So-net無料ブログ作成

【香港電動方程式】バッテリーの上を見てみる(インバーターの搭載位置を検証) [モータースポーツ]

フォーミュラEはシーズン2(2015/16年)からパワートレーンの独自開発が認められるようになりました。パワートレーンはモーター(プラクティス/予選時200kW、レース時180kW)、インバーター、ギヤボックス(1速から6速まで任意に選択可)を指します。シーズン1は共通のパワートレーンで走っていましたので、この領域での開発競争はありませんでした。

シーズン1車両のパワートレーンを見てみましょう。28kWhの使用可能エネルギーを備えたバッテリーは、シーズン2以降も共通です(非競争領域)。

IMG_2338.jpg

大きく重たいインバーター(約15kg)を小さく軽くし、低い位置に搭載するのがトレンドです。アウディ・スポーツ・アプト・シェフラーがシーズン2〜3で搭載していたインバーターはモーターと一体構造で、ベルハウジングの中に収まっていました。

こんなふう。

IMG_6255.jpg

という構造ですので、バッテリーの上はすっきりしています(写真はシーズン4の車両。以下同)。

Audi Sport Abt Shaeffler
IMG_2447.JPG

こちらはルノーe.ダムス。やはり、すっきりしています。

Renault e.dams
IMG_2667.JPG

ドラゴンもテチーターもすっきりしています。

Dragon
IMG_2674.JPG

Techeetah
IMG_2536.JPG

マヒンドラは上に何か載っていますね。

Mahindra Racing
IMG_2662.JPG

ヴェンチュリーのバッテリーにも何か載っていますが、インバーターではなさそう。シーズン3までは約13kgのインバーターが上に載っていました。日本のロームはシーズン3(2016/17年)からヴェンチュリー・フォーミュラEチームとオフィシャル・テクノロジー・パートナーシップ契約を締結し、インバーターの中核を担うSiCパワーデバイスを提供しています。

シーズン3までの情報はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-05-27

シーズン3はいわばハイブリッドな状態でしたが、シーズン4向けはフルSiCパワーモジュールに進化。インバーターのさらなる小型・軽量化(約9kg)を実現しています。搭載場所は特定できませんが、ニュースリリースを見ると、低い位置に搭載してあるよう。

ダンパー&コイルスプリングがギヤボックス上面に見当たらない点にも注目。搭載場所が他とは異なります。

Venturi Formula E Team
IMG_2488.JPG
IMG_2498.JPG

ローム株式会社のニュースリリースはこちら↓
http://www.rohm.co.jp/web/japan/news-detail?news-title=2017-12-01_news_formula-e&defaultGroupId=false

小林可夢偉選手が乗るMS&ADアンドレッティです。大きなインバーターがデンと載っていますね(矢印)。

MS&AD Andretti
IMG_2670.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント