So-net無料ブログ作成

【SGT Rd.8もてぎ2017】手にとって確かめられるZFのパーツ [モータースポーツ]

中央エントランスと観客席に挟まれたエリアには、企業のブースがたくさん並んでおり、それはそれはにぎわっておりました(フードストリートにはいいにおいが漂っています)。

IMG_1815.jpg

一角にZFのブースがありました。

IMG_1866.jpg

台の上に無造作にパーツが置いてあります。

IMG_1863.jpg

何がうれしいって、手にとって直接感触を確かめられること。下の写真はF1のダンパー。小さく、軽いことが手に取ってみると、よくわかります。

IMG_1838.jpg

こちらはF1用クラッチ。カーボンディスクの径は97mmしかありません。径の大きい5枚のインターミディエイトプレートの間に、4枚のドリブンプレートがあります。ハウジングはチタン製。

IMG_1853.jpg

こちらはDTMの共通部品に指定されているクラッチ(やはり4プレート)。ディスク径は140mm、ハウジングはスチール製。スタンディングスタートのDTMは、6000rpmで半クラッチにし、数秒間維持します。その際の表面温度は1200℃に達するのだそう。ずいぶん過酷な条件にさらされます。

IMG_1849.jpg

大きさの違い、わかるでしょうか。左端がDTM(GT500もほぼ同仕様)用。

IMG_1835.jpg

「何だろう、このダンパー」と思って説明書きを見たら、フォーミュラEやV8スーパーカー(オーストラリア)で採用されていると書いてありました。ほほぅ。

IMG_1859.jpg

ブース内にはZF製ダンパーを搭載する、横浜国立大学の学生フォーミュラ車両(搭乗体験を実施)も展示してありました。フォーミュラEの垂れ幕(?)もありますね。

IMG_1871.jpg

ZFは2016/2017年のシーズン3から、ヴェンチュリー・フォーミュラEチームと技術提携を結んでいます。12月の香港戦で幕を開けるシーズン4には、新開発の2速ギヤボックスを投入するそう。どんな技術が投入されるのか、楽しみです。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント