So-net無料ブログ作成

4〜5秒速くするための2017年F1ボディワーク [F1]

1998年に車幅を2000mmから1800mmに狭くしたのはスピードを抑制するため(安全性向上が狙い)だったのですが、2017年には現状より4〜5秒速くするために車幅を1800mmから2000mmに戻します。一体、どうしちゃったのでしょう。F1はチームの不断の努力によって、放っておいても毎年2秒は速くなるのに……。

2016年型F1マシン(マクラーレン・ホンダMP4-31)
McLaren_Honda_MP4-31.jpg

2016年と2017年のボディワーク関連の変更点を一覧表にまとめました。

2017年の主要ボディワーク変更点(2016年との比較)
2017_F1_bodywork.jpg

前後のタイヤ幅が広くなって接地面積が増えるので、グリップのポテンシャルが上がります。前後のウイングは大きくなるし、ディフューザーの容積も大きくなるので、ウイングやフロアで発生するダウンフォースは増えて、グリップ力は格段に大きくなるでしょう。ウイングやサイドポッドに後退角をつけるのは、見栄え重視でしょうか。

サスペンションアーム類は角度の自由度が大きくなるので、これまで以上に空力的な効果を引き出せるようになります。

Formula1.comで新旧をわかりやすく比較しています↓
http://www.formula1.com/content/fom-website/en/latest/technical/2016/2/analysis---the-2017-bodywork-proposals-explained.html

現在のリヤタイヤをフロントにつけるようなものなので、それだけでもずいぶん迫力は違うでしょうね。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント