So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

【F1】レイアウトに特徴があるフェラーリPU勢のテールパイプ [F1]

ザウバー改めアルファロメオC38のリヤビューです。

Alfa Romeo C38
ARR_C38_rear.jpg

テールパイプのレイアウトが凝っています。断面積が大きいのはメインのテールパイプ。2つの小さなパイプはウェイストゲートでバイパスさせた排気の出口で(音を大きく響かせるのが狙い)、縦に積み重なっているのが特徴。

断面積の規定(1590〜2375mm2)を満たせば1本でも2本でもいいのですが(2016年のルノーは1本を選択)、アルファロメオは2本を選択しました。フェラーリ製パワーユニットを搭載するチームの車両はみな同じレイアウトです。

なんだか、カッコ良く見えます。

Alfa Romeo C38
ARR_C38_rear_2.jpg

下はルノーR.S.19で一般的なレイアウト。

Renault R.S.19
Renault_rear.jpg

マクラーレンMCL34はこんなふう。

McLaren MCL34
MCL34_Rear.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ルノーR.S.19とR.S.18を俯瞰で比較(ホイールベースは?) [F1]

今ごろになってですが、2月12日に2019年型F1マシンのR.S.19を発表したルノーのプレスリリースに目を通しています(いろいろ切羽詰まって)。

Renault_RS19_front.jpg

「寸法」の項目を見ると、全長は5480mmと記してあります。2018年の資料にも同じ数字が記してあるので、「アップデートしていない?」と疑いたくなってしまいます。レギュレーションの変更でフロントの最大オーバーハングは25mm、リヤは100mm延長されているので、ホイールベースは同一でも、全長は125mm長くなるはず(オーバーハングを使い切ったと仮定して)。

まさか、ホイールベースを短くしたってことでしょうか……。

ちなみに、前後のオーバーハングを全部使い切ったとして、2018年の規定にあてはめてホイールベースを算出してみると3570mmになります。

先日のエントリーでお伝えしたとおり、2018年型メルセデスAMG W09のホイールベースは3725mmですので、メルセデスを基準にするとだいぶ短いですね(にしても、3500mmオーバー)。

メルセデスAMG F1 W09のホイールベースは3725mmだった?
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-02-07

新旧ルノーのF1マシンを俯瞰で見比べてみましょう。

Renault R.S.19
Renault_RS19.jpg
(クリックで拡大)

Renault R.S.18
Renault_RS18.jpg
(クリックで拡大)

フロントサスペンションのアーム形状を見ると、前車軸の位置が後退しているように見えなくもありません。が、ノーズ自体は長くなっているようにも見え……。

フロントウイングがワイドになり、リヤウイングの翼端板が後方に伸びていることだけは確かです。

しかし、新加入のダニエル・リカルド、いじられキャラ決定のよう↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

「世界」がテーマの『auto sport』創刊1500記念号 [モータースポーツ]

auto sport - オートスポーツ - 2019年 3/1号 No.1500 【創刊1500号記念号】』で、インタビューを3本担当させていただきました。

・ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治氏
・TOYOTA GAZOO RacingでLMP1車両の空力開発に携わる北條哲平氏
・ニスモで車両開発部シニアマネジャーなどを務める鈴木豊氏

北條さんの取材は2019年の初取材でした。1月8日にメガウェブで実施。

IMG_0147.jpg

TS050ハイブリッド2018年仕様における空力開発のポイントをレクチャーしていただきました。誌面でご確認ください。

IMG_0133.jpg

また、北條さんがどのタイミングで「世界」を意識し、その壁を乗り越えていったのか。お話をうかがいました。

TS050ハイブリッド 2018年ル・マン24時間レース優勝車のフォトギャラリーとインタビュー記事の2部構成です。

IMG_0097.jpg

ニスモにお邪魔したのは1月22日でした。2008年のSUPER GT GT500クラスに投入したXANAVI NISMO GT-R(この年のチャンピオンマシン)は、ニスモにとって転機となった車両でした。

どこがどう転機だったのかについては、誌面でご確認ください。豊さんが97年にイギリスに渡り、TWRでル・マン24時間参戦車両の開発に携わったことと関連しています。

下の写真はニスモ・オフィス棟のエントランス。誌面では、日産ヘリテージコレクション(座間事業所)で撮影したXANAVI NISMO GT-Rのカウル下の写真を掲載しています(「世界」を象徴する部分アップを含む)。

IMG_1083.jpg

1月29日にはHondaウエルカムプラザ青山を訪れ、展示中だったトロロッソ・ホンダSTR13とホンダRA618Hの撮影を行いました。

IMG_1310.jpg

イギリスに駐在している田辺さんとのインタビューは、いわゆるテレビ会議の体裁で行いました。

記事には「執燃」のタイトルがついています。「執念」の「燃焼」開発を行っているということです。

どんなスタンスで開発に臨んでいるかについては、誌面でご確認ください。まさに、「執燃」です。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

マクラーレンMCL34の発表会はYouTubeでライブ中継 [F1]

マクラーレンの2019年型F1マシン、MCL34の発表会は、イギリスのマクラーレン・テクノロジー・センターで、2月14日現地12時(日本時間21時)から始まります。

McLaren_Launch.jpg

発表会(プレゼンテーション)の模様は、下記のYouTubeチャンネルでライブ中継されます。



McLaren.comでも視聴可能だそう。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

ルノーF1チームのPUファイヤリングアップ [F1]

ルノーのPUファイヤリングアップ音も公開されていましたね。

RSF1_screenshot.jpg

これですべてのPUコンストラクターの「サウンド」がそろいました。

Facebook版


Twitter版


https://twitter.com/RenaultF1Team/status/1093934110983237632

Facebook版のほうが高音質?

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -