So-net無料ブログ作成

比較:フォーミュラE北京戦・新旧コースレイアウト [モータースポーツ]

フリープラクティス1回目のトップタイムは、S・ブエミ選手が記録した1分36秒991(ルノーe.Dams)でした。昨年の予選最速タイムはN・プロスト選手(e.Dams)が記録した1分42秒200でした。5秒以上もラップタイムを短縮しています。

IMG_5749.jpg

昨年と今年ではコースのレイアウトが一部変更になっています。昨年のレイアウトはこちら。

2014年コースレイアウト
FE_Beijing_S1_map.jpg

今年はこちら。

2015年コースレイアウト
FE_Beijing_S2_map.jpg

2014年のレイアウトでターン2の先にあったシケインがなくなっています(矢印)。「エネルギーマネージメントの面でも楽になるし、流れが良くなるので現行ターン3が重要な追い越しポイントになる」とL・ディ・グラッシ選手(ABTシェフラー・アウディ・スポーツ)は説明していました。

大幅なタイムの短縮は、シケインが1個なくなっただけが理由ではなさそうですね。ドライバーの慣れやエネルギーの使い方、シャシーや空力のセットアップが進んだ効果が大きそうです。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント