So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日産:シンクロレブコントロール付き6速MTのシースルーモデル [クルマ]

セレナe-POWERを見るつもりで日産グローバル本社ギャラリーを訪れたのですが、気になるブツがあったので近づき、触ってきました。

VQ37VHRエンジン(3.7L・V6自然吸気)&シンクロレブコントロール付き6速マニュアルトランスミッションです。透明樹脂カバーが被さっており、要所が見えるようになっています。

IMG_6624.jpg

フェアレディZに搭載。久々に見る気がします。過給ダウンサイジングエンジンもいいですが、大排気量NAも、というか、大排気量NAは大排気量NAで格別な良さがあります。しかも、ワイヤーではなくロッドで操作の動きを伝えるMTとの組み合わせ。心躍るコンビネーションかと。

IMG_6638.jpg

「そういえば2〜3年前に取材したな」と調べてみたら8年前(2010年)でした。いやですね、もう。Motor Fan illustrated VOL.43―図解・自動車のテクノロジー (モーターファン別冊)での掲載ですもの。

触ってもよさそうだったので、カチャカチャ動かしてみました。写真のアングルからお察しのとおり、ついつい右手で操作(体に染みついたクセってやつでしょうか。わかりませんが)。

IMG_6636.jpg

できれば着座した姿勢で操作してみたい。と思ったものの、だったら展示車両で試せば良かった(と気づいたのは今この時点)。

IMG_6625.jpg

シンクロレブコントロール(ダウンシフト&アップシフト時の回転合わせを自動で行う制御)を行うのに用いるセンサー類(マグネットやコイル)が収まっている場所を示す窓から、ロッドの動きを確認することができます。シフトするとボールがV字の溝に収まるのですが、その収まり具合がシフトフィールを作っているのがわかって、しばらく遊べます。

IMG_6632.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント