So-net無料ブログ作成

新デザインのフロントウイングを得たシーズン3のフォーミュラE [モータースポーツ]

2016/17年のシーズン3を走るフォーミュラEは、新しいフロントウイングを装着することになりました。上下2段構造になっているのが特徴です。空力性能の向上を図るのが目的ではなく、見た目に変化をつけるのが狙い。

パワートレーン(モーター/インバーター/ギヤボックス)は進化していますが、シャシーと空力パッケージは3シーズン目を迎えるので、そろそろテコ入れを、ということでしょうか。小規模な変更ですが、変わった感じは受けますね。

Formula E - Season3(2016/17)
FE_S3_front.jpg

シーズン1〜2はこんなルックスでした。

Formula E - Season1(2014/15) - Season2(2015/16)
FE_S2_front.jpg

シーズン3からは完全自動運転車両によるロボレースが、フォーミュラEと併催する格好で始まります。そのロボレースのフロントセクションに感化された造形と受け取ったのですが……

Roborace(2016/17)
roborace_front.jpg

フォーミュラニッポン〜スーパーフォーミュラを走ったFN09/SF13を連想した人も多かったようで……

Formula Nippon/Super Formula - FN09(2009-12)/ SF13(2013)
SF_front.jpg

フォーミュラEは「未来的」と表現していますが、どちらかというと「懐かしい」造形ですね。F1で2007〜08年に流行したブリッジウイングを連想させますし。F1の方はフォーミュラEと違って、空力的に意味のある形状でした。

Formula One - Ferrari F2008(2008)
2008_Ferrari.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント