So-net無料ブログ作成

マツダのIMSA DPi車両(RT24-P) [モータースポーツ]

マツダはキャデラックのDPi(Daytona Prototype international)車両よりひと足早く、2016年11月16日のロサンゼルスオートショーで、2017年シーズンのIMSA WeatherTech SportsCar Championshipに投入する車両を発表しています。その名も「RT24-P」。

2017_rt24p_front_quarter.jpg

スタイリング要素が強いのは一目瞭然で、市販車でおなじみの「魂動デザイン」でまとめられています。生き物のように意思を持って動き出す緊張感と生命感、感じられるでしょうか。

5角形のグリルも魂動デザインを構成する要素のひとつです(メッシュ状の処理は確認できますが、実際にダクトとして機能しているのか、気になりますね)。

2017_rt24p_front.jpg

シャシーは新LMP2規定に合わせて設計されたライリーMk. 30がベースで、マルチマチックと共同で開発。空力性能との両立を図りながら、魂動デザインを取り入れているそう。

2017_rt24p_rear_quarter.jpg

サイドのシルエットをキャデラックDPi-V.R(写真は左右反転)と比較してみると、マツダRT24-Pのスタイリング要素の強さがわかります。

Mazda RT24-P
2017_rt24p_side.jpg

Cadillac DPi-V.R
2017-Cadillac-DPi-VR_side.jpg

エンジンは、2016年に投入したAER製の2.0L・直4直噴ターボ(600hp)、MZ-2.0Tを搭載。

マツダの2016年型プロトタイプの情報はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2016-01-10

リヤセクションも、ダラーラ製をベースとするキャデラックDPi-V.Rと比べてみましょう。ライリー/マルチマチックのマツダRT24-Pはリヤフェンダー後端がすぼまっており、その影響でリヤウイング翼端板が独立しています。LMP1-Hに例を求めると、トヨタTS050ハイブリッド風?

Mazda RT24-P
2017_rt24p_rear_quarter_b.jpg

一方、キャデラックDPi-V.Rは、後端まで真っ直ぐ伸びたリヤフェンダーとなっており、リヤウイング翼端板はそのフェンダーを起点に立ち上がっています。V字を描く低いリヤカウルの造形も含め、ポルシェ919ハイブリッドに似ているような……。

Cadillac DPi-V.R
2017-Cadillac-DPi-VR_rear.jpg

ちなみに車名のMazda RT24-Pのうち、Mazda RT24はドライバー育成プログラムのMazda Road to 24に由来。このうち「24」は、2リッター・4気筒も表してるそう。Pはプロトタイプの意味です。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 2

katu

名前が抜けてました。
レギュレーションなど理解してないのですが。MazdaとCadillacを横からの写真を見ると、ヘッドライトあたりがMazdaは滑らか、CadillacやWECのポルシェとかも壁の様ですが、空力がいいんですかね?
by katu (2016-12-05 03:24) 

世良耕太

マツダは空力上の理由で滑らかにしたというより、空力を犠牲にしない範囲でスタイリングを重視したように思えます。最近のプロトタイプは、どちらかというとキャデラックのようなフォルムが一般的です。
by 世良耕太 (2016-12-05 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント