So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【鈴鹿10H】速いも遅いもピレリタイヤの使い方次第 [モータースポーツ]

鈴鹿10時間耐久レースのタイヤはピレリのワンメイクです。ソフト、ハードなどコンパウンドのバリエーションはなく、ワンスペック。

IMG_4234.jpg

ただし、サイズにバリエーションはあります。幅325mm、内径(ホイールリム径)が18インチなのは共通しており、外径に660mm、680mm、705mmのバリエーションがあるよう。660mmと680mmはフロント、705mmはリヤ。

IMG_4150.jpg

DHD2というモデルです。

IMG_4269.jpg

トレッド面には摩耗チェック用のディンプルが施してあります。

IMG_4147.jpg

イン側ショルダー〜センター〜アウト側ショルダーの各エリアに深さの異なる5種類のディンプルが設けてあります。

IMG_4189.jpg

こちらが使用後。

IMG_4289.jpg

「コンパウンドの柔軟性が失われてクラックの原因になる」として、5℃以上で保管するよう注意書きがありますが、鈴鹿10時間では関係ないですね。熱ダレに苦しんでいる状況ですので。

IMG_4159.jpg

割り当てられるタイヤは1台あたり15セットです。フリー走行で2セット、予選で3セット(ポール・シュートアウトに進出すると追加で1セット受け取れます)、10時間のレースで10セットが基本。

IMG_4421.jpg

タイヤのタレ具合によっては使用済みタイヤを履かざるを得ない状況が予想されます。そのため、使えそうなタイヤは「キープ」しておきます。

IMG_4420.jpg

どうしてもダメなタイヤは「×」。

IMG_4298.jpg

路面温度が低くなる夕方までにどう持ちこたえるかが課題。ドライバーやチームのみなさんは、タイヤを温存できるFCY(フルコースイエロー)を期待しているようです。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント