So-net無料ブログ作成

【WEC 2018】リベリオンR13とオレカ07 [モータースポーツ]

2016年までLMP1ノンハイブリッド(あるいはLMP1-L)でWECに参戦していたリベリオン(Rebellion)は、2017年にLMP2に参戦カテゴリーを切り替え、2018年はLMP1ノンハイブリッドに戻ってきました。

シャシーは一貫してオレカ(Oreca)。2016年はR-Oneを使用。2017年にリベリオンが使用したオレカ07は、R-Oneをベースに設計したオレカ05(初投入は2015年)をベースにしています。2018年のリベリオンR13がオレカ07をベースにしているのは、姿形から一目瞭然。オレカのシャシーを開発順に整理すると、R-One(LMP1)→05(LMP2)→07(LMP2)→R13(LMP1)になります。

正面から眺めるとうり二つなのが分かります。R13はカナードが1枚、07は2枚ですが、07が2017年のル・マンに持ち込んだ仕様は1枚でした。

Rebellion R13(LMP1)
IMG_8659.JPG

Oreca 07(LMP2)
IMG_8736.JPG

特徴的なリヤフェンダーの造形は共通していますが、R13の方が小ぶりなよう。

Rebellion R13(LMP1)
IMG_9340.JPG

Oreca 07(LMP2)
IMG_9351.JPG

両車ともにギブソン製のV8自然吸気エンジンを搭載していますが、07が側面にテールパイプの出口を配置しているのに対し、R13は上方排気です。

Rebellion R13(LMP1)
IMG_8644.JPG

Oreca 07(LMP2)
IMG_8743.JPG

リヤブレーキの冷却ダクト(インレット)も07がサイドなのに対し、R13はカウル上面に設けています。

Rebellion R13(LMP1)
IMG_9038.JPG

シンプルな造形ではあるものの、R13はフロントタイヤの後方に小ぶりなフィンを備えています。LMP2はレギュレーション上、このエリアに空力付加物を設けることができません。

Rebellion R13(LMP1)
IMG_8675.JPG

アップライトとモノコックに挟まれたエリアも同様で、LMP1はターニングベーンを置いて空気の流れを制御することができますが、LMP2は規則的に不可。ゆえにシンプル。

Rebellion R13(LMP1)
IMG_8826.JPG

Oreca 07(LMP2)
IMG_8896.JPG

R13のサイドポンツーンまわりです。カーボン地にシールを貼ってヒョウ柄のカラースキームを構成しています。

Rebellion R13(LMP1)
IMG_8649.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント