So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アストンマーティン「プロジェクト003」は新LMP1のベース車両? [クルマ]

アストンマーティンが新しいハイパーカーの開発・生産・販売について発表しました。コードネームは「プロジェクト003」。ヴァルキリー(001)、ヴァルキリーAMR Pro(002)に次ぐ3番目のハイパーカーというわけです。

AM003.jpg

生産台数は500台。デリバリーは2021年後半を予定しています。

003はエイドリアン・ニューウェイが設計したヴァルキリーや、トラック(サーキット)専用のヴァルキリーAMR ProのDNAを受け継ぐモデルに位置づけています。軽量構造で、過給ガソリンエンジンベースのハイブリッドシステムを搭載。

可変エアロの採用でロードリーガルな車両としては卓越したダウンフォースを発生し、アクティブサスを採用することで、サーキットと公道の双方で正確かつコントローラブルなドライバーとの対話を実現するとしています。マクラーレン・セナもそうですし、可変エアロとアクティブサスはハイパーカーのスタンダードな装備になりつつありますね。

ヴァルキリーAMR Proはサーキット専用。ヴァルキリーも実用性はほとんど顧みられていませんでした。003はこれまでよりはロードユース寄りで、実用的なラゲッジスペースが確保される予定。

ところで、アストンマーティンが003をハイブリッドパワートレーンを積んだハイパーカーとしたところが気になります。ひょっとして、2020-2021年のWEC(FIA世界耐久選手権)に導入される新しいLMP1への参戦を視野に入れたベースモデルなのでしょうか……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント