So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

【告知】畑村耕一『博士のエンジン手帖4』発売記念トーク&サイン会 [クルマ]

まとめ役を仰せつかっている『博士のエンジン手帖』、気がついたら連載が11年目に突入しておりました。毎月1台、最新のエンジン(最近はモーターとの組み合わせが多いですね)が載ったクルマを引っ張りだし、実際に乗って確かめ、資料に目を通し、持論を交えて語っていただいています。

IMG_0860.jpg

最新の記事は、発売中のMOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.146 (モーターファン別冊)に掲載されております。

連載記事に時流を捉えた読み物を追加した単行本も、気づいたら4冊目。博士のエンジン手帖 4 (モーターファン別冊)は、11月末に店頭に並ぶ予定。



刊行を記念し、12月1日に発売元の三栄書房(東京・新宿)でトーク&サイン会が開催されます。

詳しくはこちらをご覧ください。



日産自動車代表取締役会長の不正行為についても、きっと思うところあるでしょう。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

エンジンが気になるメルセデスAMGの記念写真 [F1]

メルセデスAMGペトロナス・モータースポーツは11月13日、5年連続でF1ダブルタイトルを獲得したことを記念し、チームの本拠地であるブラックレー(Brackley)と、パワーユニットの開発・製造拠点であるブリックスワース(Brixworth)で社内向けのスペシャルイベントを催し、記念撮影を行いました。

M180322.jpg

上空から過去5シーズン(2014-2018年)のマシンを眺めると、ワイドボティになった2017年以降のマシンは、全長(ホイールベースも)がずいぶん伸びていることがわかります。

M180322_2.jpg

ブラックレーからブリックスワースに車両を運んでの記念撮影です。

M180216.jpg

歴代パワーユニットが気になりますね。

M180216_2.jpg

公式ツイッターでもこのように公開。初期と最新では、大径コンプレッサー?オイルタンクまわりの仕様が異なるように見えます。



ビデオではこんなシーンも。

MercedesAMG_Celebration.jpg

近くでじっくり見たい……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

インスタ映えする(?)メルセデス・ベンツAクラス [クルマ]

短い時間ではありましたが、新型メルセデス・ベンツAクラスの光のマジックを堪能しました。

IMG_9214.jpg

レポートはこちら↓
https://motor-fan.jp/article/10006438

イルミネーションやライトアップが好きな人は、新型Aクラスの光の演出が気に入ると思います。

IMG_9268.jpg

Aクラスでは自然対話式音声認識機能のMBUXも気になっていたのですが、なかなか楽しい機能です。

例えばエアコンの温度を下げるよう指示を出すと、温度設定を下げた直後に空調ルーバーを青く光らせる粋な反応を寄こします。



などなど、新型Aクラスの光の演出の数々は、MotorFanのレポートでご確認ください(と、横着を決め込む)。

https://motor-fan.jp/article/10006438

IMG_9314.jpg

インスタ映えするのはブルーとかパープル系かなぁ。なぜか「ピンクにして」の指示には反応しませんでした。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『Toyota & Le Mans SPECIAL MOVIE』公開 [モータースポーツ]

何の前触れもなく(?)、しかもこのタイミングで、トヨタが初優勝を遂げたル・マン24時間レースの振り返りムービーが公開されました。ドライバーやマネジメントが、ル・マンへの思いを語っています(日本語字幕版も公開されるのでしょうか)。



動画を見ていたら懐かしくなったので、ちょっと当時を振り返っておきましょう。

2018年6月11日 月曜日:公開車検
IMG_1752.jpg
IMG_1960.jpg

2018年6月12日 火曜日
IMG_2186.jpg
IMG_2205.jpg

2018年6月16日 土曜日:決勝レース スタート
IMG_2914.jpg
IMG_2952.jpg

2018年6月17日 日曜日:決勝レース フィニッシュ
IMG_3161.jpg
IMG_3185.jpg

で、結局のところ、便乗して宣伝がしたかったわけです↓





お忘れかもしれませんが、2019年のル・マン24時間がWEC2018-2019スーパーシーズンの最終戦です。動画でも触れていますが、トヨタにとってはきっちりと「リピート」することが大切ですね。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

シェフラーシンポジウム2018・その3(電動キックボード) [クルマ]

個人的にもっとも食い付いた展示物はこれでした。シェフラーがシンガポールの拠点で開発している電動キックボードです。ラスト1マイル、すなわち「駐車場から職場までの理想的な交通手段を想定」した、持ち運び可能な乗り物です。

屋内に2台、屋外に1台の計3台が展示してありました。「本当は乗ってほしかったのですが、施設管理側から許可が下りませんでした」とシェフラー側は残念がっていました。

向かって左はTバーハンドルタイプで、操作系は既存のシステムを流用。向かって右はワンハンドで操作できるタイプで、シェフラー独自の操作系で構成されています。ワンハンドタイプは歩行者検知システム(歩行者を検知すると減速)を備えています。

どちらも、大ざっぱにいって約10kg。

IMG_8976.jpg

Tバーハンドルタイプの操作系まわり。

IMG_8939.jpg

ワンハンドタイプの操作系。親指ひとつで加減速できる仕組み。矢印の先の突起を持ち上げると加速、押し下げると減速(回生ブレーキが作動)します。レバーは油圧ブレーキ。ブレーキレバーを握ると、モーターの出力は自動的にカットされます。

IMG_8979.jpg

各タイプに共通のモーターです。

IMG_8924.jpg

油圧ブレーキがモーターと一体化されています。「ブレーキの熱は穴から排出されるので、モーターに影響を与えることはない」と、開発責任者は説明してくれました。

IMG_8927.jpg

ボード(Tバーハンドルタイプ)の裏を見ます。電気のラインと油圧ラインが見えます。航続距離、最高速度ともに最大20〜25キロを想定。

IMG_8967.jpg

屋外に展示してあった、軽量(7.5kg)・小型のTバーハンドルタイプ。Tバーの筒にパワーエレクトロニクスとバッテリーマネージメントシステム、18650規格のリチウムイオン電池が収まっています。

バッテリーは直列で11個つながっており、電圧は約42V。ワイヤレス充電(ただし、受電コイルなどを搭載すると重くなってしまうのが悩み)も対応可。

IMG_8921.jpg

乗ってみたいし、欲しい。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -