So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

マクラーレンMCL34の発表会はYouTubeでライブ中継 [F1]

マクラーレンの2019年型F1マシン、MCL34の発表会は、イギリスのマクラーレン・テクノロジー・センターで、2月14日現地12時(日本時間21時)から始まります。

McLaren_Launch.jpg

発表会(プレゼンテーション)の模様は、下記のYouTubeチャンネルでライブ中継されます。



McLaren.comでも視聴可能だそう。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

ルノーF1チームのPUファイヤリングアップ [F1]

ルノーのPUファイヤリングアップ音も公開されていましたね。

RSF1_screenshot.jpg

これですべてのPUコンストラクターの「サウンド」がそろいました。

Facebook版


Twitter版


https://twitter.com/RenaultF1Team/status/1093934110983237632

Facebook版のほうが高音質?

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

トロロッソ(ホンダ)のPUファイヤリングアップ [F1]

ホンダ(トロロッソ)のファイヤリングアップ音も公開されていました。

ToroRosso_screenshot.jpg

YouTube版


いい音してますね。

Twitter版


https://twitter.com/ToroRosso/status/1094174064619503618

YouTube版のほうが音質いい気がします。残るはルノーのみ……。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

メルセデスAMGとフェラーリのPUファイヤリングアップ [F1]

先行したフェラーリに感化されたのでしょうか。それとも予定どおり? 

Mercedes-AMG_F1_screenshot.jpg

メルセデスAMGは2019年型のF1マシン、「W10」の発表(2月13日)に向けたティーザーの一環として、エンジン始動時の「音」を公開しました。



https://twitter.com/MercedesAMGF1/status/1093918455278063617

ひと足早く公開されたフェラーリのファイヤリングアップ音はこんなふう。新車発表は2月15日です。

聴き比べてみましょう。



https://twitter.com/ScuderiaFerrari/status/1091026570234466304

こうなると、ホンダやルノーも聴いてみたくなるのが人情(?)

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

メルセデスAMG F1 W09のホイールベースは3725mmだった? [F1]

メルセデスAMGペトロナス・モータースポーツでテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンが、2019年のF1シーズンに投入する「W10」について公式動画で解説しています。

開発のスタートは2017年末だったそう。



動画では随所に目を引くシーンが出てきます。

サイドビューのドローイングは必見です。フロントのオーバーハングが1200mmと記してあるので、2018年の「W09」を描いたものでしょうか(2019年のフロントオーバーハングは最大1225mmなので)。

書き込まれた数字から、ホイールベースは3725mm、全長は5622mmであることがわかります。計算すると、前後どちらか(あるいは両方)のオーバーハングを使い切っていないことがわかります。

Mercedes-AMG_drawing_side_1.jpg
(クリックで拡大)

ドローイングで表現された状態のフロントライドハイトは36mm、リヤのライドハイトは110mmです。 

Mercedes-AMG_drawing_side_3.jpg
(クリックで拡大)

しらっと数字を公表してしまうあたり(本当かどうかは別にして)、自信の表れでしょうか。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -