So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『F1テクノロジー考』のコンテンツをもう少し紹介 [F1]

Amazonでは『F1 テクノロジー考 (- F1 機械工学大全 - 第2弾)』の在庫が切れがちな状況ですが、『トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日』や『ル・マン/WECのテクノロジー 2018 (モーターファン別冊)』と同様、Kindle版や電子版もあります。

『F1テクノロジー考』の電子版↓
http://dlvr.it/QZx6XX

F1Tech_cover_s.jpg

『ル・マン/WECのテクノロジー2018』の電子版↓
http://dlvr.it/QZsllM

これまで何度か内容をお知らせしておりますが、もう少し。

「複雑すぎるパワーユニット」については、さまざまな切り口から「考えて」います。

F1T_P024-025.jpg
F1T_P048-049.jpg

話題のプレチャンバーについて「図解」していますし、その先を行く「HCCI」についても考察しています。

F1T_P090-091.jpg

ベーシックに空冷インタークーラーと水冷インタークーラーの違いについてまとめてみたり。

F1T_P082-083.jpg

空力に関しては「フロントウイングの役割について整理」してみたり。

F1T_P102-103.jpg

「コーナリング中に受ける空気の向き」について考えたりしています。

F1T_P112-113.jpg

エアロレイクあり、フロービズあり、風洞あり、な「空力開発の手法」についてもまとめています。

F1T_P122-123.jpg

また、「F1タイヤに求められる特性と構造」についてもまとめています。

F1T_P168-169.jpg
F1T_P170-171.jpg



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント