So-net無料ブログ作成

ゴードン・マレー×後藤治×シェルのプロジェクトM [クルマ]

レース&ロードカーデザイナーのゴードン・マレーと、ホンダ第2期F1参戦時代のエンジニアにして、現役エンジンスペシャリストの後藤治、それに燃料・潤滑油メーカーのシェルの組み合わせとくれば、1988年のマクラーレンMP4/4を思い浮かべないわけにはいきません(強引?)。ま、マレー本人も動画で触れていることですし……。



前記3者、すなわちゴードン・マレー率いるゴードン・マレー・デザイン(GMD)、後藤治率いるGeo Technology、それにシェルが組んで、「プロジェクトM」と名付けた活動を始めました。シティカーを開発し、製作するプロジェクトです。2015年11月の発表を目指しており、市販化は狙っていません。

こちらがそのドローイング。

Project-M-Concept-drawing.jpg
(クリックで拡大)

マレー氏がドローイングしているの図。

Gordon-Murray.jpg

ベースはGMDが2010年(頃)に開発したT.25/T.27です。

T.27.jpg

T.25/T.27の全長は2.5mで、かつてのマクラーレンF1のような、ドライバーが車両中心線上に座る(センターポストの)レイアウト。後方に腰を下ろした乗員は、ドライバーの脇に足を投げ出すようにして座ります。

T25_layout.jpg

T.25はガソリンエンジン車、T.27はEVです。パワートレーンは後車軸前方に搭載します。T.27の例はこちら。

T.27_ EV Side View B.jpg

電動パワートレーンはザイテック製。

DSCN4367.jpg

ヤマハは2013年の東京モーターショーに「MOTIV」と名付けたシティカーのコンセプトモデルを出展しました。これもGMDと共同開発しています。プロジェクトMと同様、F1つながりで実現したプロジェクトのよう。

DSCN0040.jpg

当時は、25kWのEVユニットと、1L・3気筒ガソリンエンジンを開発中とのことでした。

DSCN0054.jpg

プロジェクトMのシティカーは、ガソリンエンジンを搭載します。そのガソリンエンジンを開発するのがGeo Technology。

DSCN1603.jpg

エネルギー消費を最小限に抑えたパーソナルモビリティの可能性を探究するのが、開発の狙い。EVにだけ狙いを定めるのが正解とは限りませんしね。シェルは主にスペシャルな潤滑油の開発で協力します。

どんなエンジンを積むのか、にも興味が湧きますね。

DSCN1579.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント