So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

VW I.D. Rパイクスピーク実車公開 [モータースポーツ]

6月24日に開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)のモディファイドEVクラスに出場し、コースレコード更新を狙うVW I.D. R Pikes Peakは、3月にレンダリングが発表されていますが、4月22日に実車が公開されました。

現在のコースレコード(モディファイドEVクラス)は8分57秒118で、2016年に記録されました。

前回のエントリー↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-03-20

vw-20180422-194828 .jpg

スペックもいくつか発表されました。

全長×全幅×全高:5200×2350×1200mm
ホイールベース:2850mm
車重:1100kg(ドライバー含む)
モーター最高出力:500kW(680ps)
モーター最大トルク:650Nm
駆動方式:常時4輪駆動(アクティブトルク配分)
タイヤ:ミシュラン 31/71-18
車体:カーボンモノコック+スチール・ロールケージ
加速:0-100km/h 2.25秒(グリップレベルによる)
最高速:約240km/h

完全にプロトタイプカーの格好をしています。WEC LMP1の全長は4650mm、全幅は1900mmなので、ひと回り(ふた回り)大きいサイズ。スパで最速タイムを更新したポルシェ919ハイブリッドEvoの全長は5078mm。

リヤウイングが巨大。

vw-20180422-194839 .jpg

ドライバーはル・マン24時間ウイナー(アウディ&ポルシェ)にして、PPIHCウイナー(3回)のロマン・デュマ。角度を変えてみても、リヤイングは巨大。

2018-04-23_vwms_newsletter2018_08_01ppihc.jpg

シェイクダウンの様子です。やはり、リヤウイングは巨大。

2018-04-23_vwms_ppihc_testbeginn_01.jpg

乱れた空気が入らないようフロア両端をシールしています(ポルシェ919ハイブリッドEvoと同様)。

VW_WP_Pikespeak_PM-1002.jpg

パワー密度を重視したリチウムイオンバッテリー(容量などは未公表)は、右側の助手席スペースに搭載している模様。モーターは前後に2基搭載。

VW_WP_Pikespeak_PM-1003.jpg

VWは1985〜87年にゴルフ(II)でPPIHCに挑戦した歴史があります。下の写真は1987年。

vw-20180422-194844 .jpg

「おや?」っと思いました? フロントだけでなくリヤにもエンジンを搭載しています。1.8L・直4自然吸気×2(280kW/380ps)→1.3L・直4Gラーダー・スーパーチャージャー×2(368kW/500ps)→1.8L・直4ターボ×2(480kW/652ps)と進化。

下の写真は1987年のターボ版(エンジン縦置き)。ルーフのダクトはインタークーラー冷却用であることがわかります。

vw-20180422-194845 .jpg

これはこれで、興味あるなぁ。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント