So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ニッサンR89Cで初投入したオリフィスLSD [モータースポーツ]

『Motor Fan illustrated』(三栄)では『RACING CARエンジニアの流儀』(TEXT:永嶋 勉)を連載しており、『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.155 (モーターファン別冊)』では16回目(LAP16)の記事を掲載しています。

Engineer_LAP16.jpg

これまでサスペンションの設計やトラックエンジニアリング、タイヤ摩擦円の上手な使い方などについて触れてきましたが、『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.154 (モーターファン別冊)』からはデフ編に突入しています。

Vol.154では、1987年のブルーバードSSS-R(U12)が搭載したビスカスLSDを取り上げ、Vol.155では同じ回転差感応型ながら回転差の2乗に比例して伝達トルクが大きくなっていく(差動制限が強くなっていく)オリフィスLSDを取り上げています。日産自動車のグループCカーが搭載していました。

初投入は1989年12月のJSPC(全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権)最終戦、鈴鹿1000kmでした(R89C)。1990年のR90CP以降もオリフィスLSDを搭載しています(下の写真はR90CP)。

R90CP_Fuji.jpg

開発・製造を担ったユニバンスに、カットモデルが残っていました。下の写真で「油圧機構」として囲ってある部分が差動制限力を発生させる部分です。ピストンらしきものが見えますね。

Orifice_LSD_s.jpg

Vol.155では、オリフィスLSDを採用するに至った経緯を説明しています。

IMG_0853.jpg

9月14日発売のVol.156で作動原理を解説すべく、鋭意制作中です。断面のイラストは必見。

ネーミングの由来となったオリフィス(流体を通す小さな穴)が見えます。

IMG_0825.jpg



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

シフトレバー基部のプレートめくれ [VWゴルフVII 40th Edition]

パソコンに向かってキーボードを打っていたら、左手の薬指がチクッとしました。「何だ?」と思って指先を見たら、傷口が……。よく見たらシャツの裾に血が付いているではありませんか……。

どこで切ったんだろうとしばし黙考。思い当たる節がありました。

これです。クルマに乗ると、スマホをいつもこのスペースに入れているのですね。シフトレバーの前方にある、かつては灰皿があったスペース。

IMG_9405.jpg

シフトレバーの後方にあるスペースに置いてもいいのですが、ここに置いてしまうとカップホルダーが使えない(ドアポケットを使ってもいいんですが……)。

IMG_5868.jpg

シフトレバーの前方にスマホを出し入れするうち、化粧プレートがめくれ上がった模様(矢印)。それに指を引っかけて出血と相成った次第(涙)。

IMG_9412.jpg

VWゴルフ7ユーザーのみなさん、お気をつけください。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

可変バルブタイミングシステムとアイシン「コムセンター」 [クルマ]

『自動車技術の出発点』の取材でアイシン精機にお邪魔したのは7月半ばのことでした。連載8回目(隔号掲載)の記事(6ページ)は『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.155 (モーターファン別冊)』に掲載しています。

アイシン精機における可変バルブタイミングシステム(VVT)開発の「出発点」と、現在までの開発の推移、そして今後の展開についてお話を伺いました。

MFi155_Aisin_1.jpg
MFi155_Aisin_2.jpg
MFi155_Aisin_3.jpg

取材はアイシン精機本社地区(愛知県刈谷市)で行ったのですが、同地区内にある「コムセンター」に「出発点」となったヘリカル式VVTが展示してあると聞き、案内していただきました。何年ぶり何度目かの見学です。

コムセンター(見学自由。8月19日まで臨時休館中。https://www.aisin.co.jp/pickup/com/)には、アイシングループの各種製品が展示してあります。

下の写真は1階のヒストリーゾーン。

IMG_9060.jpg

その一角に、ヘリカル式VVTは展示してありました(手前で大きく写っているのはベーン式VVTですが)。

IMG_9054.jpg

2階には最新の製品が展示してあります。

IMG_9091.jpg

VVTのコーナーがあります。

IMG_9066.jpg

次の予定があって長居できない状況だったのですが、トランスミッションなどいろいろなコーナーが目に入り、順番に見学していきたい衝動に駆られます。

IMG_9073.jpg

ちょっとだけ見てみましょう。こちらはレクサスLC500やLS500が搭載する10速AT。

IMG_9078.jpg

最新ピストンの展示もあります。

IMG_9105.jpg

じっくり見学するなら、半日は確保しておきたいですね。

IMG_9118.jpg



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

今度は中国で記録に挑戦するVW ID.R [モータースポーツ]

もう完全にフォルクスワーゲン(VW)のお先棒を担いでいますが、ニュースリリースが届くと、つい読んでしまうのです。画像が目を引くし……。

IDR_China_Studio_Topview_V1.jpg

最高出力500kWの電動プロトタイプ車、ID.Rのプロジェクトは、ニュルブルクリンク北コースのタイムアタックで終了だと思っていたのですが、まだ続くのですね。

今後は中国でタイムアタックを行います。合わせてカラーリングを一新。ブルーからレッドに変わりました。

直近のエントリーはこちら↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-08-05

今度のタイムアタックのステージはTianmen Mountainです。

IDR_China_Studio_Detail_CloseupV1.jpg

英語表記だとピンときませんね。漢字で表すと天門山です。湖南省にある標高1518.6mの山。

標高1260mの位置に天門洞(Heaven's Gate)があり、そこに向かう全長約10kmの通天大道(Big Gate Road)がタイムアタックのステージです。「少なくとも99のタイトヘアピンがあると言われる」とプレスリリースでは説明しています。

中国では2020年にVWの電気自動車専用ブランド、「ID.」が導入されます(ドイツ本国では第1号モデル、ID.3の予約が始まっています)。

ID3.jpg

中国有数の観光名所でデモンストレーション走行を行うことで、「電気自動車を買うならVW」を刷り込む狙いでしょう。

IDR_China_Studio_Sideview_V1.jpg

で、いつアタックするんだろう?(プレスリリースには書いてない……)。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

「MOPARを探せ」状態なフィアット500X [クルマ]

フィアット500X(チンクエチェント・エックス)に乗りました。

試乗レポートはこちら↓
https://motor-fan.jp/article/10010977

いつものようにエンジンルームを覗いたのですが、コンプレッサーハウジングに「MOPAR」の文字が。主張が強い。

IMG_9267.jpg

よく見るとエンジンルーム内はMOPARだらけで、コンプレッサーハウジングの他にバッテリー、オルタネーター、ラジコアサポートにも主張の強いロゴが確認できます。

IMG_9340.jpg

ブレーキパッドもMOPAR。

IMG_9350.jpg

サイレンサーもMOPARです。

IMG_9364.jpg

MOPAR(モパー)はクライスラー純正パーツのブランドです。MOtor(モーター)とPARts(パーツ)を組み合わせた造語。MOPARのロゴがたくさんあるということは、クルマのあちこちに純正パーツが使われていることになります。

2009年にフィアットがクライスラーに資本参加し、2014年に両者が合併してFCA(Fiat Chrysler Automobiles)が誕生しています。そんな経緯から、フィアット車にもMOPARが使われるようになりました。MOPARであふれていると、事実とは逆で、クライスラーがフィアットを支配しているように見えてしまいます。

ところでMOPAR、アメリカでは古くからモータースポーツ活動へのスポンサードを行っています。NASCARとの関わりはなくなってしまいましたが、ドラッグレースでは健在。

Mopar_2.jpg

これは刷り込まれますね。

Mopar_1.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -