So-net無料ブログ作成

【2019 F1第1戦】トロロッソSTR14の壊れたリヤウイング翼端板の使い道 [F1]

3月15日金曜日の現地時間19時45分から、田辺豊治ホンダF1テクニカルディレクターの、いわゆるカコミ会見がありました。

会見が終盤に差し掛かった頃、レッドブルとトロロッソのドライバー、それにトロロッソのチーム代表を務めるフランツ・トスト氏がぞろぞろとホンダのホスピタリティにやって来ました。

ホンダの山本雅史モータースポーツ部長が50ウン回目の誕生日を迎えるので、サプライズでお祝いをしようという魂胆です。

途中はしょって記念撮影。左からクビアト(トロロッソ)、山本部長、アルボン(トロロッソ)、ガスリー(レッドブル)、フェルスタッペン(レッドブル)です。

IMG_3798.jpg

アルボンが持っているトロロッソSTR14のリヤウイング翼端板に、ドライバー4名とトスト氏のサインが入っています。

で、この翼端板。アルボンがフリープラクティス1回目でクラッシュを喫して壊した翼端板です。「このためにクラッシュしたんだよ(I crashed for this.)」と言って、笑いを誘っていました(「違うだろ!」と突っ込んでください)。

IMG_3805.jpg

持たせてもらいましたが、軽さに驚き(CFRP製)で、塗装も見事。山本部長がかなりうらやましい。

IMG_3809.jpg

機内持ち込み手荷物として持って帰るそうです。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント