So-net無料ブログ作成

ルノー・ルーテシア0.9L・3気筒ターボ+5速MT搭載車 [クルマ]

やってくれましたね、ルノー・ジャポン。ルーテシアの新しいバリエーションは、2つの面で楽しみでした。1つは日本初上陸の0.9L・3気筒ターボ(66kW/135Nm)を搭載していること。2つめは5速MTを組み合わせていることです。

FSCN4667.JPG

話をうかがってみると、0.9L・3気筒ターボエンジン(TCe90)搭載グレードを日本に入れたかったというより、「マニュアルトランスミッションを用意したかった。それに尽きる」とのこと。

ガソリンエンジンは他に1.2L・直4直噴ターボのTCe120がありますが、TCe120は6速DCTとの組み合わせしか選択肢がなく、MTを入れようと思ったらTCe90との組み合わせしか選びようがないそう。粋な組み合わせは結果論なのですね。

Renault_TCe90.jpg

TCe120(88kW/190Nm)から1気筒落としたのが、TCe90(数字は「馬力」に由来)。TCe120は直噴なのに対し、TCe90はポート噴射。TCe120は吸排気ともに可変バルブタイミング機構を備えるのに対し、TCe90は吸気側のみ、という違いがあります。これらの違いもあって、圧縮比はTCe120の10.1に対し、TCe90は9.5です。



マニュアルトランスミッションで操っているせいか、非力さは微塵も感じませんでした。むしろ、どんな状況でもゴキゲン(クルマも人も)。首都高速も自分の間合い/ペースで気持ち良く走れました。

FSCN4666.JPG
DSCN4624.jpg

ルノーのMT車に乗ると毎回感じることなのですが、「カチッとした」とか「節度ある」という感触ではないものの、かといって「ルーズ」とか「節度ない」といった表現もあてはまりにくく、なんとなくこんな感じだろうとシフトレバーを放り込んでいると、「いいんです、いいんです、その調子で」と鷹揚に受け止めてくれる感じ。気を遣う必要はないのに、能動的に操作している気分にさせてくれます。結果、気持ちいい。

乗るたびに、「やっぱマニュアルだよなぁ」と思ってしまう。逆に、日頃から「やっぱマニュアルでしょ」と思っている人はぜひ、乗ってみてください。

FSCN4675.JPG

フランスでクリオ(ルーテシアの本国名)のディーゼルエンジン搭載車+5速MTに乗った際のエントリー↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2013-06-28

一応「ECO」ボタンはついていて、押すとエンジンのトルクを制限したり、ペダルマップを制御したり、エアコンを制御したりします。2000rpm付近になると「上のギヤに変速しろ」と指示してきます。指示どおりに走れば燃費は良くなるでしょうし、走れないこともないのですが、精神的にはあまりよろしくありません。こもり音との付き合いも強いられますし。

DSCN4615.JPG

回転数など気にせず、自分の気持ちとリズムに従ってシフトアップし、ギヤ段を選択して走った方が何倍も気分がいい。その結果、燃費が悪くなるかというと、そんなこともなさそう。

FSCN4672.JPG

ルノーのクルマは6万kmをピークに、そこに向けて少しずつクルマがなじんでいくという話を聞きました。だから、新車時は動きが硬いのだと。走り込んだレンタカーが妙にしっくりくるのは、仕様や走行環境の違いではなく、走行距離の違いがもたらす、なじんでいるかなじんでいないかの違いなのか……と合点がいった試乗体験でもありました。

DSCN4638.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント