So-net無料ブログ作成

VW I.D. Rのトポロジー最適化 [モータースポーツ]

パイクスピークでのタイムアタック(コースレコードを更新)を終え、ニュルブルクリンク北コースでの記録更新(電気自動車として)にターゲットを変更したVW I.D Rですが、2018年にパイクスピークに挑んだときと同様、情報小出し作戦をとっています。

その情報をいちいち楽しみに待っているのが筆者(前のエントリーでも書きましたが、まんまとVWの術中にはまっています)。

01_2019-03-13-VW-IDR-BK1-0356.jpg

今回はシミュレーションがテーマ。必要な強度・剛性を確保するために、設計段階でシミュレーションを活用しているという話がひとつ。軽さと性能の両立が狙いです。

03_P9960368b.jpg

もうひとつはレースシミュレーション。限られたエネルギーをどうマネジメントすると、効率良く、かつ速く走れるかを追求しています。

05_2019-03-13-VW-IDR-BK5-0294.jpg

動画が公開されていますが、リヤウイングを支えるピラーの設計に、トポロジー最適化を適用した話が出てきます。これが今回の見どころでしょうか。



できあがったピラーから、トポロジー最適化っぽさがちっとも感じられないのは残念……。

TED_2732.jpg

仕上がりもこうじゃないと(空力に影響する部品はダメか……)。

VW_IDR_Topology.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント