So-net無料ブログ作成

【WEC】アウディとポルシェの気になるディテール [モータースポーツ]

24日の出来事です。17時から集合写真を撮るので、マシンが三々五々、コースに出てきました。アウディR18 e-tronクワトロの2016年仕様、写真では確認していましたが、実物の迫力は二次元の世界で受ける比ではなく、異様な風体にギョッとします。

IMG_1795.jpg

最終的にはこんな感じできれいに整列するのですが、20台以上をきれいに並べないといけないので、それなりに時間がかかります。その間、気になるマシンの気になるディテールを眺めるチャンス。ディテールが気になるのはエンジニアやメディアばかりではなく、ドライバーも……。

IMG_1996.jpg

ポルシェのマーク・ウェバーがアウディのサイド部をのぞき込んでいました。

IMG_1953.jpg

トヨタTS050ハイブリッドも気になるらしく……。

IMG_1955.jpg

他車のディテールを堂々とのぞき込んでも、自分のクルマに足を載せても誰からもとがめられないのは、ドライバーだから?

IMG_1957.jpg

ウェバーがのぞき込んでいたアウディR18 e-tronクワトロのサイドからフロントへの「抜け」はこんな感じです。前方にガイドベーンが並んでいるのが確認できます。

IMG_1813.jpg

集合写真の先頭にはトヨタTS050ハイブリッド、ポルシェ919ハイブリッド、アウディR18 e-tronクワトロのLMP1-H勢3車が並びましたが(全車、カラーリング一新しましたね)、極端なハイノーズになったアウディの前にだけ人が並んでガードしています。フロントのディテール、とくにカウルの下を見られない(撮られない)ようにするため。

IMG_1990.jpg

人が立つ前にチラッと覗いたところ、こんなふうでした(車両左側。向かって左寄りに見えるのがアンダーパネルを支えるステー)。ドライブシャフトに大きな下反角がついているのが確認できます。

IMG_1829.jpg
(クリックで拡大)

ポルシェのドライブシャフトを見てみると、アウディのドライブシャフトがいかに急角度でフロントMGUからホイールセンターに向かっているかが分かります。

IMG_1429.jpg

LMP1-H勢3車を横から眺めてみると、ウインドスクリーンとフロントセクションの位置関係から、アウディのコクピットがだいぶ後退しているのがわかります。

IMG_1863.jpg
(クリックで拡大)

ポルシェ919ハイブリッドですが、リヤから眺めた際は「ずいぶん大きなガーニーフラップがついているな」と早合点したのですが……。

IMG_1672.jpg

フロント側から眺めてみると、いったん深く落ち込んだカウルが大きく反り返っているのでした。

IMG_1774.jpg

ポルシェがポールリカールに持ち込んだのは、開幕戦シルバーストンに持ち込むハイダウンフォース仕様。トヨタはテスト初日にロードラッグ仕様のシェイクダウンを行っていました(集合写真撮影時はハイダウンフォース仕様)。なので、ストレートでの最高速は30km/h以上違います(トヨタは午前のセッションで338.6km/hを記録。ポルシェは301.7km/h)。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント