So-net無料ブログ作成

アウディR18 e-tron quattro 2014(と過去のR18シリーズ) [モータースポーツ]

2014年のWECを戦うアウディの新車、R18 e-tron quattro 2014が発表になりました。新規定に合わせてモノコックもパワーユニットも一新しているはずですが、R18の名称は踏襲しています。「アウディのスポーツプロトタイプは今後ずっとR18を名乗る。量産車と同じ。A8はモデルチェンジしてもA8だろ」と関係者は2012年に説明してくれましたが、そのスタンスを貫いています。

R18がデビューした2011年から振り返っていきましょう。

Audi R18_2011
R18_2011.jpg

Audi R18 e-tron quattro_2012
R18_2012.jpg

Audi R18 e-tron quattro_2013
R18_2013.jpg

Audi R18 e-tron quattro_2014
R18_2014.jpg

2014年型車は車幅が100mm狭くなって1900mmになります。ただし、タイヤ幅が50mm狭くなるので、フェンダー内側同士を結んだ距離は変わりません。そう思って2014年型を眺めてみると、モノコックはややスリムになっているよう。

フロントアンダーパネルにはフラップの取り付けが認められるようになります。カウルとアンダーパネルの隙間から金属製のステーがのぞいています。コーナーエッジの処理がどうなるのかにも注目していきたいですね。

リヤウィングの幅は1600mmから1800mmになって、エクステンションは姿を消します(そもそも、規則で禁止)。

Audi R18 e-tron quattro_2014
R18_2014b.jpg

多眼式LEDは踏襲しているようですが、ヘッドランプのグラフィックが新しくなっているのも特徴。

Audi R18 e-tron quattro_2013
R18_2013b.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント