So-net無料ブログ作成

メルセデス・ベンツE200 AVANTGARDE Sports [クルマ]

東京〜鈴鹿サーキットの往復はメルセデス・ベンツEクラスと過ごしました。

IMG_2925.jpg

先進機能満載ですが、とくに注目して体感したのは「ディスタンスパイロット・ディストロニック&ステアリングパイロット」と呼ぶ車間維持&ステアリングアシスト機能です。機能をセットすれば、同一レーン内で速度(アクセル&ブレーキ)と進路(ステアリング)を自動でコントロールしてくれます。

「これはぶつからないな」という安心感は使ってすぐに芽生えますので、新東名のような急カーブがなくて交通量もそんなに多くないルートだと、100km単位でアクセルとブレーキ、ステアリングを能動的に操作しなくて済みます。体はだいぶ楽です。

だからといって移動が退屈かというと、そんなことはありません。「ちゃんと機能するのかな?」、「どんなクセがあるのかな?」という感心を抱きながらのドライブだったせいかもしれませんが。

IMG_6150.JPG

iPadが横に2枚並んでいるかのような大型液晶ディスプレイ(12.3インチ×2)が目を引きます。ステアリングのスポーク部には、上下左右にスワイプして操作するタッチパッドが付いています。アンビエントライト(ムード照明?)は任意の色に変更可能。赤紫っぽい色にしてみました。

IMG_2886.jpg

エンジンは2.0L・直4直噴ターボ(135kW/350Nm)を搭載。これに9速ATを組み合わせます。動力性能的に十分ですし、スムーズだし、静かです。

IMG_2915.jpg

インタークーラーは水冷式。

IMG_2919.jpg

ターボチャージャーはIHI製。

IMG_2920.jpg

今回の東京〜鈴鹿の旅では839km走って、平均燃費は13.5km/Lでした。高速道路の巡航時は15.0km/Lを超えます。

IMG_6173.JPG

2011年には3.0L・V6ディーゼルを積んだE350ブルーテックで東京〜鈴鹿を往復しており、13.7km/Lを記録していました。燃費は2016年の2.0L・直4直噴ターボと同等。ガソリンエンジンの進歩を感じます。

2011年のエントリー↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2011-10-12

実は2006年にもEクラスのディーゼルに乗っており、このときは「約12kmの燃費に感心します」と書いていました。12km/Lに感心していたのですね、当時は。

2006年のエントリー↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2006-10-10

5年おきにEクラスに乗って鈴鹿に行きたくなる法則でもあるのでしょうか……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント