So-net無料ブログ作成

ル・マン24時間:フォード、2016年に復帰 [モータースポーツ]

12日金曜日のことですが、ル・マン24時間サーキット内にある「フォード・ビルディング」(期間限定仮設施設)で、フォードが2016年からル・マンに復帰する旨の発表会が開かれました。

IMG_0409.jpg

会場はそう広くないこともあって、大混雑でした。会長のビル・フォード・ジュニア(ウィリアム・クレイ・フォード・ジュニア:写真右端)が冒頭の先陣を切って話始めたのですが、総じて欧米のブランドはプレゼンテーションがうまいですね。

「フォードは文字通りレーストラックで生まれた」と言って、曾祖父(つまり、創業者のヘンリー・フォード)のエピソードを持ち出したり、「1968年だったか、私の父のヘンリー・フォード二世がインディアナポリスでペースカーを運転したので乗せてもらった」とか、「フォードがル・マンでワン・ツー・スリーを達成した1966年のことを良く覚えている。私は9歳だったが、当然のように、それまでの人生であれ以上印象的な瞬間はなかった。あの瞬間に私は決めた。生涯をフォード・モーター・カンパニーに捧げようとね」などと語るものだから、その頃にはすっかりフォードに心酔してしまう仕掛け(個人の感想です)。

IMG_0336.jpg

フォードが参戦するのはLM GTEカテゴリーで、ベース車両は先日発表になったばかりのフォードGT。ベース車両はこんな感じ。

All-NewFordGT_27.jpg

2003年頃にも初代GT40をモチーフにした「フォードGT」が発表〜生産されたことがありましたが、「あれはGT40のリメイク。フォード100周年を記念したものであって、レースをするために生まれてきたわけではない」と説明。

FordGT_2003.jpg

今回の「GTスーパーカー」は違って、レースするため、ではなく「勝つために生まれてきた」と、ビル・フォードは強調しました。

IMG_0394.jpg

EcoBoostのペットネームを持つ3.5L・V6直噴ターボを積んでいます。後ろに回るとエンジンが見えます。

IMG_0363.jpg

すでにアメリカのUSCCで実戦経験のあるユニットです。詳細はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2013-10-26

ディフューザーがえぐいんですけど……。

IMG_0372.jpg

車両製作&オペレーションはUSCCと同様チップ・ガナッシ・レーシング(最初の写真、左端)が行います。新生フォードGTはル・マン24時間を含んだWECだけでなく、USCCにも参戦。デビュー戦は2016年のデイトナ24時間です。

ガナッシは「チップ・ガナッシ・レーシングは過去にインディ500に勝ち、デイトナ500に勝ち、デイトナ24時間やセブリング12時間にも勝ったが、ル・マンはまだ勝っていない。だから、この、世界最大のスポーツカーレースでぜひとも勝ちたいと思っている。フォードがそのチャンスをくれた」という旨の話をしました。思わず応援したくなってしまうような内容です(やはり、個人の感想)。

ところで、フォードが復帰する2016年は、GT40でワン・ツー・スリー・フィニッシュを達成してから50年の節目にあたります。サーキット内の特設巨大ブースでは当時の参戦車両を集めた、「フォード対フェラーリ展」を開催しています。

IMG_9965.jpg

こちらは、1966年に3位に入った車両だそう。

IMG_9991.jpg

その当時のライバルがこちら。フェラーリ330P3。

IMG_9998.jpg

フォードのル・マン復帰を告知する動画です。終盤、何かを暗示した動物の動きに注目。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント