So-net無料ブログ作成

【IAA2017】シェフラーのフォーミュラE車両が搭載するMGU [モータースポーツ]

フランクフルトモーターショー(IAA)ですが、着いたら「どこから見ようかな」と思うわけです。一番奥のホールから順番に見て、スタート地点に戻ってくるのが合理的だと、だいたい思うわけです。楽したいので。1日だいたい2万歩(16km弱)くらい歩きます。

IMG_7209.JPG

とくに深く考えず、今回もそうしようと思ってホールとホールを結ぶ連絡通路を歩いていると、シェフラー(Shaeffler)の看板が目に飛び込んできました。フォーミュラEのドライバーズチャンピオンを獲得したルーカス・ディ・グラッシと、シーズン3(2016/17年)を戦ったアウディ・スポーツ・アプト・シェフラーFE02を組み合わせた構図です。

「ホール5.1ね、後で寄ろう」と確実に刷り込まれた点で、効果的な看板でした(個人的に)。

IMG_5560.JPG

そのディ・グラッシですが、IAA期間中にロボレース(Roborace)のCEOに就任する旨が発表されました。

関連公式動画↓



ロボレースは、ドライバーレスの自動運転(自律走行)電動車両によって行われます。その競技車両がロボカー(Robocar)で、タイヤを供給するミシュランのブースに展示してありました。

IMG_5935.JPG

ホール11、9、8、6、4.1、4.0、5.0と見学して、シェフラーのブースがるホール5.1にたどり着きました。この時点でかなりへとへとです。

アウディ・スポーツ・アプト・シェフラーFE02(ディ・グラッシ車)が展示してありました。

IMG_6243.JPG

「あれはひょっとして?」と目ざとく見つけて近づいてみると、FE02が搭載するシェフラー製のモーター/ジェネレーターユニット(MGU)でした。今回のIAAで一番のめっけもんかもしれません。

IMG_6255.JPG

車両のどの位置に搭載されているかは、こちらの動画でご確認ください。



開発担当エンジニアに話を聞こうとすると、「それより、こっちこっち」と、チャンピオントロフィーの前につれていかれました(さっき見た、とも言えず……)。よほどうれしいと見えます。

IMG_6247.JPG

MGUとインバーターを一体にしているのが構造上のミソです(冷却系も一体)。レギュレーション上、最高出力は200kW(レース時は170kW)に制限されていますが、効率を考え、最高出力は220kWで設計しています(220kWで設計して、170-200kWで使用)。最大トルクは440Nm。作動電圧は500-700V。最高回転数は12000rpm。システム重量は27.5kg。

IMG_6252.JPG

ブースを訪れたアンゲラ・メルケル首相にフォーミュラEのミニチュアカーを手渡すペーター・グッツマーCTO(最高技術責任者)がお茶目↓



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント