So-net無料ブログ作成

プジョー/シトロエン/DSのディーゼルエンジン搭載車 [クルマ]

プジョー/シトロエン/DSの各ブランドを擁するPSAグループは7月12日、ディーゼルエンジン搭載車の日本導入を発表しました。

IMG_9130.jpg

直近で言うと、6月にル・マンを訪れた際、出てきたレンタカーが1.6L・直4ディーゼルを積んだプジョー208でした。

IMG_6027.jpg

パリからル・マンに向かう際は40〜50km走ってようやく最高速度が130km/hの区間に出るのですが、その手前、90km/hや110km/のh区間で走っている際の平均燃費は3.7L/100km(約27.0km/L)だったりして(ペリフェリックの渋滞なども含む)、「よく走るなぁ」と感心しました。力強くて頼もしいという意味でもよく走ります。

IMG_8173.jpg

日本には1.6L・直4と2.0L・直4の2種類が入ってきます。2.0L版は高出力版と低出力版の2仕様を設定。すべてのディーゼルエンジンを総称して、BlueHDiと呼びます。煤を捕集するDPF、NOxを浄化するAdBlue(アドブルー)式SCRは、全エンジンに共通する技術。HDiはHigh Pressure Direct Injection(高圧直噴)の略だそう。

IMG_9235.jpg

プジョー8モデル、シトロエン3モデル、DS3モデルの計14モデルのディーゼルエンジン搭載車が、この先6ヵ月で日本に導入されます。かなり意欲的。しかも、1.6L版のシトロエンC4 FEEL BlueHDiが279万円(税込)、プジョー308 Allure BlueHDiが299万円(税込)と、価格設定もかなり攻めています。すべて、アイシン・エィ・ダブリュ製6速ATとの組み合わせ。

IMG_9190.jpg

プレゼンテーションでは、「低速トルクが豊かなので力強く走る」という説明がありました。

IMG_9185.jpg

だったら、出力ではなくトルクを前面に出してくれてもよかったかなぁ……。

IMG_9198.jpg

ちなみに、1.6L/120ps版の最大トルクは300Nm/1750rpm、2.0L/150ps版は370Nm/2000rpm、2.0L/180ps版は400Nm/2000rpmです。力強さ、想像できますね。

IMG_9196.jpg

日本の道路環境で乗ると、どうなんでしょう。6速ATとのマッチングも含めて気になります。

IMG_9210.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント