So-net無料ブログ作成

アストンマーティン・ヴァルキリーが搭載するパワートレーンのスペック [クルマ]

アストンマーティンとレッドブル・アドバンスト・テクノロジーがタッグを組んで開発している「究極のハイパーカー」が、ヴァルキリー(Valkyrie)です。

2018年12月にはコスワース製の6.5L・V12自然吸気エンジンを搭載することが発表されました。

エンジンに関する過去エントリーはこちら↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-12-13

3月1の発表では、エンジンのスペックと、ハイブリッドシステムに関するスペックが明かされています。

AM_Valkyrie_4.jpg

コスワースが「クリーンシート(白紙)」から開発したと謳う6.5L・V12自然吸気エンジン(バンク角65度)のスペックはこちら。

最高出力:1,000bhp / 10,500rpm
最大トルク:740Nm / 7,000rpm

エンジンだけで1000馬力。

AM_Valkyrie_3.jpg

ヴァルキリーは、このエンジンにバッテリー・ハイブリッドシステムを組み合わせます。F1のKERS(運動エネルギー回生システム)に似たシステムで、電動モーターの最高出力/最大トルクは160bhp/280Nm。

専用モーターの開発はインテグラル・パワートレーン(Integral Powertrain Ltd)が行い、バッテリーはリーマック(Rimac)が供給します。

AM_Valkyrie_2.jpg

パワーブーストだけでなく、エネルギー回生も行う仕組み。ハイブリッドシステムとしての最高出力/最大トルクは以下のとおり。

システム最高出力:1,160bhp / 10,500rpm
システム最大トルク:900Nm / 6,000rpm

ヴァルキリー(ワルキューレ)と名づけられただけのことはありますね。オソロシヤ。

AM_Valkyrie_1.jpg

タイヤサイズを確認すると、前後とも255/40ZR20でした。いたずらに太いリヤタイヤを履かないところが、いいですね。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント