So-net無料ブログ作成

アウディのDTM向け新開発2.0L直4直噴ターボエンジン [モータースポーツ]

5月4日のホッケンハイム戦で開幕するDTMは、 2019年シーズンからエンジンを一新します。2018年シーズンまでは4.0L・V8自然吸気ユニットを搭載していましたが、クラス1規定に移行する2019年シーズンからは、日本のSUPER GT GT500クラスと同じ、2.0L・直4直噴ターボエンジンを搭載します。規定の内容はほぼ同じ。

で、610ps以上を発生。

A193023.jpg

これから実戦に投入するできたてホヤホヤのエンジンを公開してしまうなんて、アウディ、なんと太っ腹なのでしょう。大好きです。

カムプロファイルだって見せてしまいます。

A193003.jpg

こちらは4-2-1レイアウトのエキゾーストマニフォールド。長いですね。遮熱材(ドイツのThermisol社製)は日本でいうところの「独立巻き」です。

A193004.jpg

こちらがエンジン正面。右サイド(向かって左)が排気、左サイドが吸気です。大きな特長があります。お気づきでしょうか。

A193018.jpg

こちらが後面。カムシャフトや補機類を駆動するタイミングギヤが後ろ側に配置されています。そういえば、WECに参戦したR18のV6ディーゼルエンジンも、タイミングギヤはリヤでした。

そして同じく、ウルリッヒ・バレツキー博士が設計に関与。

A193011.jpg

右サイド(排気側)を見ます。ターボチャージャーやウェイストゲートはGT500と同様で、共通部品。

A193008.jpg

左サイド(吸気側)です。「Airbox」と書いてある赤いフタが目立ちます。

A193015.jpg

カムカバーを見下ろします。トップインジェクター(吸気バルブ寄り)ですね。ボッシュ製の高圧燃料ポンプは排気側カムシャフトで駆動。

A193021.jpg

レーシングエンジン、カッコイイですね。

A192996.jpg

あちこち眺めていると、いろいろと聞きたいことが出てきます。

刺激的なサウンドは、こちらで確認できます↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント