So-net無料ブログ作成

東京オートサロン2016で見かけたレース車両その1 [モータースポーツ]

レース車両は新旧いろいろありました。まずは「新」から。2016年のSUPER GT GT300クラスに投入される、aprのプリウスGTです。2015年まで走っていた3代目プリウスから、新型の4代目プリウスにベース車両(エクステリアのみ引用)が切り替わりました。

IMG_8855.jpg

ベース車両の要素を上手に取り入れながら、レース車両に必要な機能もこれまた上手に成立させているように見えます。前も後ろもカッコイイ。

IMG_8859.jpg

では「旧」に移りましょう。富士スピードウェイのブースに展示してあったのは、トヨタ7プリンスR380

IMG_8820.jpg

富士スピードウェイ開業50周年(1996年→2016年)を記念しての展示です。

IMG_8847.jpg

ダンロップのブースには、ル・マン24時間にも出場したアルピーヌM63(1963年)が展示してありました。

IMG_8980.jpg

テールがいい。アンバランスな要素があると、目が引き付けられてしまうようですね。

IMG_8986.jpg

アンバランスと言えば(?)、クムホタイヤジャパンのブースに展示してあった韓国のSuper 6000車両(井出有治車)もそう。

IMG_8874.jpg

スラントせず、水平に伸びるノーズが異形に見える要素?

IMG_8871.jpg

異形と言えば、マツダLM55ビジョン・グランツーリスモもそうでした。

IMG_8885.jpg

ゲームの世界(二次元)を走る架空のスポーツカー(ル・マン24時間出場車両をイメージ)をフルスケールで現実(三次元)にしたものですが、真剣にデザインしたからでしょう。視線釘付けでした。

IMG_8891.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント