So-net無料ブログ作成

マツダ・ロードスター&アバルト124スパイダーちょい乗り [クルマ]

マツダ・ロードスターとアバルト124スパイダーの比較は自動車媒体の定番企画の様相を呈していますが、そりゃ、気になりますよね。乗り比べ企画に便乗してみました。

IMG_2956.jpg

ロードスターのエンジンルームです。アクセラが積んでいるSKYAKTIV-G 1.5(1.5L・直4自然吸気)をベースにはしていますが、ロードスターに合わせて大幅に手が入っており、ほぼ新設計と言っていい内容。

横置きから縦置きに変えただけ、ではありません。高回転まで気持ち良く回るだけでなく、気持ちいい音を聞かせ、軽く、コンパクトに仕立てています。実に気持ちのいいエンジンです。

Mazda Roadster
IMG_2937.jpg

一方の124ですが、フィアットがもともと持っている横置きの1.4L・直4ターボ(ポート噴射)エンジンを、縦置きにして搭載。もともとのエンジンが排気前だったので、ロードスターと吸排気の位置が逆になっています。取り回し、苦労したことでしょう。

Abarth 124 Spider
IMG_2939.jpg

100km/h走行時のエンジン回転数は両車とも2500rpm付近でした。アバルトは「もっと低くても十分走るのでは?」という印象。気になったので総減速比を比較してみました。124の1速の数値が大きいのは、発進は無過給状態(ロードスターとの対比では分が悪い)を強いられるからでしょう。

124は先代ロードスター(NC)のMTをベースとしたトランスミッションを搭載します。つまり、5速が直結。現行ロードスター(ND)は新設計のトランスミッションを積んでおり、6速が直結です。このあたりの背景はMotor Fan illustrated Vol.105に詳しく書いてあります。

総減速比の比較
overall_gear_ratio.jpg

アバルト風な味をうまく表現しているエクステリアとは対照的に、インテリアはロードスターを色濃く引きずっている印象。制約が多くてなかなか難しいのでしょう(と想像)。

撮影車の重量差は120kgでした(ロードスター1010kg、アバルト124ロードスター1130kg)。ロードスターのSKYAKTIV-G 1.5はアクセラのSKYAKTIV-G 1.5に対して17kg(!)もの軽量化を果たしているので、124のターボユニット(インタークーラー含む)とは相当な重量差が生じているものと想像できます。

ロードスターの新旧ドライブトレーンは(マツダ技報によると)21kgの重量差があるので、ロードスターと(NC用をベースとする)124のドライブトレーンにも相応の重量差があるものと想像できます。あとは肥大化したボディ分でしょうか。もともとが軽い車両ですので、重量差はてきめんに感じます。124が重いというより、ロードスターは動きが軽い。

Mazda Roadster
IMG_3014.jpg

Abarth 124 Spider
IMG_2996.jpg

サスペンションは共通です。124にはビルシュタイン製のダンパーがついていますが、ロードスターにも「RS」にはついています(写真はSスペシャルパッケージ)。124は左サイドにもテールパイプを設けていることが、写真からわかります。

デフケースの様子も異なっており、ロードスターは冷却フィンのないすっきりした形状となっています。

Mazda Roadster
IMG_3020.jpg

Abarth 124 Spider
IMG_2994.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント