So-net無料ブログ作成

ホフブロイハウス [ビアライゼ]

マリエン広場から歩くこと数分、ホフブロイハウスが見えてきました。

IMG_7058.jpg

繁盛しているはずなのにずいぶん静かだなぁ。開いているのかなぁ、とじゃっかん心配になったのですが、どうやら路地を1本間違ったらしく、裏口でした。

IMG_7061.jpg

正面はこちら。ひっきりなしに人が吸い込まれ、吐き出されていきます。

IMG_7159.jpg

では、入りましょう。

IMG_7151.jpg

にぎやかです。

IMG_7147.jpg

ショッピングモールのカフェテリアと同じで、空いている席を早い者勝ちでとる仕組み。席に着くと持ち場のウエイターが注文をとりにきます。

IMG_7143.jpg

ラッキーなことに、楽団の近くにある席が空いていました。6〜8人がけのテーブルです。座ってほどなくすると、アメリカ人らしきグループ(老カップル×2)がやって来て、「いいかしら?」と聞いてきたので、快諾しました。「どこから来たの?」と聞かれたので、「どこから来たんですか?」と聞き返すのが礼儀でしょう。格好や言葉からだいたい想像ついていましたが。

「アメリカよ」「アメリカのどこですか?」「ミネソタ」「……」「どこだかわかる?」「どこでしたっけ?」「真ん中の北」などという大ざっぱなやりとりをしつつ、一緒に繁盛店のムードを堪能。

IMG_7141.jpg

ほろ酔い加減で聴くのにちょうどいい演奏です。



まずは定番のホフブロイ・オリジナル(ラガー/1L/8ユーロ)を注文。

IMG_7101.jpg

ソーセージの盛り合わせ(11.9ユーロ)をたのみました。

IMG_7115.jpg

すでにお腹いっぱいですが、意地でミュンヒナー・ヴァイス(0.5L/4.2ユーロ)を飲みます。

IMG_7126.jpg

売り歩いているプレッツェルを買って食べたい気持ちは山々でしたが、どうにもお腹いっぱいで諦めました。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント