So-net無料ブログ作成

【2019 F1第1戦】歴代ポルシェ911 GT3 Cupカー [F1]

11の自動車ブランドがグランプリ・モーターショーに出展していることは、先日のエントリーでお伝えしました。

F1ファンゾーンを歩いてみる
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-03-14-1

例年そうなのですが、ポルシェはカレラ・カップのパドックに隣接して、テーマ性のある展示を行います。

今年のテーマは歴代カップカー。極めてオープンで、清々しい展示です。

IMG_2973.jpg

オーストラリアでカレラ・カップが始まったのは2003年のこと。そのときの車両、すなわちポルシェ911 GT3 Cupはタイプ996でした(2003年〜2005年)。

テンサバリアの使い方がうまいですね。クルマの前にバリアがないので、写真がとりやすいし、絵になります。でも、クルマに触っちゃまずいんだな、というムードは伝わってきます。

IMG_2957.jpg

2006年〜2008年はタイプ997.1。

IMG_2960.jpg

カレラ・カップ・オーストラリアは2年間の中断を挟んで2011年に再開。ベース車両は911 GT3 RSになりました。

2011年〜2013年はタイプ997.2。

IMG_2965.jpg

2014年〜2017年はタイプ991.2。このモデルから、ドライバー救出用のルーフハッチが設けられています。

IMG_2968.jpg

エンジンとギヤボックスのサービス・インターバルが2倍に延びたタイプ991.2は、2021年まで現役を務める予定。

IMG_2971.jpg

カレラ・カップのパドックに面したエリアには、最新の911 GT3 RSが展示してありました。

IMG_2998.jpg

開放的なパドックです。

IMG_3001.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント