまたいずれ。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車