So-net無料ブログ作成

ルノー・スポールF1のエンジニアとドライバーの交信 [F1]

US GPが始まったので思い出したワケでもないのですが、第16戦日本GPのフリープラクティス3回目はルノー・スポール・フォーミュラ・ワン・チームのガレージで見学させていただいたので、そのときの様子を少しお伝えします。ヘッドセットを貸してくれましたので、レースエンジニアとドライバーの無線交信を聞くことができました。

このレースが最後になったジョリオン・パーマーとエンジニアの交信より、ニコ・ヒュルケンベルクとエンジニアの交信の方が圧倒的に活発でした。

IMG_8221.JPG

セッション開始早々、ニコをコースに送り出します。

エンジニア「オーケー、ニコ。シナリオ7にしてくれ。トラックはクリアだ。ボッタスが7秒後ろで計測ラップを行っている」

ニコ「コピー(了解)」

無線交信を聞いていると、「オーケー、ニコ」がレースエンジニアの口ぐせであることがわかります。「シナリオ」とは、パワーユニットのマネージメントなどに関するプリセットです。ステアリングホイールの右側に配置されているロータリースイッチで切り換えます。「シナリオ2に変えて」「今度はシナリオ1」と、セッション序盤はシナリオの確認を中心に行っていました。

走行データから、ターン11(ヘアピン)で苦しんでいる様子を感じ取ったのでしょう。エンジニアからニコに無線が飛びます。

エンジニア「ターン11をアジャストしよう」

ニコ「フロントタイヤがとても重たい」

アンダーステア症状に苦しんでいるようです。

エンジニア「デフ・エントリーを6にしてくれ。そうすればアンダーステアは解消できると思う」

コーナー進入のデフの利きを弱くする方向で調節しろと指示を出したのでしょう。シナリオとデフ・エントリーのロータリースイッチは、右の親指で調節できる位置にあります。

IMG_8258.jpg

セッション開始から十数分が経過した頃、ピットレーン出口でスタート練習をするよう、エンジニアからニコに指示が出ました。

エンジニア「このラップでピットレーンをドライブスルーして、出口でスタート練習をするんだ」

ニコ「コピー」

エンジニア「リチャージ(エネルギー回生による充電)をオフにして、シナリオを2にしてくれ。バーンアウト(タイヤへの熱入れ)を2回して、スタートするんだ。(スタート練習後は)ターン9(デグナー2個目)までプッシュしてくれ」

スタート練習は狙いどおりにいかなかったようで、ニコに対して「もう1回」の指示が飛んでいました。

バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)がターン14(スプーン)出口で外側のガードレールに接触し、コース上に部品が散乱したため、セッションは赤旗中断になりました。ガレージに戻ってきたニコとエンジニアのやりとりが始まります。

エンジニア「次ぎに出るときは燃料を軽めにして、スーパーソフトを付ける。課題はフロントウイングをどうするかだ。昨日のセッション(FP1)の最後に試したのに戻すか、いまので行くか決めたい。路面は急速に良くなっているから、(ソフトならまだしも)スーパーソフトを履いてアンダーステアに悩みたくないな」

ニコ「そうだね」

こちらが新しいフロントウイング。

IMG_7636.JPG

こちらが現行バージョン。結局、新バージョンは投入されませんでした。

IMG_7634.JPG

ニコはセッションを通じて、アンダーステアに悩んでいる様子でした。

エンジニア「何かコメントは?」

ニコ「ハイスピードでひどいアンダーステアを感じた。第1セクター、とくにターン2で。エントリーも問題で、ターン9と11はいまだにトリッキーだ」

思うように曲がってくれないマシンと格闘している様子が伝わってきます。

21197765.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント