So-net無料ブログ作成

メルセデスAMG F1 W09のホイールベースは3725mmだった? [F1]

メルセデスAMGペトロナス・モータースポーツでテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンが、2019年のF1シーズンに投入する「W10」について公式動画で解説しています。

開発のスタートは2017年末だったそう。



動画では随所に目を引くシーンが出てきます。

サイドビューのドローイングは必見です。フロントのオーバーハングが1200mmと記してあるので、2018年の「W09」を描いたものでしょうか(2019年のフロントオーバーハングは最大1225mmなので)。

書き込まれた数字から、ホイールベースは3725mm、全長は5622mmであることがわかります。計算すると、前後どちらか(あるいは両方)のオーバーハングを使い切っていないことがわかります。

Mercedes-AMG_drawing_side_1.jpg
(クリックで拡大)

ドローイングで表現された状態のフロントライドハイトは36mm、リヤのライドハイトは110mmです。 

Mercedes-AMG_drawing_side_3.jpg
(クリックで拡大)

しらっと数字を公表してしまうあたり(本当かどうかは別にして)、自信の表れでしょうか。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント