So-net無料ブログ作成

【2018 F1第1戦】「レース2時間前の気温は23℃」ってことは…… [F1]

メディアセンターのタイミングモニター上に「レース2時間前の気温は23℃」と表示されていました。

IMG_8102b.jpg

この表示、2018年に追加されたテクニカルレギュレーションと関連があり、「エンジンプレナム(スロットルバルブやファンネルの上流にある空気溜めの空間=プレナムチャンバー、サージタンク)内の空気の温度は、外気温より10℃以上高くなければならない」と定めています。

外気温はレースの2時間前に計測した数値を基準とします。

IMG_8101b.jpg

開幕戦オーストラリアGPでは「23℃」と表示されたので、プレナムチャンバー(サージタンク)内の空気の温度は33℃より低い温度に冷やしてはいけないというわけです。チャージエアクーラー(インタークーラー)系の開発に一定の歯止めをかける狙いでしょうか。ちなみに、レーススタート時の気温は24℃でした。

外気温プラス10℃でもなかなかの冷却効率(90%以上なのは確実)ですが、プラス10℃に上限を定めるということは、それ以上に冷やしていたチームがあったということでしょうか……。

MercedesAMG_PU106B.jpg
(クリックで拡大)

メルセデスのエンジン(2015年仕様)でプレナムチャンバーの位置を確認しておきましょう。プレナムチャンバーには、FIAが認可した温度センサーを認可した位置に配置し、封印する決まり。レース中、計測した温度はFIAによってモニターされます。

プレナムチャンバー内の温度は1周の平均値(スタートした周やピットイン&アウトの周、セーフティカー走行中などを除く)を用います。気温の低いレースでは冷やしすぎに注意でしょうか。高い冷却効率を実現していることが前提ですが。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント