So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【新刊】SUPER GTの空力とホンダRA109E(1989年)など [モータースポーツ]

寄稿誌の紹介です。発売順にいきましょう。

SUPER GT FILE - スーパーGTファイル - Ver.5 (auto sport 特別編集 サンエイムック)』では、SUPER GT GT500クラスの速さの源泉である空力について、NISMOにご協力いただいてまとめました。

IMG_9755.jpg

ショールームに展示してある40%風洞モデル(旧規定の2013年仕様)のディテールや、初公開のCFD画像などを掲載しています。

Q&A方式のまとめで(回答者は山本義隆氏)、「09規定から14規定になってダウンフォースはどれくらい増えたのでしょうか?」を含めて20を超える質問に答えていただいています。

DSCN2277.jpg

回答は誌面でご確認ください。ダウンフォースに関しては、具体的な数字も出していただきました。



FORMULA 1 file vol.3 (autosport 別冊)』は一冊まるごと、1989年のホンダRA109Eと1990年のRA100E(3.5L・V10自然吸気F1エンジン)に関する記事で構成されています。

RA109EはマクラーレンMP4/5が搭載しました。

1989_MP4_5.jpg

当時の設計者と組立さん(兼・現地メカニック)から、開発や組立の様子をうかがいました。

下の写真はRA109Eです。実戦に投入した仕様なのでカムシャフトの駆動はギヤ(トランスミッション側に搭載)ですが、軽量化を追求するため、当初はベルト駆動で開発が進んでいました。

ベルト仕様の写真(車載状態)は誌面でご確認ください。

1989_RA109E.jpg

設計に関しても組立に関しても「そうだったのかぁ」と、うなることしきりのエピソード満載です。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント